展示会

展示会初日・・・・あいにくお天気は曇り空。 一日中冷たい風が吹いていたものの、雨は何とか我慢してくれた。 

20071129b 

早速、入口で写真に撮ってもらう。 ラグさんが編んでくれたベストを着て。

20071129a

普段は織り機が置かれている教室内・・・・・ここには先生の作品が並べられている。

絹のショール

20071129n

色とりどりのプチマフラー 

20071129m

タペストリーや敷物

20071129d

教室に続く住居部分の和室には生徒の作品・・・季節がらマフラーが多い。

20071129f 

陶磁器のコーナーも。

20071129h  

20071129k

本日来ていただいた皆様・・・・ありがとうございました。

紅茶缶

紅茶に関してはあまり詳しくないが、お気に入りはアールグレイ。

これまで飲んでいたのはアーマッドティのクラシックティ。

20071128a

使い切ってしまったので、プールの帰り道、大型スーパーで新しい缶を買った。(近所の小さなスーパーは置いてない)

上の缶と同じものもあったのだが、一段上の棚を見るとアールグレイで6角形の缶が。

20071128b

形、絵が気に入って迷わずこっちを選んだ。

紅茶の缶ってなぜか素敵。コレクションの趣味はないが、この6角形のきれいな缶は空になっても取っておきたい。

今回はこんなおまけもついていた。

20071128c

メモを止めるマグネット。

 

さて、糸紡ぎを一休みして、ティータイムにしようかな・・・。

消毒液

痛む親指を診てもらいに皮膚科へ行った時、医師が看護婦さんに指示した処置は「イソジン」を塗ることだけだった。

イソジン・・・我が家の薬箱にもあったなあ。  

翌日、熱のため指に巻いていたガーゼがすっかり乾いてしまっていたので、指先全体にイソジンをかけて、ガーゼを交換。 それを何度か繰り返した。

おかげで、次の日はすっかりよくなったのだが・・・・

ふと気がついた。 使っていたイソジンは

20071127b

うがい薬だった。

うがい以外には使用しないでくださいと書いてある。 

傷には効かなかったのかなあ・・・・・

治ってホッ

たかが指1本のことなのに、昨日は半日寝込んでしまった。

おかげで、夕方には化膿していた指から膿が出だし、腫れも痛みもすっかり取れた。

今日は念のため絆創膏で保護しているものの、普通に使えるようになった。

気になっていた展示会用の作品を仕上げる。

20071124a

娘のリクエストで作ったサーモンピンクのポンチョ。  私用はこれから。

展示会用には先週仕上げたマフラー2点も出す予定。

20071124b

20071124c

展示会は来週の木・金・土曜日です

お近くの方は是非どうぞ・・・・教室のホームページの中に地図があります。

不覚

家の中を夢中で片付けていた。 

ふと、親指の先に違和感を感じる。

よく見ると、親指の爪先の少し深い所に1mmほどの黒いものがはさまっている。 

何かを爪でひっかいたときに挟まってしまったらしい。 何が挟まったのか全く覚えがない。

違和感は数日続き、昨日から痛み出した。 

化膿してる!

夫が「すぐ医者に行った方がいいぞ。ひょっとして爪をはがすことになるかもしれないな。」

ヒェ~・・・・

まだ片付けは残っている。 それより先に手織りの展示会に出す作品の仕上げをしなければならない・・・・。

あわてて近くの皮膚科へ行った。 いつ行っても混んでいる医院・・・爪をはがされるかもしれない恐怖におびえつつ1時間半待った。

ところが、医師の診察・処置はあっけなかった。

イソジンをずぶずぶに塗ってガーゼを当てて絆創膏をぐるぐる。 後は飲み薬。

家で念のためさらに包帯を巻いた。

20071123

水が一切使えなくなってしまった。 料理、洗い物、入浴、プール・・・・わ~大変だあ。

でももっと心配なのはこっち。

20071122a

房の仕上げの三つ編み。 指先だけの仕事・・・・・ふ~、時間がかかりそう・・・・。