初忘年会

夕べは「すっぴんクラブ」の第1回忘年会。
駅前ビルの2階にある「はなの舞」という海鮮居酒屋に集まった。 参加人数6名。 もうすでに何度か一緒に食事をした仲間なので、最初からテンション高く話が弾む。 40歳代が一人、他は55・56・57歳とみんなくっついている。 子供や夫の話、年寄りの介護、好きなテレビドラマ、昔好きだった歌手のことなど、話題はあちこち飛びまくる。  
 
今時の大衆居酒屋はどこもそうだが、グループ同士お互い影響されないように、個室風に仕切ってある。 ところがあれを経済設計と言うのだろうか、とにかく狭い。狭い分、お互いの話はよく聞こえていいのだが、一旦座ったら、立ち上がるのはトイレタイムだけ。 立ち上がってパフォーマンスなんて余裕はどこにもなかった。
特にその準備をしていったわけでもないので、どうでもいいのだが、夕べはその狭さのせいだけではなく、なぜかパフォーマンスしたくなるほど酔えなかった。時間が経つにつれだんだん気分が覚めてくるではないか・・・。  私が飲んだのは、生ビール1杯と生グレープフルーツサワーを3杯。 いつもならこのくらい飲めば、かなり酔うはずなのに・・・。 通常よりアルコール分を低くしてあったのでは??・・・・疑惑が残る。
 
おかげで今朝はいつも通りさわやかな目覚め。
 
夕べのお土産はお店のコースター。
 
「健康十訓」
1 少肉多菜
2 少塩多酢
3 少糖多果
4 少食多噛
5 少衣多浴
6 少言多行
7 少欲多施
8 少憂多眠
9 少車多歩
10 少憤多笑
 
私に足りないのは9番。 心がけよう。
 
広告

再配達

今日の予定・・・水泳は毎月、月末の28日以降は休み。  日中はフリー。 夜は例の「すっぴんクラブ」の初忘年会。 夕方6時前には出かけなきゃと思っていたら、うっかりネットで注文した糸の配達時間を今夜6時-8時に指定してしまっていたことに気が付いた。今回は自分で注文した品物なので、配達の伝票番号もメールで知らせてきていた。早速宅配業者に、配達時間の変更をお願いした。  

 
配達時留守にしていたため不在連絡票がポストに入っていて再度配達のお願いをしたことが何度もある。 ちょっと近くまで買い物に行っている間のことだったりすると、配達員に申し訳ないとつい思ってしまう。  荷物が送られてくることが事前にわからない場合致し方ないとは言え、配達する側に立ってみると、出来るだけ1度の配達で済ませたいだろう。 誰かが家にいて欲しいと思うだろう。でも今時、外で働く女性も多いし、たとえ専業主婦だとしても家にずっといる人なんて皆無に近いし・・・・。 
 
配送サービスは格段に向上したけれど、それと共に郵便物や宅配物の再配達の割合は増えているのではないだろうか。 
再配達もコストに含まれていますと言われればそれまでなのだが、私としては配達する人の気持ちになると、何とか一度の配達で受け取りたい。再配達を避けるための手立てもいろいろ考えられているようだが、まだまだ配達する側の都合と受け取る側の都合がしっくりあっていない気がする。

ふるさとの言葉

朝刊に全国小中学校作文コンクール文部科学大臣賞の作品が載っていた。 小学校高学年受賞作文タイトルは「言葉が持つ不思議な力-方言の魅力」だった。
書いたのは愛知県に住む小学校5年生の女の子。彼女のお母さんの実家は富山。 富山でのお墓参りの際に聞いた、お母さん、おばあちゃん、おじいちゃん、いとこたちの話す言葉。 会話から発見した富山弁の魅力について書かれている。
 
「富山弁はおもしろいな」・・・・そうだ、そうだ。  「方言には人の心をやさしくする不思議な力がある」・・・・そうだ、そうだ。
私のふるさとは富山県。市町村合併で今は南砺市になってしまったが、もと福光町。 18歳までそこで育ったので私の母語は富山弁。 標準語は後から習得した言葉だ。 外国語を習得するほど大変ではないが、それでもかなり時間がかかった。 今では頭の中には極自然に言葉のチャンネルが二つあり随時切り替わる。 実家へ帰っているときはもちろん、電話が掛かってくると、何の抵抗もなく富山弁に切り替わる。 
 
母語と言っても、実家へ帰るのは1年に1度くらい。 電話での会話もさほど長くない。 徐々に忘れている言葉、使わなくなった言葉も・・・。
そんな私にとって、大切なものが下の写真。 多分飲食店の店主がお客に配るものとして作ったものなのだろう。 実家で発見してちゃっかりもらってきた手ぬぐい。 これを見るたびに、八百屋さん・魚屋さんでの人々の会話、親戚が集まったときの会話など・・・ふるさとの会話が聞こえてくる。
 
 
 
 
昔、東京で高校時代のコーラスのOB・OGが集まった時、みんなであえて方言で話をしたことがあったっけ。 お腹かかえて笑ったなあ。 もう一度あのメンバーに会いたくなってきた。
 
 

ネットショッピング

息子にプレゼントするためのマットがようやく織りあがった。 
 
次はマフラーの予定だが、家で織るマフラー用の糸がない。 教室で織るマフラーとほぼ同時進行で織りたいので、明日くらいまでには手元に欲しい。 そう思って、ネットの毛糸専門店で糸を捜した。 このお店は手織り用毛糸の品数も豊富で、何よりありがたいのは価格が安いこと。 家の近くには大型手芸専門店があり、ボタン・ファスナーの小物類はいつもそこで調達しているが、毛糸・布はやはりネット店と比べると値段ははるかに高い。 送料が全国一律390円なのもありがたい。
 
ネットショッピングは時々利用する。これまで本の他、航空券・コンサートチケット・衣類・水着・糸・・・・。
購入したい商品の実物をすでに知っている場合はともかく、直接見たことも手に取ったこともない商品を買うときはかなり勇気が必要だ。 特に衣類の場合は色とサイズを吟味する。 今回の糸の場合気になるのはもちろん色。 届いた商品を見て「注文したのはこんな色だったっけ?」とがっかりすることもある。 どのショップも商品の色は画像のアップで見ればわかるのだけれど、現物とは微妙に違う。 白・生成り・黒などなら安心なんだけど・・・・。 
 
確実な方法は実物糸見本帳を先に注文すること。ところが、残念なことに売り切れていた。
散々迷って、4色を買い物カゴに入れる。最後の「確定ボタン」を押す直前、「本当にいいのね」と何度も自分に念を押す。そして「えいっ!」 気持ちに比べてクリックは軽過ぎる。 ああ、行っちゃった・・・・。 注文どおりの糸が届くか心配。
 
それでも期待の方が何倍も大きい。 万が一イメージしていたものと違っていても、4色あるので、それらをうまく使って調整できるだろう。
 
 
 

ソプラノへの憧れ

私の声は低く、コーラスでは万年アルト。  アルトが主旋律を歌うことは稀なので、いつも縁の下の力持ち。  アルトの存在あってこその女声コーラスと思っているので何の不満もないのだが、ソプラノの声への憧れがいつもある。
 
特に最近その傾向が強まっていて、聴く音楽のほとんどがソプラノ歌手の歌ばかり。 手仕事をするときは音楽が欠かせないので、スピーカを背後に置き、ボリュームもかなり大きくして聴いている。私のお気に入りの歌手は 
 
Kathleen Battle(アメリカ人)・・・・ベルベットのようなやわらかい歌声は、ささくれた気持ちをそっとなでてくれるよう。 彼女のオペラアリアだけでなく、クリスマスソングや宗教歌も素晴らしい。 

 
IZZY(イギリス出身)・・・・少し張りのあるソプラノで、アイルランドの歌が似合う歌手。
 
Hayley Westenra(オーストラリア人)・・・・先日、鎌倉で紡ぎ体験をしたとき、「匠」の店内に流れていて気に入り、早速手に入れた。 「Pure」というアルバム(2003年)の録音時彼女はまだ15歳。 透き通るような美しいソプラノの声。  酔いしれながら手仕事の時間を過ごしている。
 
他にもSarah Brightman、Celtic womanなどが大好き。
 
昨日、突然私のお気に入りに一つ追加された。 友人から素敵な音楽のCDが届いたのだ。 彼女が自ら作り歌った4曲、美しいソプラノの歌声だった。これまで聴いてきた外国語の歌とは違って日本語の詩なので、曲と共に詩がすっと心の中に浸み込む。
 
夕べから繰り返しその4曲を聴いているのだが、もう私の頭の中では一緒に歌っている。 そして、ふと気が付いたのだが、ところどころハーモニーを作って歌っていた。 長年アルトを受け持ってきた習性なのか・・・。  美しいソプラノに対する憧れは一層増しつつも、ハーモニーを作って歌える喜びを改めて感じている。