さくら

桜が咲いた。
近くの神社の桜・・・七分咲きくらい。 蕾のほんのりピンク色が綺麗だ。
神社には松の木が、桜に覆いかぶさるように立っており、わざわざここの桜を見に来る人なんて
ほとんどいない。 昨日、母に写真をと思い訪れたときも、子供たちが遊んでいるだけだった。
 
週末・・・お花見のタイミングとしてはパッチリなのに、生憎、お天気は肌寒い曇り空。
明日はどうなんだろう・・・・。
 
桜の開花日を早くに予想し、お花見のチャンスに一喜一憂する日本人。
スウェーデンのニュースでもこのことを取り上げていたとか・・・・。
それにしても、昔はこんなに大騒ぎしたかなあ・・・・これも、弁当・ビール業界の陰謀ではあるまいか??
広告

父のつぶやき

「あまり長生きしても、みんなに迷惑かけるばかりだなあ・・・・。」とポツリと言った父の言葉。
姉から聞いて、泣いた。 姉も泣いていた。
 
母の入院以来、一人で暮らし始めた父。
目の治療も一人で行かなければならず、受付で言われたことも忘れるらしい。
買い物も不慣れなせいか、必要なものを買い忘れる。
その都度近くに住む姉が助けている。 夕飯も姉が作って届けているのだが・・・・。
 
母にはあれやこれや文句を言うくせに、娘たちには遠慮する父。
でも、やはり83歳ともなれば一人暮らしは不安だ。
 
母のこと、父のことを考え、姉は仕事を縮小するべきか相談してきた。
何もしてあげられない私が、「こうしたら」なんて言えるわけがない。
 
毎日母に手紙を送っているものの・・・
父自身の病院通いに付き添ったり、姉の仕事を手伝ったり・・・そばで必要な手助けができないもどかしさを感じる。
のほほんと織ってっていいのか、泳いでていいのか・・・・と思いつつも、自分の生活を放り出せない、放り出したくない身勝手な自分がいる。
 
夕飯を食べながら、父のことを夫に話そうとして、急に泣き出してしまった。
夫は「泣いていいよ」と言ってくれた。
夫の優しさも感じている。

幸せの黄色い財布

黄色の財布・・・・母へのプレゼント。
  
 
入院している母を見舞った時、
売店でティッシュパーパーを買ってくるよう、母に頼まれた。
「お金はその引き出しにあるから」と言われて、母の財布を取り売店へ。
お金を出そうと財布を開けると、小銭を入れる部分がひどく破れていた。
 
病室に戻って母に「随分ひどい財布ねえ」と言うと、
「あら、じゃああなたのお金のこぼれた分で買って頂戴」と言われた。
売店へ行く前、私は「このところ資産運用で、結構儲かったのよ」と言ってたから。
 
こんなに素直に甘えてくれて・・・・。
そういえば、いつもプレゼントは手作り品ばかりで、お金を出して買ったことはあまりなかったっけ。
たまには、奮発しなくちゃ。
 
病気じゃなかったら、黒や茶の財布を選んだかもしれない。
でも、気持ちが明るくなるように、菜の花・山吹・たんぽぽを連想できるように、
そして幸せも一緒に運んでくれるような気がして
黄色の財布を選んだ。
今日送ります。

母親と娘

娘に甘えたいと思っている自分に気がついたのはスウェーデンの娘のところに滞在して1週間経った頃だった。
彼女の周りにはいつも彼がいて、友人がいて・・・それはそれで親としては安心する一方、なかなか娘と二人きり
の時間を持てないことに苛立っていた。 

そしてこちらの思いに気が付いてくれない娘にやきもきしていた。

そんな自分の苛立ちを言葉に出せず、突然泣き出してしまった。

遠く離れているのだから、私がいるときくらい、私だけの娘になってよ・・・と言いたかった。
 
帰国後、冷静になってみると・・・・
自分が娘の年齢の時は一体どうだったのか。 
新しい家庭を築いていくことに夢中だった。
自分の母親が何を思っているかなどほとんど考えなかった。
前を向くことばかりで、後ろなんて振り向かなかった。
 
実家に帰ったとき、母の気持ちをちゃんと受け止めてきただろうか・・・
一方的じゃなかっただろうか・・・・
母は遠慮してたんじゃないだろうか・・・
母も今の私のように甘えたかったのではないだろか・・・
 
この年になって初めて気が付いた。
そして娘に会いたい、娘と話したいと思うと、きまって後ろにいる母を思う。
 
来週娘たちが来る。 
今度は絶対文句を言わない。
けんかしない。泣かない。
私が娘に甘えられるのはもっと後でいい。

カタログギフト

実家のお祝いのお土産の中に入っていた、カタログギフト。
そもそもご祝儀のお返しなので、徳をしたというわけではないのだが、
もらうとうれしい。 
かなりの数の品物が載っているかなり分厚い冊子。
この中から好きなものを「一個」選ぶのだが・・・・。
 
どれにしようか・・・・とパラパラめくる。
 
ないと困るという類のものはない。
大方は、あれば便利、あるいはちょっと贅沢という品物ばかり。
 
自分では滅多に買わないジュエリーアクセサリー?
旅行バッグもいいな。
健康器具も・・・。
そういえばやかんも買い換えたかったんだ・・・。 
 
う~ん決まらない。
 
自分の欲望があらわになってるみたいで、そのうち、選ぶ楽しみも、苦しみに変わってくる。 
いっそ、3択くらいにしてくれれば、楽なのに。