暑い暑いとぼやいていたのがうそのように、ここ数日涼しい。

気持ちはすっかり秋に突入。

しかも大好きな梨が店頭に並ぶようになり、うれしさ倍増。

さまざまな種類の果物の中で、一番好きな果物は?と問われたら、迷わず「梨」と答える。

みずみずしい甘さ、そしてあのしゃりしゃりした食感がたまらない。

20070831

子供達も大好きだった。

「梨は果物の王様だね」と言いながら食べていた子供たちの笑顔を思い出す。

データーの蓄積

数日前から3色(グレイ、うぐいす色、紅茶)の原毛をひたすら紡いでいる。

最初に紅茶色を紡いでみたのだが、撚りが少しきつくなってしまったようだ。

甘撚りの方が空気をたくさん含んで温かいと、先生から言われていたのに・・・・

撚りの強さは糸車の回転と指先で調節していくのだが、何せ経験不足のため、出来上がりの状態まで予測することがまだできない。この糸車の速さだったら撚りはこの程度とか、糸の繰り出す量はこのくらいだと、この太さになるとか・・・

自分の中にあるデータが少なすぎる。 今はデーターの蓄積が大切だ。 いろいろ試そう。

紅茶色の時の指の感覚を基準に、次は少し緩めに紡いでみた。色は3色のまぜまぜ。

今度は3色の配分に悩みながら・・・・

20070830

いずれも極太程度の太さだろうか。

これを編むとどうなるかも、気になる。 少し編んでみようかな・・・。

ラグさん、もう少し待っててね。

本日1km

本日の水泳メニュー

個人メドレー 25m×8本

キック  25m×10本

プル  50m×4本

スイム 25m×4   50m×3本

ダウン 100m

合計 1000m

始まる前はしぶしぶなのに、終わるといつも思うこと・・・・「今日も来てよかった」

歌のプレゼント

8月27日・・・母の79歳の誕生日

その数日前、姉が「誕生日には何が欲しい」って聞くと、母は「欲しいものなんかないけど、歌を歌って。」と言ったそうだ。

姉「どんな歌?」

母「ほら、スウェーデンの・・・・・」

姉「ん?・・・・・スウェーデンのって何?」

母「バス停で歌ったあの時の・・・・」

あの時とは・・・・

4年前の私の誕生日の時のことだ。 

4年前の夏、すでにスウェーデンに住んでいた娘が彼を伴って一時帰国していた。 我々のふるさとを見せようと二人を富山へ連れて行き、両方の実家に泊まり、立山登山も楽しんだ。  私と夫は仕事があるので、娘たちを置いて一足先にH市に戻ったのだが、その翌日が私の誕生日だった。 いつも私の誕生日には、スウェーデンから電話が入り、Happy Birthday の歌を歌ってくれていたのだが、その日、娘と彼は、金沢行きのバスを待つバス停で、見送りに来ていた姉と一緒に携帯電話を使って歌をプレゼントしてくれた。 確か母もその場にいたはず。

母が言っているのはその時のことなのだ。 

わずかなヒントを頼りに、ようやく思い出した姉。 誕生日の前日、「あの時のように誕生日の歌を一緒に歌ってあげようよ。あなたは電話でね。私の歌う声が聞こえるはずだからそれに合わせて歌って。」と言ってきた。 

「お安い御用よ。 とってもいいプレゼントだと思う」と私。

そして、夕べ7時、姉から電話。

「今日ちょっと調子悪いみたいなんだけど・・・・・でもちゃんと聞けると思うから・・・・じゃあ歌おうね」 

姉の携帯電話が母の耳元に置かれたようだ。

♪Happy Birthday to you    ♪Happy Birthday to you ♪Happy Birthday Dear Kimie-san  ♪Happy Birthday to you 

姉と二人で、ちょっとゆっくり目に心をこめて歌った。

「あ・り・が・と・う」

母の声は小さくてかすれていたがはっきり聞こえた。

Mug cup

東京国際キルトフェスティバルが来年も開かれる。 この催しの中には誰でも参加できるパートナーシップキルトのコーナーがある。全国から集まった20cm四方のブロックを76枚つないで大きなキルト作品にしたものが展示される。 我々キルトグループのメンバーはこれにほぼ毎年応募してきた。

20cm四方のブロックなんて、その気になれば一晩でできるのに・・・・今年はどういうわけか気持ちがのらない。病床の母のこともあり、「もう、今年はパス!」と決めていた。 

ところが、昨日友人から「締切は31日だから、がんばって。」との励ましをもらった。凝ったものでなければそんなに時間がかかるわけじゃないし、やっぱり作ろう・・・とあわてて作ったのがこれ。

20070827  

テーマは「ティータイム」 年々凝った作品が増えているが、私のは超シンプル。 でも、上と下に使った布は特別。 sakautaさんにスコーンを注文した時、「余り布だけど」といただいた布を使った。 たった20cm四方のブロックだけれど、しかも出来上がっても手元に残るわけではないけれど、何かしら思い入れを入れたくなるのがこのパッチワークキルトの良さだろうか。