妻は帰省中

今日から数日、私は富山の実家へ帰る。
夫はその間お留守番。
 
料理は一切しない夫なので、留守中は外食になる。
毎回、外食していては、栄養が偏るのでは・・・・と思われるだろうが、そんな心配はご無用。
なぜなら、我が家の近くに、○食堂というおいしい定食屋があるからだ。
 
ここは、昔ながらの古い食堂ではなく、一見ファミリーレストラン風の建物になっている。
回転して2年ほど経つだろうか・・・・これまで時々利用してきたが、まず、ご飯が「かまど炊き」でおいしい。 
おかずは、ほうれん草のお浸し、焼き魚、納豆、サラダ・・・・等、どれも家庭でお母さんが作るような料理が多い。 
それぞれの料理は1人前ずつお皿に盛り付けられカウンターに並んでいて、好きなものを自分のお盆にのせまとめて代金を払うシステム。 
 
一応、夫に「留守中の食事は?」と聞いた。
「○食堂に1日3回行く。」と言う。  それじゃ何でも行き過ぎ!
「1日1回か2回にしてよ・・・」とお願いした。
 
○食堂の他にも、
我が家の近くの県道沿いには、ファミリーレストランが軒を並べている。
ラーメン、焼肉、回転寿司、イタリアン、ちゃんぽん・・・などバラエティー豊かなのだが、
毎日の食事となると、なんと言っても定食屋。
 
○定食屋さん、私の留守中、夫の食事お願いします。
決して、夫のこと、妻に逃げられた可哀想な熟年男性を見るような目で見ないでね。
妻はしばらく帰省中なんです。
広告

コーチが好き

何かを習い、上達するコツは、先生を信頼して好きになること。
何事もそうで、水泳も例外ではない。
 
私が通っているスイミングには、5~6人のコーチがいる。
中でも信頼を集めているのがTコーチ。 
信頼の理由はもちろん教え方が的確だからなのだが、
彼女、ちょっと太っていておおらかな性格だからか、肝っ玉おかあちゃんのような存在。
Tコーチの前では、つい子供のように素直になる。
 
4月からおそるおそる始めたマスターズ45は、実は3月頃からTコーチに誘われていた。
汗が出るくらい泳いだ経験のない私には未知の領域で、

Tコーチの後押しがなかったら、多分踏み込まなかっただろう。

「ひぇ~、死にそう~、もうだめ~」などと叫んでいても、がんがん泳がせる冷酷コーチだが、

肝っ玉おかあちゃんに笑顔で見守られている安心感がある。
 
週1回のこのクラスにもこのところようやく慣れてきたと思っていたら・・・・
 
実はマスターズ45のクラスは週2回ある。
私は、始めたばかりだからとりあえず週1回しか出ないと決めていた。
時々、Tコーチから「Tさん、水曜日も出てくださいよ」と誘われるものの、
「まだまだ、もう少し慣れてからね。」と断っていた。
 
昨日、Tコーチから再び「待ってます」のメッセージをもらってしまった。
大好きな先生からやる気をくすぐるようなお誘い・・・・こういうのには弱い!
しかも昨日は何だか断りたくないと思ってしまった。 結局泳いだ。
 
「きゃ~、もう苦しい。 え~っ? バタフライ6本も?・・・」
ヒーヒー言いながらも45分はあっという間に終わった。
ああ、なんと言う爽快感! 普段ののんびりレッスンでは絶対に味わえない感覚。
 
コーチ誘ってくださってどうもありがとう。 

指の危険信号

正常に動いていると全く意識しない身体の健康だが、
ちょっとでも酷使すると、やはり危険信号がピッピーと鳴る。
この数日、右手の親指と人差し指が時々危険信号を発信する。
 
現在、娘の結婚式のためにテーブルランナー50枚を製作中。
ランナーの端は房にして始末するのだが、房を結ぶ際、指先にぎゅっと力を入れる。
調子にのってやり過ぎると、少し痛みを感じる・・・・う~んやばい。
腱鞘炎になって指が使えなくなったら、元も子もない。 しばらく指を休ませよう。
 
出来上がった数15枚。指のことを考えて一日一枚とするとあと35日。
結婚式までまだ日数はあるとしても気分は少々あせってる。
 
 

おいしいお届け2つ

気まぐれスコーンショップ”UtaJazz”から届いたスコーン。
9種類ものスコーンが入っていた。(プレーン、コーヒー、アールグレイシトラス、
紅芋、メープル、かぼちゃ、アップルティー、ごま、クランベリー)
 
今回は私から20個注文した。 もちろん代金は送料も含めて送金済み。
今のところ、1個50円だけれど、いつ気まぐれで値上がりするかわからないから
食べてみたい人は、早く注文したほうがいいと思う・・・。
 
 
スコーンと一緒にもう一個荷物が届けられた。
夫の実家から送られてきた「たらの芽」・・・3月に帰ったとき、裏庭のたらの芽が食卓で話題になっていた。
早速てんぷらにして食べた。 
う~んうまい!    
半分ほど残ったが、おすそ分けするにはちょっと足りない。 
今晩もてんぷらにして食べちゃおっと。
 
 

お昼寝用キルト

私のお気に入りお昼寝用キルト
 
何度も洗濯したので、肌にやわらかい。 お昼寝の時は夏でも冬でもこれをかけないと落ち着かない。
 
1992年、ニューヨークに住んでいたときに作った。 ところどころに友人達のサインが入ったフレンドシップキルト。
隣に住んでいた女の子ローレンのサイン・・・当時小学校1年生だった。
英語が全く話せないうちの子供達に、何の抵抗もなく「あそぼ!」と最初に言ってくれた子。
 
下は、ローレンのお母さんレニーさんのサイン
引っ越した当初、いろいろ面倒をみてくれた親切なおばさん。 今頃あの親子どうしているかしら・・・。