痛みに共感し過ぎた

数日前の夕方、たまたまつけたテレビで「ミリオンダラーベイビー」をやっていた。

アカデミー賞を受賞した映画だからとしばらく見ていたのだが、他に用事があったので途中でやめてしまった。

最後まで見たい。 ムービーチャンネルの番組表を見ると、31日午後1時に再放送がある。 ラッキー! 31日は水泳がお休みだ。 午後は何も予定がないのでゆっくり見られそう・・・・と楽しみにしていた。

午後1時・・・ゆったり椅子に座って、映画観賞開始。

始まってどの位経ったときだったか・・・・女性ボクサー、マギーが試合でどんどん勝っていき、何度目かの試合で、鼻の骨を折るシーン

ウッ、痛そう!

このシーンから1~2分後、急に気分が悪くなってきた。 冷や汗が出だす、息が荒くなる、目が回る、そして吐き気。

急激な脳貧血状態。  

トイレに駆け込んだものの、座り込んだまま、立ち上がれない。 目をつむっても骨を折ったシーンが目の前に繰り返し出てくる。 汗が止まらない。 苦しい・・・・・・

気分がおさまるまで約10分。

トイレを出て、鏡を見たら、幽霊のような顔だった。

1時間ほど横になりようやく血の気は戻ったものの、もう2度と「痛い」映画は見たくない。

広告

Webカメラ

携帯電話ではかなり遅れている我が家も、PCに関してはまずまずの環境だと思っている。

しかし、技術の進歩は日進月歩。 オタオタしているとあっという間に取り残されてしまう。

時々周りから刺激を受けて、PC環境のバージョンアップが手遅れにならないように気を配っている。

先日のこと。

いつものように娘とスカイプを始めたところ、突然娘の姿がパソコン画面に現れた。

「わ~、なにこれ~、テレビ中継みたいじゃない」

「パソコンにカメラがついてるのよ。これだと、将来孫の顔も簡単に見られるね」と娘。

そこへ彼が入ってきて「ハ~イ」と手を振る。

「おお~何と便利な」

カメラは単体で売っていて、値段もそんなに高くなく、パソコンにつなげばすぐにOKとのこと。

携帯電話を買った日、このWebカメラも一緒に買った。

20071030

早速テストをしてみた。

私の動く画像がパソコン画面に出てくる。  まるで鏡。

画面は鮮明とは言いがたいが、顔の表情は十分伝わる。 

「お母さん、疲れてる?」なんて娘に言われないように、次回からのスカイプは顔の表情に十分注意しようと思う。

チェンジ

夫も私も携帯電話は持っているものの、ものすご~く古いタイプ。

20071029a

夫のは約8年間使っていてメール機能なし。 もう外側の塗装が剝げている。

私のはそれよりちょっとだけ新しいタイプでメール機能はあるものの、使いにくくて滅多に使わない。 

両方とももちろんカメラつきではない。

「最近の携帯電話にはもう付いていけないね」「メールもあまり必要ないし・・・」なんて言っていたのだが・・・・

どうしたことか、夫が「メールをやりたい」と言い出した。

「みんなやってるから」と、子どもみたいな理由。 

そういえば、電車の中のオジサンたちも、最近はせっせとメールを打っている。

夫もメールくらい使えないと・・・

それに、今のうちに新しい機種に変えないとこの先付いていけなくなるかもしれない。 

夫のやる気をきっかけに、思い切って新しい携帯電話を買うことにした。

近くのY電器店・・・・携帯電話コーナーには3社のカラフルな製品が並んでいる。

「MNPって何?」「料金体系は一体どうなってるの?」「いろいろあって選ぶのが難しいね」

自力ではとても判断できず、結局「私たちの年齢にぴったしの携帯電話はどれ?」と店員さんに聞いた。

「字が大きく、聞き取りやすい。」と勧められたのがこれ。

20071029b 

夜、二人で、ピッピ、ピッピ。

私・・・「カメラ使ってみよっと」「あっ、テレビ電話もできるのね」「メール、私にちょうだいよ」

夫・・・・無言

夫からのメールはまだ先のよう。

花まる印の日

昨日の水泳マスターズクラス

泳いだ距離、1700m・・・・じゃじゃ~ん、これまでの自己最長記録更新。

45分800mでふ~ふ~言ってた私にとって、1時間1700mは驚きの距離。

終了したとき、思わずみんなで拍手。 

私だって、やればできるのだ!  

日付に花まる印つけたい気分。

はなまる

今度こそ

「2008湘南国際マラソン」の案内および申込書が送られてきた。

20071026

思い出す・・・・ 昨年の大会。

夫のフルマラソン初挑戦 ・・・・・のはずだった。

エントリーしてから数か月、毎週末トレーニングに励んでいたのに、大会の2か月前になって夫の実家のお祝いの日と重なることが判明。 実家の行事日程は動かせないと、止む無くキャンセルしてしまったのだ。

来年の大会開催は危ぶまれていた。  コースの一部が9月の台風による高波被害に遭い崩落、今でも通行規制が行われている。 

案内書には、崩落箇所を除いた30kmコースで実施と書いてあった。

フルマラソンの初挑戦は叶わないけれど、いいではないか、30kmマラソンでも。 むしろ、夫にはちょうどの距離かもしれない。

帰宅した夫に早速このニュースを知らせ、出場を煽った。 (いつも煽られてばかりいるので、たまにはこちらからも)

夫は、うれしそう。

このところいつも「膝が心配」だの「天気が悪い」だのと、走れない理由ばかりをブツブツ言っていたのに・・・

「30kmなら楽勝だな」だって。

早春の湘南海岸を颯爽(?)と走る夫の姿・・・・今度こそ見られそう!

あったか作品

2週間前に織りあげた手紡ぎ糸の布

20071017d

幅約30cm、長さ3m余り 

膝かけには幅が足りない。 肌ざわりは少しちくちくして、マフラーには向かない。 では、一体これで何を作ろう・・・織りあがってから悩み始めた。

手織り製品にはマフラー、ショールなどが圧倒的に多い。 平たいものばかりでなんだかつまらない、と初めのころは思っていた。 ところが最近になって、時間をかけて丁寧に織った布に鋏を入れるのは、かなり勇気のいる作業だということがわかってきた。 

切ったり、縫ったり・・・・今までパッチワークで何気なくやっていたことが、自分で紡いで織った布となると、非常に怖い。

失敗したらどうしよう・・・できるだけ布の無駄を出したくない・・・。

2週間、布を眺めながら悶々としていた。

そしてようやく決断!  まず作ったのがBag

20071025f

ちょっと縦長になってしまったけど、A4サイズが楽に入る。

残りはクッションカバーにと思ったが、買ってきたクッションは35cm四方。 幅30cmじゃ足りない。 布を切って接ぐのは抵抗がある。何とかいい方法は・・・・といろいろ考えていたら・・・・

突然閃いた、布を切らない方法。  布を斜めに使って、クッションをくるむ。

片側はこれ  

20071025b 

もう一方の側は、これ

20071025e

座り心地?  

もちろん暖かくて最高!

体がピリッ

Kファミリーとのコーラスの練習が始まった。 

あらかじめ渡されていた楽譜を何度も何度も開き初日の練習に備える。

土・日、病院で母に付添いながらも、楽譜に目を通していた。

もう3度目なのに、いつものことながらドキドキ。

人前で歌うことってやはり緊張する。

しかし、自分の成長への期待を伴っている良質の緊張。 

好き勝手にやっている手仕事にはプレッシャーなど全くなく、従ってドキドキなんか全くしないのだが、人間そんな中で果たして成長できるのかとも思う。

わがまま、自分勝手、無責任になりかねない。

だから

能力、責任、努力が要求されることに、自分を投げ入れる。

これから3月の発表会まで、月2~3度のペースで練習が続く。  

体の一部がピリッと緊張する数か月・・・頑張りたい。 

クーちゃん

仲良しの友達、クーちゃん・・・・ 本当は「くみこ」という名前だけれど、昔からずっとクーちゃんで、今でもクーちゃんと呼んでいる。

実家へ帰っても同級会の類は一切出たことがないのだが、時間があると会う唯一の友達、クーちゃん。 それでも1年に1度会うか会わないか程度だけど・・・。

そのクーちゃんと、思いがけず病院で出会った。 彼女のお母さんも私の母と同じ階に入院中だった。

彼女のお母さんはもうすぐ退院らしい。 私の母も、このところ元気を取り戻している。

笑顔で会える、いいタイミングだった。

お互いの母親を見舞った後、しばらく二人だけで近況報告。 時間はあっと言う間に過ぎた。

 

クーちゃんとは、小・中・高と一緒の学校。とりわけ高校時代は3年間毎日一緒に通っていた仲良し。

高校時代の二人は、極端に言えば

クーちゃん・・・日本史100点、数学0点

私・・・・日本史0点、数学100点  

おっとりした彼女、ミーハーでひょうきんな私。 そんな二人が気が合うとは、本当に不思議なもの。

 

今回も、手織りの作品の写真を見てもらって、褒めてもらって、私はルンルン。 

でも、私は彼女に何かしてあげられたかなあ・・・??

「元気」を分けてあげた気はするけれど・・・

そうそう、私のブログを教えたから、それが私からのプレゼントってことでいいかしら?

ひやり

夜7時少し前、自転車で漢字教室へ向かう途中のこと。

市の中心商店街の交差点を通りかかったとき、前を歩いていたおばさんが急に方角を変えた。

「危ない!」  あわてて急ブレーキをかけた。

瞬間、左手のブレーキハンドルがブツッという音とともに急に軽くなり、自転車がす~。

あわてて、歩行者をよけながら、右ブレーキと足でスピードを止めた。

ふ~、危なかった! 

幸い何事もなかったが、本当にひやりとした。

自転車と言えども、当たり所が悪ければ、大怪我になりかねない。

原因は急に方向を変えたおばさん?

それとも私の握力が強過ぎた?

う~ん、やっぱり自転車のメンテナンス不足だろうな。

深く反省・・・・。

手紡ぎ作品3点

どんなに忙しくても時間をみつけては、せっせ、せっせと・・・・いや、コツコツと紡いできた糸がようやく作品となった。

教室で織ったマフラー2点。

20071017b

20071017c

色合い、ばっちり。 最終仕上げのアイロンがけ、房のカットはこれから。

そして、家で織っていたもの。 これが縮絨前

20071016c

20071017d

ふんわり、ふっくら、あたたかそう。でも肌にあてると少しちくちくしてマフラーには適さない。

バッグか、椅子座布団、クッションなどどうでしょう。

リフォームに向けての準備もそろそろしなければならないのに・・・

母のところへも行かなければならないのに・・・・

気持ちが「ものづくり」の世界から離れてくれない。

復活か・・・

母のことに触れたのはいつだったか、とブログの日付をさかのぼってみた。

9月23日。 あの日、姉の言葉「もうお別れがちかいかも知れない」を書いた。 あの時は本気でお葬式になるかもしれないと思った。

ところがあれから、3週間。

高熱は治まり、かなり起伏の激しかった精神状態も不思議なくらい改善し、全く食べられなかったのが今は「おいしいおいしい」と言って食べるようになった。あれほど無関心だったテレビを、今は喜んで見ているらしく、亀田兄弟ニュースにも詳しいらしい。

奇跡の復活か・・・・

決して病気が治ったわけではなく、気持の落ち着きは抗うつ剤によるものらしいのだが、「ご飯がおいしい」なんて最高ではないか。

今週末会いに行く。 元気を取り戻した母との会話が本当に楽しみ。

落花生の収穫

春に種を蒔いた落花生がいよいよ収穫の時期を迎えた。

畳2枚分ほどの落花生畑

20071015a

少し密になりすぎている感もあるが、なにしろ初めてなのでこれでいいのか、悪いのか全くわからない。

果たして出来はどうか・・・恐る恐る株を引っ張ってみると

20071015b

ついてる、ついてる、落花生が。少し未熟なものも混じっているが、あのピーナッツの形をしている。

やった~。

落花生についてるひもは根ではなく雄しべが伸びたもの。花が咲いたあと地中に潜って実をつくるのだ。

掘りたてを塩ゆでにするとおいしいらしいので、早速茹でてみた。(ゆで時間50分)

20071015d  

見た目の色は悪いが、食べてみると、とってもおいしい。

枝豆のように、食べだすと止まらないが、落花生ってカロリーが多いので要注意。

庭先に運んだ落花生はこれからしばらく乾燥し、その後は・・・・う? 煎って食べる?

煎り方がわからない。 早速調べなければ。

意外

友人Hさんはプール仲間。 

彼女と話す時間は、泳いだ後、ドライヤーで髪を乾かす時にたまたま隣り合わせになったときくらい。

ほんの数分程度の短い会話の中から知り得た情報は・・・

ご主人+息子3人=計男4人の食事を毎日作り、長男の嫁として近所、親戚付き合いをこなし、寝たきりの姑を毎日見舞い、老犬の世話をし、庭の手入れも怠りなく・・・・その上、放送大学の通信講座を受けている。

パワフルな女性・・・・一体どういう生活なのか、ちょっと想像つかない。

昨日、さらに驚いたことに、

20071012

彼女から写真のランチョンマットを頂いた。 カットワーク刺繍(?)が施されている。 私の好きな青。

意外・・・・こんな繊細な手仕事もするなんて・・・

まだまだ謎の多い女性・・・・

人は見かけによらないねえ、お花ちゃん!

未だ新米教師

漢字教室に先週から通い始めた若い女性のチェンさん。カンボジア出身、在日5年。

初日、彼女は某中華ファミリーレストランのメニューが印刷されたちらしを持ってきていた。

「先生読み方教えてください」と言われ、「春巻き」「五目チャーハン」「豚の角煮」など、一つ一つ読み上げると、彼女、一生懸命そのちらしに読み方を書き込んでいる。

「先生、余分にお皿が欲しい時は何と言いますか?」

「そうね、餃子のたれに使うんだったら『小皿お願いします』。 大皿の料理を一人一人に分けたいときは、『取り皿をお願いします』って言うわね」

すると彼女、そのセリフをノートに急いで書いている。

「ここへはよく食べに行くの?」と聞くと、「レジ係として働いています。でもお客様から注文を取る仕事もしたいので・・・・」

そうか、お客さんはどんな風に注文するかをあらかじめ知っておきたいのだ。

本当にえらいなあ。 

勉強熱心だから、漢字の勉強中もよく質問をする。

例えば、

「教室をきれいにしておく」と「きれいにする」はどう違うんですか?

「『おく』っていうのは、『前もって準備をすること』  あるいは『その状態のままにすること』・・・な~んて言っても『前もって』ってわかるかな? 『始まる前に』ってことよ。」

わかりやすい日本語で説明するってなんて難しいんだろう。

うまく説明できなかった部分は帰宅後も気になり、辞書で調べる。 

教えるどころか私の方が勉強の機会をもらっている。

やる気

やる気を起こすには・・・?

即効性のあるのは、褒められること。 

先日友人と会ってしっかり褒めてもらい、一挙にやる気が出てきた。

我が家に来てくれたのは、埼玉の友人Sさんと彼女の友人Mさん。 Mさんは、宮城県在住。 教師業の傍ら、畑で藍を育てている。 藍染めもやっているらしく、型染めの型紙も彫るのだとか。

二人の訪問の目的は、印花布や手織りの作品を見るためだった。

家に入るなり、印花布のタペストリを見て「わ~っ」とMさんが声を上げる。 2階の仕事部屋へ案内すると、またまた「素敵」の連発。 私にとって見慣れた道具、糸、作品も、彼女たちには新鮮に映るようだ。

彼女たちの褒め言葉ひとつひとつが、体のつぼを押してもらっているような心地よい刺激となって全身に効いてくる。

そして、「この色の組み合わせ好き」「このマフラー、ほしい」なんて 言われると、つい「あげるわよ」と言いたくなる。 でもぐっと我慢。 これまでの作品はやはり取っておきたい。 特に1点しかないものは手放せない。   

プレゼントするにしても、売るにしても、もっと作品の数がないと・・・・・・

そうだ、ぼ~っとしてる場合じゃない。 せっせと作らねば。 

停滞気味だった気分も吹っ飛び、今日もやる気満々!

20071011

庭の金木犀も、満開!

自分で紡いだ羊毛を織る

先日購入した原毛ロムニー。 一部はラグさんに編んでもらうための毛糸にし、残りは織物用にせっせと紡いでいる。

ロムニーの毛はメリノほど柔らかくないので、マフラーなど首などの肌に直接触れるものには適さないらしい。 使い道は織りあがってから考えればいいやと取りあえず織り始めた。

20071008

色合いはまあまあ。 縮絨(しゅくじゅう)すると目が詰まってもっと布らしくなるはずだが、全部織り終わらないとその結果はわからない。  

撚りが少々甘かったのか、途中で縦糸が何度も切れる。 「あ~あ~」と何度も溜息が出る。 

やってみないとわからないことが何と多いことか。 まだまだ試行錯誤の段階。 

久々に映画

日曜日のブログの一言「一緒に行けば良かった」を目にした夫が、翌日、「映画を見に行こう」と誘ってきた。

久々に映画もいいなと即同意。 

夫が見たいのは「HERO」。 何でも大ヒット中らしい。

普段この手の情報にうといはずなのに、どこで仕入れてきたんだろう。

私も、テレビドラマだったらしいことは知っていたが、見たことはなく、したがって内容はほとんど知らない。

大ヒット中というのも、つい先日何かのテレビ番組で言っていたのを聞いたばかり。

ネットで上映時間を調べた。 開始は10時10分。

言い出したのが9時過ぎだから、十分間に合う。 でも大ヒット中というくらいだから、ひょっとして並んでるかも・・・・・休日だし・・・

と思いつつホームページを見ていると、「オンラインチケット」のアイコンが目に入った。

ひょっとしてここでチケット買えるの?  窓口もオンラインも同じと思いながら、オンライン購入を体験したくて、指示通りに名前、電話番号などを入力する。

途中、座席指定の画面が現れた。

「おやおや、今は座席指定までできるんだ」・・・・知らなかった。 しかもチケットの値段は一緒。

昔は映画館の座席予約って値段が高かったんじゃなかったっけ?

予約の仕方は、飛行機のチケット購入とほぼ一緒。 これなら映画の始まる時間ぎりぎりでOKだ。

50歳以上の夫婦だと二人で2000円。これもありがたい。

久々の日本映画「HERO」・・・・残虐シーンや鼓膜が破れるかと思うような爆音はなく、急いで読まなければならない字幕もなく、木村拓哉と松たか子の軽快なやりとりはいやらしくなく、ストーリーは複雑過ぎず、かと言ってシンプル過ぎず、我々中高年族にはらく~に楽しめる映画だった。

留守番

八ヶ岳登山をしたのは、確か去年の今頃。 悪天候で結局頂上までは行けなかったものの、夫と一緒に連休をしっかり遊んで満足したことを覚えている。

今年は夫婦そろっての登山はまだ一度もしていない。 山好きの夫には申し訳ないが、母が入院中ということもあり、私はどうしても遠出をする気になれない。

「一人で行ってくればいいじゃない」と何度か勧めてみたが、その都度「一人で行くのはつまらない」と言っていた夫。 日曜日の天気予報は良さそうだったので、「日帰りでもいいから、足慣らしに行った方がいいよ」とプッシュすると、ようやくその気に。

今朝6時半、夫を秦野駅まで車で送る。 車から周りの山々の稜線がはっきり見える。富士山もうっすらと見えた。一瞬「一緒に行けば良かったかな・・・」と思ったが、黙っていた。 

今年はやっぱり無理。 来年こそは・・・・できるだけ夫と一緒に山登りを楽しみたい。

今日は留守番。 庭掃除、糸紡ぎなどやりたいことは山積みだが、夕飯の準備はいつもより早めにしよう。 そうそう、温かいお風呂の準備もね。

マスターズ 60

通っているスポーツクラブでは4月と10月の年に2回、プログラムの変更がある。

今回の変更は私にとっては少しばかりショック。 4月から始めたマスターズ45がなくなったからだ。

最近ようやく慣れてきたというのに。

45分から60分になった。 泳ぐ距離のトータルは8~900mから1200m程度に。

果たして泳げるだろうか・・・・・風邪引き後なので全く自信がない。

でも、いろいろ理由を並べてたら始めるきっかけを失ってしまいそう。

「えい、やっ」の気合で初参加した。

本日のメニュー

アップ 100m

クロール 25m×6

キック   25m×8

プル    100m×3

クロール  75m×1  50m×2、 25m×4、 50m×2、75m×1

ダウン 25m×2

トータル 1250m

さすがに最後の75m1本はきつかったが、どうにか全メニュー泳げたことでとりあえず満足。

マスターズ45の初参加の時も苦しかったことを思い出す。 やはりあきらめず続けることが大事だろう。

夫婦そろって

老後は若い人の世話にはならず、夫婦二人で助け合っていけば何とかなるだろうと気楽に考えているのだが・・・・。

先日のこと。

私  「リフォーム会社との次回の打ち合わせは20日だったけど、私この日、先約があったの忘れてたわ。打ち合わせを変更してもらうか、先約を変更するかしなきゃ。」

夫  「ええっ? 打ち合わせは今週の6日だっただろう。 歯医者の予約が午前中にあるから、確か午後にしてもらったはずだぞ。」

私  「ええっ? 6日だった? いやだ、私完全に勘違いしてた。 どうして20日って思ったんだろう・・・。まあいいや。6日ね。」

手帳に打ち合わせの予定を20日から6日に書き直す。 ところが・・・

昨日リフォーム会社から留守電が入っていた。

「先日はありがとうございました。・・・・・・・・、次回の打ち合わせは13日ですね。どうぞよろしくお願いいたします。」

あれ~、夫婦そろって間違ってる・・・・

20071004

お母さんコーラス発表会

今日は「おかあさんコーラス」の発表会。会場は横浜。

本番は午後からだが、朝の練習が予定されているので、9時半集合。

夕方終了して、打ち上げに参加すれば、帰宅は夜になりそう。

丸一日のイベントは少々きついが、頑張らねば。

昨日の練習では咳が出て最悪。 あわてて午後咳止めの薬を買いに行った。

おかげで今朝はどうにか止まっているのでひと安心。

今日の衣装はワインレッドのワンピース。

昨年の舞台はこんな感じ。

20071003

日頃の練習の成果が100%出せたらいいな。

体調不良

このところの寒いくらいの天候で、すっかり体調を崩してしまった。
前から風邪気味だったのが、うんとひどくはならないものの、
かといってすっきり治ったとも言えない。
曇り空のせいか、気分も落ち込みそう。
お日さまからの「元気」が欲しい。
 
明日は横浜で「おかあさんコーラス」の発表会。
すっきり気分で歌えるよう、体調回復に努めよう。