誕生日

もう誕生日がうれしいなどという年齢ではないのだが、娘からのお祝いメールが届くとやはりうれしい。

添付されていた写真は、先週彼女たちがフランスを旅行した時撮られたもので、私の「行ってみたい」という好奇心を十分刺激してくれる素敵な誕生プレゼントだった。

6-1_Etretat

6-5_Evening Etretat

夫も、一応「おめでとう」とは言ってくれたけど・・・・・

誕生日の前日、夫が「何かお祝いしたいなあ~。どこか洒落た所へ食べに行こうか・・・・」と言いながらパソコンをいじくっていた。 グルナビで気の利いたお食事処を探しているらしい。 

私・・・「だって平日だから、外で食事なんていいよ。」

夫・・・「いや、いや。 何かしてあげたいんだから・・・・」と積極的。

私・・・「じゃあ、この間注文した糸車、買ってくれたことにしてもいいよ。」

夫・・・「うん、それもいいけど・・・・やっぱり一緒にどこかで・・・・」

ところが、グルナビ検索も横浜ならたくさん出てくるのに、H市のような田舎だとほとんど出てこないらしい。 結局夫は、その夜何も決めないまま寝てしまい、翌日いつもどおり出勤した。   

夕方、食事の支度をしていると夫から電話。  「ちょっと飲んで帰る」・・・・ふ~ん、じゃあ夕食の支度はや~めた。

すると2分後再び夫から電話。 「誕生日、おめでとう」の一言を言ってすぐに切れた。・・・・・わざわざ言ってくださってうれしいけれど、もしかして忘れてたんじゃない?

夫が帰宅したのは10時少し前。 「ごめん、ごめん」と言いながら。  

糸車・・・ほんとはへそくりで買ってしまったんだけど、夫に買ってもらった誕生日プレゼントに正式決定。 後で糸車の代金請求するぞ。

広告

再び紡ぐ

昨年秋、手織りの先生の作品展示会で、初めて羊毛を紡いだ。 たった一日の作業だったため紡いだ量はごくわずか。 紡ぐコツも会得したような、しないような・・・・。

先週、夏のショールを織り終え、再び”羊毛を紡ぐ”を習い始めた。 午前・午後を通して黙々と糸を紡いだ。 前回覚えた感覚が徐々に蘇る・・・・・ペダルを踏む足の感覚。 綿を握る左手と、引き出される糸の量を調節する右手の感覚。 案外スムーズに出来て驚き。 手足はちゃんと覚えていてくれたのだ。

5時間、ひたすら糸紡ぎに専念した。 単純な作業とは言え、常に糸の太さや撚り具合を気にかけながら手足の動きを調節するので、緊張感がある。 そして、全く飽きない。 

20070731

出来上がった糸は150g。  

あったかショールにくるまってる自分を思い描きながら、今週も紡ぐ。

みんなで歌う・・・・歌の絵本・・・・

娘の結婚式で印象に残っていることの一つは、披露宴の最中、何度か「みんなで歌う」タイムがあったこと。 あらかじめプログラムに組み込まれていて、歌詞もちゃんと手作り席次表に印刷されていた。  替え歌になっていたようだが、出席者は、我々を除いて、ほとんど全員が歌っていた。 みんなで歌える歌がある、みんながためらわず歌う、って本当にいいなと思った。  それにしても、スウェーデン人は歌うのが好きらしい。 

結婚式の後日、本屋へ立ち寄ったら、素敵な歌の絵本を見つけた。 IMGP1521

スウェーデン語なので、タイトルの意味も中の歌詞もほとんど意味不明。 でも中に結婚式で歌われた替え歌の元歌も発見。そうか、みんな子供の歌を歌ってたんだ。

IMGP1522

「ばか、か、か・・・・」と言葉の響きを楽しんでる歌もある。 Bakaはケーキとかクッキーの意味らしい。

IMGP1525

 

IMGP1526

歌詞の意味はわからないけど、多分「♪私の可愛い妹ちゃん♪」って感じかな?

日本では、みんなで歌える歌が少なくなっているような気がする。 最近のお母さんは子守唄もあまり歌わないらしいし。もっとも、さまざまな音楽があふれている現代では、陰気な日本の子守歌などあえて歌う気にはならないかもしれないが・・・・。

この絵本、言葉はわからないものの、音符は万国共通。 メロディーだけでも覚えておけば、いつの日かスウェーデンの小さい子供と一緒に歌うこともできそうだ。

今朝の富士山

富士山の朝の様子が知りたくてネットでLIVE映像を検索

あるある・・・・いっぱいある。

三ツ峠(1785m)付近からみた今朝の富士山 7:40撮影の写真

20070728_0740_Web

晴れてるぞ!

この天気だときっとご来光は拝めてるはず。 よかった、よかった。

それにしても、富士山は美しい。

夫は今頃・・・・

夫は現在富士登山中。 今頃は8合目あたりだろうか。 心配していたお天気は・・・・??

夫は、数か月前、会社の友人二人から富士登山に誘われた・・・いや、誘われたというより、連れて行ってほしいと頼まれた。 二人は夫より二つ、三つ年上。 共に登山初心者。 富士山を登るのは簡単とは言っても、何しろ日本一の高さなので初心者だけでは危ない。 富士山には何度も登っている夫のこと、喜んで同伴しましょうということになったらしい。 週末は混むのでわざわざ平日に休みを取って、今朝早く出かけて行った。 

梅雨明けを待っていたのに、関東地方は残念ながらまだのよう。 天気予報もすっきりした晴れマークは出ていなかった。 お天気が気になって、富士山のサイトを見てみた。  現在の富士山映像がこれ。

fuji

ややっ、何にも見えない!  

富士山頂17:00の気象   気温 5.6度  日照時間 × 湿度 91% 気圧 646.7hPa

果たして明朝のご来光は・・・・・

いや、まずはオジさんたち3人の無事帰還を祈る。