余韻

楽しかった木曜日からもう数日経ったのに
あの時の二人の会話を思い出しては余韻に浸っている。
 
「奈良のヘアーサロンも行ってみたいね」
「そうそう、○○さんは島根だったよね」
「二人でニュージャージへ行って泊めてもらうってのはどう?」
「泊めてくれるかなあ?」
「大丈夫よ、アメリカの家って広いもん。」
「カナダにも一人いるし・・・・」
「私、北海道の○○ちゃんにも会ってみたい」
 
”ブログコメント友達めぐり”なんてのが実現できたら本当に楽しいだろうなあ。
 
以前、我が家にホームステイしたアメリカの学生が「遊びにおいで」と言ってくれたので、
本当にアメリカまで遊びにいったことがある。
また、スウェーデンの学生とひょんなことで知り合い、娘に会いにスウェーデンへ行った折、
わざわざストックホルムまで彼らに会いに行ったことも。
 
海外に比べれば、国内は簡単。  
ああ、考えただけでもワクワクする。
  

余韻」への8件のフィードバック

  1. 私もあの日のこといろいろ思い出しているよ。
    13分遅れた電車に乗っていたら電話がかかってきたこと。
    たぶん私のことだから変なとこウロウロしているに違いないと思ったでしょ?
    まあ、降りた直後出口が一つなのにどっち方向に出ればいいのかなんて拍子抜けの
    電話したことも事実だけどね。そうそう、車に乗る前にいきなり頭痛薬ある?って聞いたっけ。
    家に入るなりさっそく飲んだよね・・・。
    あれは夢ではなく現実だったんだものね。なんであんなにリラックスできたのか謎。
    平塚と盛岡は姉妹都市だったっけ?もう少し近かったらな、って思うけど距離があるから
    尚更いいのかもね。

  2. ほんとほんと、夢みたいな現実。 
    思い出消したくないから、あれ以来動きが鈍いのよね。
    そろそろネジ巻いた方がいいとはわかっているんだけど・・・・。
    ところで、平塚の姉妹都市は、何度も言うようだけど「花巻」です。  
    距離?  ちょうどいい。 離れているほど思いはつのるってね・・・・・。

  3. 花巻だったね、そういば。
    結婚式ももうすぐだね。ネジまいてダンスの練習でもどうぞ。
    あのドレス着て、ご主人はあれね・・・。
    スーツケースはあれとあれ。
    キャメルのヘアピース付けるの?

  4. 奈良のヘアーサロンです。
    そんな大事な時間の一部をこんなワタシのために割いていただいて光栄の至りです。なんか、お二人の笑顔が浮かんでくる。人間て、笑顔になりたくて生きてるんだよね。手に入れたいと願ってやまない【幸せ】というやつは、日常で、自然に笑顔になるたびに得ているのでしょう。ワタシの人生のテーマでもあります。自分と自分以外の人の笑顔の数を増やすこと。

  5. トラップ大佐
    本当に笑顔は幸せの証ですよね。 utaさんに会ってつくづく、人と出会うって素晴らしいと思いました。
    大佐のお仕事は幸せを売る仕事・・・・いいですね。
     
     

  6. お待ちしております、昨日プール開きも完了しました。
    ゲストルームの定員は二名です。おっ!丁度良いですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中