The first day in Malmo

まだ時差ボケが少し残っているような・・・。

時差は7時間。こちらの夕方5時は日本時間の深夜12時。

起きていられないほどではないものの、夕方近くになると目のあたりがしょぼしょぼし出す。

 

ようやく写真を取り込むことができた。難しいわけではなく、日本にいるときのようにパソコンに向き合う時間がなかなかとれないからだ。娘を手伝うためにと言って来ているので、日中はやるべきことをやり、パソコンは早朝娘達が寝ている間に使わせてもらっている。そうそう、もうひとつ。使っているパソコンは文字がスウェーデン語なのだ。アイコンが同じなのでかろうじて認識できるものの、時間がかかる。

 

今日はとりあえず写真をアップ。

 

スカンジナビア航空機

 

 

ユニークなペイント(アパート中庭に置いてある誰かの自転車)

 

夕方食事をしに外へ出ると、広場で地面に座る若者達を見かけた。

 

 

おいしそう!

 

主食のジャガイモ 

 

半生サーモンときのこソテー クリーム添え

 

以上が初日の写真

今日3日目教会・レストラン・ホテルの下見の予定

広告

Hello from Malmo, Sweden

無事到着。
日本語入力が直接できないので、大変面倒な作業を繰り返している。
慣れるまで少々時間がかかりそう。
写真もまだ載せられない。
結婚式の日あたりまでにはできるよう何とか頑張ってみるつもり。

いよいよ

いよいよ明日出発
 
朝から集中力を高める。
空港・ホテル・結婚式・観光・・・・
それぞれの場面をシミュレーションしながら
荷物をチェック。
1週間ほど前からスーツケースは開いたままにして、
必要なものをぽんぽん投げ入れていた。
それらの荷物をきちんと詰めなおす。後から来る夫のスーツケースも。
・・・なんだかようやくその気になってきたぞ。
 
冷蔵庫の整理、ごみ出し・・・・
私が留守する3日分の夫のワイシャツ・下着・・・・
ああ、ちょっとめまぐるしい。
 
飛行機に乗っちゃえば、すべてあきらめて
旅のモードに入れるのに・・・
 
というわけで、明日から来月7日まで行ってきま~す。
(向こうで余裕があったら更新するつもり)

付添

姉が「あなたの旅行中にもしも・・・」と不安を口にしていたため、
急遽、2日間母に付き添った。
 
病院での一こま一こまを思い出す・・・・
 
検温に来た看護師さんに母が
「2番目の娘なの」と私を紹介した。
若くておっとしりた看護師さん。
「あの~、テープの歌聞きました。いいですね。」
「あら、恥ずかしいわ。」と言いながら、「でも、リクエストがあれば、生歌もOKよ」なんて図々しく追加。
母はにこにこ笑顔。
 
持って行ったショールも気に入ってくれた。
自分の分身のようなものを母のそばに置いておきたいと思っていたので、
「気にいったのなら、仕方がない、あげちゃう!」と母に差し出す。
 
ベッドのそばのカレンダー
22・23日は「裕子」、そして30日には大きな字で「○ちゃんの結婚式」と書いてあった。
6月をめくると、7月は真白だった。
 
時間のある限り、母の体をなでる。
「マッサージ、上手だねえ」と母
「上海仕込みよ」と私
上海の息子を訪ねる度に連れていってもらったマッサージ
あの時の心地よさを思い出しながら、にわかマッサージ師になりきる。
 
部屋の隅に「絵手紙セット」が置いてあった。
「描きたい」と思う気持ちはあるけれど、パレットや水入れを広げるのは、到底無理。
それでも母は
「はがきより、スケッチブックがいいな。」とあくまで前向き。
「じゃあ、買ってきてあげる」と早速買いに走った。
一緒に水彩色鉛筆も買った。これなら、少しの水で水彩画が描ける。
「私が一枚描くね」と母のそばに座って窓からの景色を描いた。
次のページは母が描いてくれることを願いながら描いた。
・・・・・・
 
さっき
ブログを書くのを中断しシャワーを浴びた。
昨日まで、涙は全く出なかったのに
シャンプーで頭からお湯をかけ始めたら、一緒に涙が流れ出した。
気がついたら、ヘアーシャンプーで体を洗っていた。
もう思い出すのは終わり。 
旅行の準備に切り替えよう。

夏用ショール

木綿と麻の混紡糸(スウェーデン製)で織った夏用ショール。
何色かある糸の中から選んだのはやはり紺色。
 
糸量の計算を間違えて、幅は計画より1割ほど狭くなったが、
ショールとしてとりあえずOK。
 
手織りの先生には、「スウェーデンへ持って行くといいわね」と言われたが、
その前に、今日これから会う母に見せようと思う。
彼女も紺色が好き。
きっと「素敵!」と言ってくれるに違いない。