道具その1

昨年、自宅で手織り始めるにあったて、手織機の他、様々な道具を買い揃えた。 いずれも、織物に携わる人たちによって考案され、改良され続けて完成された道具はいずれも機能的で美しい。

 道具1 003

上は、杼(シャトル)と呼ばれる道具で緯糸を左右に渡すために使う。 ローラーがついているものや、先がもう少しとがったものなどいくつか種類があるようだが、私は写真のものを3本買った。

握り心地がなんともいい。 杼を左右に渡す度に、中に通した糸巻きの回転する音が聞こえる・・・・・スルースルー。習い始めの頃は、握り方もぎこちなく、何度も先生に矯正され、ようやく正しく握れるようになった。 これから何年も使う道具。大切に扱いたい。

鳥の仕業

今年の冬は例年に比べ非常に暖かい。 玄関脇になっている甘夏の黄色もいつもより濃いような気がする。

 みかん 004

・・・と思ってよく見ると、てっぺんになっている実がすっぽり食べられてしまっている。

みかん 003 

こんなことは初めて。  厚い皮をかきむしって食べるなんて余程強いくちばしをもってるやつの仕業・・・もしやカラス?? いまのところ犯行現場を目撃していないので、何ともいえないが、確かなのは甘夏がもう「おいしい」ということ。

今日は一日忙しいので、明日、収穫。

中国への小包

上海にいる息子が、こちらで預かっている彼の自転車部品を送ってくれと言ってきた。

彼が自転車で遠出を楽しむようになったのは、高校生の頃。以来ずっと自転車を乗り回していて、現在住んでいる上海でも休日は自転車を楽しんでいるよう。

「いいよ」と返事したものの、待てよ、自転車部品は送れるだろうか・・・・。 前回電子辞書を送ろうと思って郵便局へ行ったら、「没収される可能性あり」と言われて送るのをやめたのを思い出した。

郵便局のホームページで調べると、禁制品の中に「自転車」が・・・・。 「自転車の部品」だったら大丈夫? 他にも時計、カメラ、テレビ、ラジオ・・・・。 そして値段は1件につき1000元を超えないこと書いてある。 部品はいくらだろう。

上海まで飛行機で3時間。 経済が急成長し、物・人の往来がかつてないほど頻繁になっている上海。 うっかりボーダレスと勘違いしそうだったが、思わぬところでぶつかる国の壁。 この壁、結構厚い。

あきらめよう

土曜日朝、夫の留守中(いつものジョギング)、義兄から電話。義兄の還暦と義父の米寿のお祝いを3月○日に行うので都合はどうかという内容だった。○日と聞いた瞬間、「まずい!」と思う。 手帳で確認した。 やはり、夫のフルマラソン大会当日だ。

「この日はマラソンに出る予定なんですけど・・・・」。「そんな年寄りが、マラソンなんか・・・・」と義兄。「はい、そうです。もちろんお祝いの方が大切なので、マラソンはキャンセルします」と即座に答えた。

夫が知ったら、がっかりするだろうと思った。 フルマラソンは初挑戦。 昨年の8月にエントリーしてから、ずっとそのために練習の距離を伸ばしてきた。 このところの話題はいつもフルマラソンだった。 会社の駅伝も、市主催のハーフマラソンもフルに向けての前哨戦のつもりだった。

夫がジョギングから帰り、「今日は調子よく走れたよ」とにこにこ顔。 心の中で「ごめん」と言いながら、お祝いのこと、キャンセルのことを告げた。 夫、一瞬固まる。

夫の実家の行事なので、もちろん夫から不満めいた言葉は出ないが、あきらかに力がすっぽり抜けた様子。「そうか、○日なのか」を何度も繰り返す。

「マラソンは来年もあるけど、お祝いは1回きりだからね」と慰める。

もしも私のコーラス発表会が重なっていたら・・・グループの人たちに確実迷惑をかけることになる。すんなり受け入れられるだろうか?  ともかく重ならなくて良かった。 マラソンは個人競技。迷惑をかけるわけではない。 気持ちを切り替えよう。

夫の実家に行ったついでに、私の実家に寄ることができる。 母が新しいパソコンを買いたがっているので、その時一緒に買いに行こう。

マラソン

祈る

毎日のようにコメントをくれてたutaさんが調子悪そう。 自分のブログを開く・・・コメントはまだ来てない・・・・彼女のブログを開く・・・彼女のコメント欄にも返信がない・・・・かなり悪い状態なのかなあ・・・心配。

彼女からコメントをもらったのは、私がブログを始めてすぐの頃。以来、ほぼ毎日コメントをもらってきた。彼女に褒めてもらいたくて、せっせと手作り品の写真をブログに載せた。 彼女のコメントはいつも軽妙で、夫はすぐに彼女のコメントファンになった。 彼女の以前のブログも読ませてもらったので、かなり彼女のことを知ったつもりでいた。

でも実は何も知らない。 彼女の顔も(会ったこともないのだから当然)彼女の調子が悪い理由も。

私がブログを書くとき・・・誰でもアクセスできるように設定しているので、プライベートなことを書いたとしてもあくまで覆面をかぶっている。 少しオブラートに包んだりもする。 そして、本当に恥ずかしいこと、相手が読んでいやな気持ちになりそうなこと、人の悪口、愚痴・・・これらはできるだけ書かないように努めてきた。 自分の出したい部分は書く、隠したい部分は書かない。

多分ブログを書いている常識人は大方そうだろう。 相手のブログを何年分読んだからと言って、相手のことをすべて分かっているわけではない。 知っているのは、ほんのほんの一部だけ。

私はブログ上の彼女しか知らない。 それでもブログ上で築いてきた信頼は確かだと思っている。 

私が彼女にブログ上でしてあげられることはないのだろうか? やはり、今は彼女の回復を祈るのみ。

は~やく元気にな~れ!