再配達

今日の予定・・・水泳は毎月、月末の28日以降は休み。  日中はフリー。 夜は例の「すっぴんクラブ」の初忘年会。 夕方6時前には出かけなきゃと思っていたら、うっかりネットで注文した糸の配達時間を今夜6時-8時に指定してしまっていたことに気が付いた。今回は自分で注文した品物なので、配達の伝票番号もメールで知らせてきていた。早速宅配業者に、配達時間の変更をお願いした。  

 
配達時留守にしていたため不在連絡票がポストに入っていて再度配達のお願いをしたことが何度もある。 ちょっと近くまで買い物に行っている間のことだったりすると、配達員に申し訳ないとつい思ってしまう。  荷物が送られてくることが事前にわからない場合致し方ないとは言え、配達する側に立ってみると、出来るだけ1度の配達で済ませたいだろう。 誰かが家にいて欲しいと思うだろう。でも今時、外で働く女性も多いし、たとえ専業主婦だとしても家にずっといる人なんて皆無に近いし・・・・。 
 
配送サービスは格段に向上したけれど、それと共に郵便物や宅配物の再配達の割合は増えているのではないだろうか。 
再配達もコストに含まれていますと言われればそれまでなのだが、私としては配達する人の気持ちになると、何とか一度の配達で受け取りたい。再配達を避けるための手立てもいろいろ考えられているようだが、まだまだ配達する側の都合と受け取る側の都合がしっくりあっていない気がする。
広告

再配達」への8件のフィードバック

  1. お互いの思いやりと礼儀が大切なんですよね。
    宅配便の再配達は私もよくやってもらってしまっていること。
    気をつけます。

  2. ラグさん
    業者は仕事と割り切っていて、こちらが恐縮するほど大変だと思っていないのかもしれないのですが・・・・。 ご苦労様ですと思う気持ちが大切よね。

  3. 私はネットで注文する時はほとんど午前中指定です。だって午後はゆっくりしたいから。
    他の地域はわからないけれど、だいたいKネコの場合だと担当者が3.4人でかなり長い人もいたりする。私は全員ととても良い関係。夏はコップ一杯の麦茶、お菓子を作ったときは必ず一個おすそ分け。別にゴマすっているわけではないけれど、重労働の有様をいつも見ているからそうせずにはいられない。だから車ですれ違っても、お互いあいさつ。再配達のお知らせが入っているときなどは、直接電話すれば最短時間で来てくれる。たぶん盛岡という中都市だからできることかもね。でもわかっていますよ、甘えは禁物だってこと。

  4. sakautaさん
    さすがutaさん、細やかな心遣いをしてらっしゃるのね。 見習わなくちゃ。  今日は連絡したおかげで、4時ごろちゃんと受け取ることができました。 糸が届いたので気分はルンルンです。

  5. 通信業界の言葉で「ラスト・ワンマイル」という言葉があります。
    これはインフラが超高速になっているのだけれど、ユーザーの手元がまだ遅かった時代にはやった言葉です。
    現在でも、人工衛星からの情報のダウンロードは高速ですが、情報のアップロードには限界があります。
    そして通信がはるか彼方に発展しても、どうしても解決しないのが物理的問題。
    テレビ会議が出来ても、商品を「はい!」と画面では渡せない。「FedExで翌日に」が限界である。
    さらに、本日のYuko-sanの記事の様に、受け渡しのコミュニケーションが完璧に成立しているにも関わらずに、
    人と人の都合(交通事情や、個人の都合)により、脆くも計画が崩れてしまう事がある。
    牛乳配達から広がった「触れ合い市場」。そのネックをいかに解消していくかが今後の課題であろう。
     

  6. Takさん
    今後は、さらに情報のやりとりが発達し、いずれ行き違いなんてことはなくなるかもしれませんね。
    それでも受け渡しの際のお互いの「ラスト・ワン・スマイル」は忘れないようにしなきゃね。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中