暑い暑いとぼやいていたのがうそのように、ここ数日涼しい。

気持ちはすっかり秋に突入。

しかも大好きな梨が店頭に並ぶようになり、うれしさ倍増。

さまざまな種類の果物の中で、一番好きな果物は?と問われたら、迷わず「梨」と答える。

みずみずしい甘さ、そしてあのしゃりしゃりした食感がたまらない。

20070831

子供達も大好きだった。

「梨は果物の王様だね」と言いながら食べていた子供たちの笑顔を思い出す。

データーの蓄積

数日前から3色(グレイ、うぐいす色、紅茶)の原毛をひたすら紡いでいる。

最初に紅茶色を紡いでみたのだが、撚りが少しきつくなってしまったようだ。

甘撚りの方が空気をたくさん含んで温かいと、先生から言われていたのに・・・・

撚りの強さは糸車の回転と指先で調節していくのだが、何せ経験不足のため、出来上がりの状態まで予測することがまだできない。この糸車の速さだったら撚りはこの程度とか、糸の繰り出す量はこのくらいだと、この太さになるとか・・・

自分の中にあるデータが少なすぎる。 今はデーターの蓄積が大切だ。 いろいろ試そう。

紅茶色の時の指の感覚を基準に、次は少し緩めに紡いでみた。色は3色のまぜまぜ。

今度は3色の配分に悩みながら・・・・

20070830

いずれも極太程度の太さだろうか。

これを編むとどうなるかも、気になる。 少し編んでみようかな・・・。

ラグさん、もう少し待っててね。

本日1km

本日の水泳メニュー

個人メドレー 25m×8本

キック  25m×10本

プル  50m×4本

スイム 25m×4   50m×3本

ダウン 100m

合計 1000m

始まる前はしぶしぶなのに、終わるといつも思うこと・・・・「今日も来てよかった」

歌のプレゼント

8月27日・・・母の79歳の誕生日

その数日前、姉が「誕生日には何が欲しい」って聞くと、母は「欲しいものなんかないけど、歌を歌って。」と言ったそうだ。

姉「どんな歌?」

母「ほら、スウェーデンの・・・・・」

姉「ん?・・・・・スウェーデンのって何?」

母「バス停で歌ったあの時の・・・・」

あの時とは・・・・

4年前の私の誕生日の時のことだ。 

4年前の夏、すでにスウェーデンに住んでいた娘が彼を伴って一時帰国していた。 我々のふるさとを見せようと二人を富山へ連れて行き、両方の実家に泊まり、立山登山も楽しんだ。  私と夫は仕事があるので、娘たちを置いて一足先にH市に戻ったのだが、その翌日が私の誕生日だった。 いつも私の誕生日には、スウェーデンから電話が入り、Happy Birthday の歌を歌ってくれていたのだが、その日、娘と彼は、金沢行きのバスを待つバス停で、見送りに来ていた姉と一緒に携帯電話を使って歌をプレゼントしてくれた。 確か母もその場にいたはず。

母が言っているのはその時のことなのだ。 

わずかなヒントを頼りに、ようやく思い出した姉。 誕生日の前日、「あの時のように誕生日の歌を一緒に歌ってあげようよ。あなたは電話でね。私の歌う声が聞こえるはずだからそれに合わせて歌って。」と言ってきた。 

「お安い御用よ。 とってもいいプレゼントだと思う」と私。

そして、夕べ7時、姉から電話。

「今日ちょっと調子悪いみたいなんだけど・・・・・でもちゃんと聞けると思うから・・・・じゃあ歌おうね」 

姉の携帯電話が母の耳元に置かれたようだ。

♪Happy Birthday to you    ♪Happy Birthday to you ♪Happy Birthday Dear Kimie-san  ♪Happy Birthday to you 

姉と二人で、ちょっとゆっくり目に心をこめて歌った。

「あ・り・が・と・う」

母の声は小さくてかすれていたがはっきり聞こえた。

Mug cup

東京国際キルトフェスティバルが来年も開かれる。 この催しの中には誰でも参加できるパートナーシップキルトのコーナーがある。全国から集まった20cm四方のブロックを76枚つないで大きなキルト作品にしたものが展示される。 我々キルトグループのメンバーはこれにほぼ毎年応募してきた。

20cm四方のブロックなんて、その気になれば一晩でできるのに・・・・今年はどういうわけか気持ちがのらない。病床の母のこともあり、「もう、今年はパス!」と決めていた。 

ところが、昨日友人から「締切は31日だから、がんばって。」との励ましをもらった。凝ったものでなければそんなに時間がかかるわけじゃないし、やっぱり作ろう・・・とあわてて作ったのがこれ。

20070827  

テーマは「ティータイム」 年々凝った作品が増えているが、私のは超シンプル。 でも、上と下に使った布は特別。 sakautaさんにスコーンを注文した時、「余り布だけど」といただいた布を使った。 たった20cm四方のブロックだけれど、しかも出来上がっても手元に残るわけではないけれど、何かしら思い入れを入れたくなるのがこのパッチワークキルトの良さだろうか。

秋色 3色

コメント友達のラグさんが私の紡いだ糸で編んでくださるという。 なにせ、まだ紡ぎ初心者。どんな種類の羊毛をどのくらい注文すればいいのか皆目わからないので先生に相談した。

当然のことながら羊の種類によって毛の質も違ってくるので、用途にあわせて上手に選ばなければならない。 この間まで紡いでいたのはシュロップシャーという羊の毛。 細くてしなやかだから、マフラーに最適。 編み物用で紡ぎやすい糸は・・・と先生に勧められたのが、ロムニーというニュージーランド産羊毛。

早速、原毛屋さんのネットショップで注文。 このお店では、刈り取ったままの状態の毛も買うことができる。 羊の毛1頭分丸ごと買う本格派もいるようだ。 扱っているのは原毛だけでも約40種類。 染色羊毛は40色もある。 ビビッド、パステル、アースカラー、フルーツが各10色。 ほかにナチュラル4色。 

私は、アースカラーから「紅茶」200g「うぐいす色」200g、そしてナチュラルからミディアムグレー1kgを選んだ。

昨日届いた原毛。

20070826

ネットショップのページでは色がはっきりわからないので、少々不安だったが、思っていた通りの色。

私の気分は一足お先に秋色に染まっている。

日本列島三点脚くらべ

コメント友達のutaさんの昨日のブログ写真は彼女の「愛用の靴を履いた脚」だった。

 

実は、utaさんのブログを訪れたYokoさんのブログに愛用のコンバースを履いている脚の写真があったのがきっかけ。

utaさんから、Yukoさんも脚くらべしない?と誘われたので、ついその気になり早速写真を撮った。20070825a 

1年のうち夏以外はいつもこの靴・・・eccoのウォーキングシューズ

九州のYokoさん、岩手在住のutaさん、関東のYuko

日本列島3点脚くらべ・・・いかが?

収穫のタイミング

畑の胡麻が気になっている。

先週末、胡麻の一番下の莢(さや)が一個開いてゴマが地面に零れ落ちているのを夫が発見。

「胡麻って一体いつ収穫するんだろう・・・・調べておいて」と言われた。

ネットで調べてみると、一番下の莢が開いたら収穫し、風通しのよいところで乾燥する、と書いてある。

「今だ」とあわてて翌日畑へ行った。 でも開いていたのはあまり成長のよくない3本だけ。 とりあえずその3本を収穫した。 ほかはまだ青々としているので、収穫には少し早そう。  あと何日くらいかかるのか・・・胡麻の栽培は初めてなので皆目わからない。

家の敷地内の畑なら毎日チェックしてやれるのに・・・・

我が家の畑へは車で15分。 ガソリンも高くなっているので、胡麻の様子を見るためだけに毎日車を15分も走らせるのはなあ・・・・

な~んて、畑へ行くのをさぼっていると莢がはじけてゴマが全部地面に零れ落ちてしまうかもしれない・・・・

ああ~気になる。

本屋の将来

帰省する日、本屋に立ち寄るため早めに家を出た。

1週間、私は病院で、夫は交通の便の悪い田舎で過ごすため、暇つぶしは読書くらいしかない。 丁度数日前の新聞の本紹介欄で見つけた本が適当と思い、その本を買うつもりだったのだが・・・・

駅ビル内の大きい本屋。 書籍の数はかなり多い。 ゆっくり探す時間もなかったし、あらかじめタイトルはわかっていたので、店員さんに「検索できますか?」と尋ねた。

ところが店員曰く、「申し訳ありません、お取り寄せの分はわかりますが、店内の書籍に関しては検索できないんです。」と言われた。えええっ? レジではバーコード入力しているのに、何で? 

「場所はわからなくていいですから、あるかないかだけでも、調べられないんですか?」と少しイライラしながら頼んでみた。 店員は面倒くさそうにPCの画面見ながら、「1冊入荷しましたが、残念ながら今店内にはありませんねえ。」とつぶやく。

仕方なく違う本を選んだのだが、そうとわかっていたらamazonで注文したのにと後悔。

出版される本すべてが本屋にあるとは限らない・・・・・とわかっているのだが・・・・

立ち読みして気に入った本があれば買うという行動が減ってきている。 欲しい本があらかじめ分かっているときは、本屋へは行かず、amazonに注文することが多い。 本屋で立ち読みし、amazonで注文なんて人も多いかもしれない。

本屋にとっては危機的状況。なのに、本屋の対応はいまいち。 せめて、先の店員さんが笑顔で親切に応対してくれたらこちらの気持ちも随分違うのに・・・・

ところで、欲しかった本は、阿川佐和子の「グダグダの種」。 グダグダ言ってないで、早く注文しようっと。

糸紡ぎ

再開した糸紡ぎ 

徐々にコツもわかってきて、糸車の回転もスムーズ

今回エリザベスで紡いだ糸はこれ↓

20070821a 

昨年10月末初めて紡いだ糸がこれ↓ 写真では見えにくいが、かなりボコボコ。

紡いだ毛糸 

必ずしも均一な太さだけがいいわけではなく、用途によってはボコボコ糸も味が出ていいのだとか・・・

でも縦糸として使うには、一定の太さの糸が必要。

焦ったり、ぼんやりは禁物。 穏やかな気持ちで、しかし神経は手先に集中する。

ずっと同じ姿勢で行う作業なので長時間は無理だが、少しの時間を見つけては、糸車を回している。