箱根日帰り温泉入浴

箱根露天風呂から見た富士山(12月30日)
 
息子のリクエストに応じ、3人で箱根へ出かけた。 日帰り入浴ができるホテルはインターネットで検索。
思いのほか車の混雑もなく、お昼過ぎ到着。 
まずお風呂に入り、その後ホテルのダイニングルームで昼食を取る。 ホテルの庭を散歩し、体を少し冷やして再び入浴。
露天風呂からの景色は写真の通り、素晴らしいものだった。 夕食は家で「鯵のたたき丼」。
 
本日
夫と息子は丹沢日帰り登山へ。
朝7時、2人を山の中腹まで車で送った。 細いくねった林道のドライブは緊張の連続。 時々富士山、相模湾が見えるポイントがあり、夫と息子が声を上げるが、私は景色を眺める余裕なし。 二人が帰宅する夕方まで、ほんの少しのんびりできそう。 午後から「煮しめ」を作る予定。
 
これが2006年最後の日記になる。
 
読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。 どうぞ素晴らしい新年をお迎えください。

やっぱりフル稼働は中止

初日頑張りすぎて、少々疲れた。
疲れた理由その1。
息子が「牡蠣」を食べたいと思ったので、夕食は「牡蠣鍋」「牡蠣ご飯」と決めていた。夕方、さて「牡蠣」を買おうと、近くのスーパーへ行こうとしたら、自転車がない。息子が出かけるのに乗っていってしまった。 仕方なく歩いてスーパーへ。ところが、スーパーのどこを探しても「牡蠣」がない。あるのは山のように積まれた、かにやたこ、かまぼこなどお正月商品ばかり。何としてでも「牡蠣」と思っていたので、別のスーパーへ歩く。 幸い見つけた。 少量しか入っていないパックが4個しかなかったので、それ全部を買ってきた。 疲れたけど、牡蠣鍋も牡蠣ご飯もVERY GOOD!
 
疲れた理由その2。
息子が手織り機を見て、「写真撮りたい」とぽつり。 先日茶色のマフラーを織り終え、機には糸がかかっていない。 せっかくのリクエストに応えたいと思い、急いで経糸の準備をした。 朝10時ごろから準備をして夜10時ようやく織れるように。 息子に写真を撮ってもらった。
 
疲れたので、もうフル稼働は中止。
今朝はいつものようにのんびりペース。 それにしても現在8時半。誰も起きてこない・・・・。
 
 
 
 
 
 

フル稼働開始

息子が昨夜上海から帰国した。 4日までの休暇。 夫は今日から何と8日まで休み。
平日の日中は誰にも邪魔されることなく、自由に過ごしている私にとって、今日から4日まではフル稼働期間。 夫には、「休み期間中、できるだけ自分のことは自分でしましょうね」と言い渡す一方、海外で独り身で暮らしている息子は何かと不自由していると思い、出されたリクエストについつい応えようとする。夕べも早速リクエストが出た。
 
「温泉へ行きたい」・・・明日、箱根日帰り入浴に決定
「牡蠣が食べたい」・・・ノロウィルス騒ぎで牡蠣業者が泣いているとか。店頭の値段も少し安くなっているよう。 今夜は牡蠣鍋に牡蠣ご飯。
「機織りをしているところを写真に撮りたい」・・・・2日前、茶色のマフラー4本が織りあがり、機から糸をはずしたばかり。 次の糸の準備を急がなければ。
 
そして、予想していた通り息子は「部屋が寒い」の連発。 私も夫もそんなに感じないのに・・・。エアコン・ホットカーペット・ファンヒーターすべてonにして、部屋を暖める。 しばらくはこれまでののんびり生活をしばし忘れ、甲斐甲斐しく働く母親になるつもり。
 
写真は我が家のマホガニーのピアノ(記事とは関係なし)

娘がゴッドマザーに

娘が先日、彼女の甥(娘のパートナーの妹夫婦の赤ちゃん)の洗礼式にゴッドマザーとして付き添った時の写真を送ってきた。
 
ゴッドマザー、ゴッドファーザーは子供が成人するまで、子供の後見人として、成長の責任の一端を担う重要な存在らしい。 赤ちゃんの母親側からゴッドマザーを、父親側からゴッドファーザーを選ぶのだそうだ。  
 
娘がスウェーデンへ渡って約5年・・・すっかりスウェーデン社会に溶け込んでいる様子が伺える。
それにしても、クリスチャンでもなく、しかも、スウェーデン社会では同棲・結婚の違いがないとは言え、同棲中である彼女をゴッドマザーとして選んでくれたパートナー一家の娘への信頼に感謝している。 
 
念のため・・・娘たちは来年6月正式結婚の予定。 赤ちゃんはドレスを着ているが、男の子。