歌のプレゼント

8月27日・・・母の79歳の誕生日

その数日前、姉が「誕生日には何が欲しい」って聞くと、母は「欲しいものなんかないけど、歌を歌って。」と言ったそうだ。

姉「どんな歌?」

母「ほら、スウェーデンの・・・・・」

姉「ん?・・・・・スウェーデンのって何?」

母「バス停で歌ったあの時の・・・・」

あの時とは・・・・

4年前の私の誕生日の時のことだ。 

4年前の夏、すでにスウェーデンに住んでいた娘が彼を伴って一時帰国していた。 我々のふるさとを見せようと二人を富山へ連れて行き、両方の実家に泊まり、立山登山も楽しんだ。  私と夫は仕事があるので、娘たちを置いて一足先にH市に戻ったのだが、その翌日が私の誕生日だった。 いつも私の誕生日には、スウェーデンから電話が入り、Happy Birthday の歌を歌ってくれていたのだが、その日、娘と彼は、金沢行きのバスを待つバス停で、見送りに来ていた姉と一緒に携帯電話を使って歌をプレゼントしてくれた。 確か母もその場にいたはず。

母が言っているのはその時のことなのだ。 

わずかなヒントを頼りに、ようやく思い出した姉。 誕生日の前日、「あの時のように誕生日の歌を一緒に歌ってあげようよ。あなたは電話でね。私の歌う声が聞こえるはずだからそれに合わせて歌って。」と言ってきた。 

「お安い御用よ。 とってもいいプレゼントだと思う」と私。

そして、夕べ7時、姉から電話。

「今日ちょっと調子悪いみたいなんだけど・・・・・でもちゃんと聞けると思うから・・・・じゃあ歌おうね」 

姉の携帯電話が母の耳元に置かれたようだ。

♪Happy Birthday to you    ♪Happy Birthday to you ♪Happy Birthday Dear Kimie-san  ♪Happy Birthday to you 

姉と二人で、ちょっとゆっくり目に心をこめて歌った。

「あ・り・が・と・う」

母の声は小さくてかすれていたがはっきり聞こえた。

歌のプレゼント」への3件のフィードバック

  1.  おかあさん、記憶にしっかり焼き付けていたんだね、メロディーつきで。
    娘達の歌声しっかり心に届いたよね。
    姉妹の連携、うらやましい。こちらの姉妹は・・・かなりバラバラ・・・。
    反省しきり。
     

  2. sakautaさん
     姉妹の連携と言っても、姉に比べて私はほとんど何もしてないも同然。 姉には本当に感謝してます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中