展示会

展示会初日・・・・あいにくお天気は曇り空。 一日中冷たい風が吹いていたものの、雨は何とか我慢してくれた。 

20071129b 

早速、入口で写真に撮ってもらう。 ラグさんが編んでくれたベストを着て。

20071129a

普段は織り機が置かれている教室内・・・・・ここには先生の作品が並べられている。

絹のショール

20071129n

色とりどりのプチマフラー 

20071129m

タペストリーや敷物

20071129d

教室に続く住居部分の和室には生徒の作品・・・季節がらマフラーが多い。

20071129f 

陶磁器のコーナーも。

20071129h  

20071129k

本日来ていただいた皆様・・・・ありがとうございました。

広告

紅茶缶

紅茶に関してはあまり詳しくないが、お気に入りはアールグレイ。

これまで飲んでいたのはアーマッドティのクラシックティ。

20071128a

使い切ってしまったので、プールの帰り道、大型スーパーで新しい缶を買った。(近所の小さなスーパーは置いてない)

上の缶と同じものもあったのだが、一段上の棚を見るとアールグレイで6角形の缶が。

20071128b

形、絵が気に入って迷わずこっちを選んだ。

紅茶の缶ってなぜか素敵。コレクションの趣味はないが、この6角形のきれいな缶は空になっても取っておきたい。

今回はこんなおまけもついていた。

20071128c

メモを止めるマグネット。

 

さて、糸紡ぎを一休みして、ティータイムにしようかな・・・。

消毒液

痛む親指を診てもらいに皮膚科へ行った時、医師が看護婦さんに指示した処置は「イソジン」を塗ることだけだった。

イソジン・・・我が家の薬箱にもあったなあ。  

翌日、熱のため指に巻いていたガーゼがすっかり乾いてしまっていたので、指先全体にイソジンをかけて、ガーゼを交換。 それを何度か繰り返した。

おかげで、次の日はすっかりよくなったのだが・・・・

ふと気がついた。 使っていたイソジンは

20071127b

うがい薬だった。

うがい以外には使用しないでくださいと書いてある。 

傷には効かなかったのかなあ・・・・・

治ってホッ

たかが指1本のことなのに、昨日は半日寝込んでしまった。

おかげで、夕方には化膿していた指から膿が出だし、腫れも痛みもすっかり取れた。

今日は念のため絆創膏で保護しているものの、普通に使えるようになった。

気になっていた展示会用の作品を仕上げる。

20071124a

娘のリクエストで作ったサーモンピンクのポンチョ。  私用はこれから。

展示会用には先週仕上げたマフラー2点も出す予定。

20071124b

20071124c

展示会は来週の木・金・土曜日です

お近くの方は是非どうぞ・・・・教室のホームページの中に地図があります。

不覚

家の中を夢中で片付けていた。 

ふと、親指の先に違和感を感じる。

よく見ると、親指の爪先の少し深い所に1mmほどの黒いものがはさまっている。 

何かを爪でひっかいたときに挟まってしまったらしい。 何が挟まったのか全く覚えがない。

違和感は数日続き、昨日から痛み出した。 

化膿してる!

夫が「すぐ医者に行った方がいいぞ。ひょっとして爪をはがすことになるかもしれないな。」

ヒェ~・・・・

まだ片付けは残っている。 それより先に手織りの展示会に出す作品の仕上げをしなければならない・・・・。

あわてて近くの皮膚科へ行った。 いつ行っても混んでいる医院・・・爪をはがされるかもしれない恐怖におびえつつ1時間半待った。

ところが、医師の診察・処置はあっけなかった。

イソジンをずぶずぶに塗ってガーゼを当てて絆創膏をぐるぐる。 後は飲み薬。

家で念のためさらに包帯を巻いた。

20071123

水が一切使えなくなってしまった。 料理、洗い物、入浴、プール・・・・わ~大変だあ。

でももっと心配なのはこっち。

20071122a

房の仕上げの三つ編み。 指先だけの仕事・・・・・ふ~、時間がかかりそう・・・・。

室内コンサート

午後1時よりスウェーデン放送合唱団のコンサートを鑑賞。 

20071122b

と言っても、コンサートホールへ出かけたのではなく、テレビで鑑賞。  曲目は「モーツアルトのレクイエム 二短調」

20071122c

日本語歌詞の字幕もついててvery good!  

完璧な発声から生まれる完璧なハーモニーを労せずして十分堪能することができた。

 

番組のことを教えてくれたのは、utaさん。

この日の朝7:30、メールを受け取った・・・・「1時からスウェーデン放送合唱団の演奏を放送するよ」 

実は、昨年の12月夫と一緒にこの合唱団のコンサートを聴きに行った。 翌日そのことをブログに書いたのだが、そのとことを覚えていてくれたのだ。

メールの内容は単なる短い情報だけど、「教えてあげよう」と思ったutaさんの心使いがとってもうれしかった。

それにしても、携帯メールは便利だね。

元気の素

紅葉も遅いのでまだまだ秋と思っていたら、急に冬型の気圧配置。

おかげでこちら太平洋側は今朝も快晴。 お日さまのぽかぽか・ぬくぬくを感じながら洗濯物を干す。

20071121

いい気持ち~

青空・・・お日さま・・・今日も「元気の素」が空から降ってくる

でも、この「元気の素」、日本中に降り注いでいるわけではない。

この時期、日本海側はきまって雪・雨マーク。 

富山県地方・・・今日はJPMK30_s_thumb_thumb 明日はJPMK39_s

今朝のテレビニュースも、生中継は青森市内の雪景色だった。

この不公平、どうしようもないとはわかっているのだが・・・・

 

夕べ姉から電話があった。 電話口で姉はいきなり泣き出した。「もうダメ・・・・支えられない・・・・」

姉は、入院中の母のケアのため毎日2度も病院を往復している。 母の状態は比較的安定しているとは言え、良くなっているとも言い難い状態。

母の辛さを思うとたまらない、何とかしてあげたい、でも自分も疲れている・・・・どんどん気分が落ち込んで涙が止まらないと言う。

よくよく聞いてみると、その症状は、先週末ちょうど冬型になった日から。

冬の間日照時間の少ない雪国や北欧では、うつ病が多いと聞いたことがある。

「この暗~いどんよりしたお天気が、気持を重くするのよ。」と姉。

「そうか・・・・じゃあ部屋の中、うんと明るくしなさいよ・・・・。」としか言えない私。

元気の素、送れたらいいのになあ・・・・。

リフォーム 準備

使わない家財の処分・整理をはじめて約2週間。着々と進んでいる。

先日、荷物搬出の日が決まった。12月6日。 

ぎりぎりになってあわてるのがいやなので、早めに始めたものの、少々早すぎたかもしれない。

家の中のあちこちに段ボール箱の山ができた。

テレビの横の山

20071120g

床の間の山

20071120d

窓際の山

20071120e

庭先にも不用品の山・・・・ごみ収集の日にがんばって出しているものの、一向に減らない。

20071120

古本の山もこんなに。 

20071120a

これまでも不要な本はためない様に心がけ、できるだけ処分してきたつもりだったのに・・・・いつの間にかたまってる。

古本屋に来てもらったものの買い取られたのは50冊で、代金はたったの2500円。

残りは全部資源ごみだが、回収日に一度に出すのは無理だろうなあ。

1階の整理は80パーセント完了。 次は2階だ。 搬出の日まであと半月・・・・まだしばらくこの混乱状態は続く。

刺繍のグループ展

友達が入っている刺繍グループの作品展があったので市の美術館へ出かけた。

なかなか立派な建物

20071117k

 20071117j

内部も素敵

20071117h

でも普段は滅多に来ない。

作品展はこの建物の1階にある市民アートギャラリーで行われていた。 

展示されている作品はいずれも素敵だったのに、友達とおしゃべりするのに忙しく、作品をカメラにおさめるのをすっかり忘れてしまった。

でも一番印象に残ったのだけは撮った

・・・・つもりだったが、少々ピンボケでまことに残念。

20071117a 

「私たちの町」というタイトルがついていて全体が私たちの地域の地図になっている。 

横のラインが東海道線。縦のラインは市内を流れている川で、川が流れ込むのが相模湾。

20071117b

アクリルパネルにおさめられた10cm四方ほどの刺繍。 市内の風景を切り取ったものだ。

 20071117d

夕焼けの海岸

20071117e

川辺のひまわり

 20071117g

湘南海岸

 20071117c

神社の鳥居

一つ一つは小さいけれど、みんな集まると「私たちの町にはこんなに素敵な風景があるのよ」というメッセージが聞こえてくる。 

展示会が終わるとバラバラになってしまうのが、惜しい気がする。

手紡ぎポンチョ

トランクルームへ預ける荷物の整理で家じゅうひっくり返ったような状態

それでも、手仕事はやめない!

先日織りあげた布をポンチョに仕上げた。

20071116

手前味噌だけど・・・背中がほかほかする感じでとっても温かい。

これを着てても手の自由が利くので、室内が寒い我が家では重宝しそう・・・・

な~んて、自分が使う気でいるのだが、

やっぱり誰かにプレゼントした方がいいかなあ・・・・。

歩数計

歩かなくなっているのは前からわかっていたけど・・・・

新しい携帯についていた歩数計をセットしてみたら、

20071114a

こんなに少ない!

一日一万歩にはほど遠い。 

歩数は外で活動していたから多いというわけではない。

たとえば、12日月曜日は水泳以外、家で片付けをしていた。   13日火曜日は午前中コーラス、午後手織り。 

家でこまめに動いている方が断然歩数が多い・・・・とは言ってもやっと4000歩台。

消費カロリーはというと

20071114c

多くて70kcal。  

あら、まあ、いやだ! これだと、ピーナッツ1粒5.9kcalだからたったの12粒分。

水泳をしているからいいようなものの・・・・

垂直方向の運動が足りないのは確か。 

一挙に一万歩なんて絶対無理なので、せめて毎日4000歩を目標に心がけてみよう。

鼻声

このところ、ずっと鼻声だ。

風邪をひいたのではなく、水泳のせい。

背泳ぎのスタート・・・・上向きになって壁をけり、水中を進む。 できれば3~4回ドルフィンキックをする。

これがなかなかうまくいかない。 上向きに慣れていないので、水中での深さ、体の傾きが定まらない。呼吸のタイミングも、いまいち。少しでもずれると鼻がツ~ン。

これを繰り返すと、プールから上がる頃にはすっかり鼻声状態になっている。

ほぼ毎日のようにプールへ行っていると、元に戻るひまもなく、鼻声状態はすっかり定着してしまったよう。

人と話すときまって「風邪?」と聞かれ、その都度説明する。

鼻がぐずぐずしているので、くしゃみも頻繁に出る。 ポケットティッシュは必携。

一見というか、一聞というか、気の毒そうな状態なのだが、

本人は意外と平気で、

それどころか、実は自分の鼻声、なぜだかわからないが気に入っている。

思い出に浸る

ただ今納戸の本棚を整理中

一番下の段にはアルバムが収まっているのだが、

昔のアルバム・・・・1ページに3~4枚の写真。 余白が多く、注釈も入っているので見やすいのだが、

何と言ってもかさばるし、重い。

何としたものか・・・・

とりあえず、ぼろぼろになっているアルバムは中の写真をはがし、後で整理することにした。

20071111a

懐かしい写真が次々と出てくる。

短大時代の写真とか、とんかつとカレーのお店をやっていた時の写真とか

・・・・私も若かった。

アルバムの隣にはレコードが・・・・

だいぶん前にほとんどのレコードを捨てたはずだが、なぜか15~6枚残していた。 

ビートルズやカーペンターズに混じって出てきた2枚。

子供たちが小さい頃ほとんど毎日かけていたレコードだ。

20071111b

20071111c

懐かしい曲の数々・・・

息子、娘にとっても懐かしいに違いない。

できれば、彼らの子供たちにも歌い継がれて欲しい。

こうして思い出に浸っていると楽しくて、時の経つのを忘れそう。

危険コース

外に用事があるときは、いつも水泳の帰り道に寄ることにしている。

今日は宅急便を利用したかったので、近くのコンビニへ。

用事はそれだけだったのに・・・・。

時刻は午後2時半。 1時間泳いだ後なので、少し疲れている。 

すんなりと帰り難い気分・・・・

何か買いたい気分・・・・

何かちょっとおいしいものを食べたい気分・・・・

つい、ふらふらとお菓子のコーナーへ足が向いてしまった。

スナック菓子のコーナーから裏へ回ると、菓子パン・ケーキ菓子・和菓子コーナー。

あ~、おいしそう。  

せっかく泳いでカロリーを消費したのに、やばい・・・・

と思いつつ買ってしまった。

20071109a

20071109b

水泳→コンビニは危険コース。

1日3個

リフォーム工事が12月から始まる。 住みながらの工事のため、生活に必要な家財はそのまま置いておけるものの、使わない荷物はあらかじめコンテナに預けることになっている。 期間は3ヶ月間。

預ける荷物の量を調べに、引越し屋さんが来てくれた。

ある場所から別の場所へ引っ越すのなら、ことは単純。 捨てるもの以外は全部運びだせばいいのだから。

ところがコンテナに預けるとなると、期間中使うもの、預けるもの、そして捨てるものの3種類に分けなければならない。 

本1冊捨てるのにも躊躇しているのに・・・

家の中の隅っこで眠っている大量の使わない物をどっちに仕分けするか・・・時間がかかりそう。

業者がおいて行った段ボールは全部で70個。 全部使わないとしても相当な数。

20071108

もちろん一度にできる仕事ではないので、毎日少しずつやるしかない。

12月まであと20日あまりだから、1日3個の計算で60個。 わ~、大変な作業・・・・。

でも、後で慌てたくないので、早速今日から・・・・やります。 

半分ソックス

私の変な足くせ

それは、靴下をかかとの部分だけ脱いでしまう癖

足元がちょっとほかほかしてきたときにこの癖が出る。 全部脱いでしまうとす~す~し過ぎ。 半分くらい脱ぐと空気の通りがよくなるみたいで、つい・・・・。

コーラスの合宿で、夜のおしゃべりタイムになったとき、つい脱いでしまい、仲間に笑われたことがある。

「そんな変な人初めて見た」と。

だから、半分ソックスは家の中だけ。

こんな癖を持ってる人は私だけだと思っていたら、

昨日午後、テレビに出ていた糸井重里が、ペットと一緒に寝ている姿を写真で紹介。その中に靴下を半分だけはいている足が・・・・。

「これって、気持いいんですよ。 半分ソックスファンって案外いるみたいですよ。」

な~んだ、私だけじゃなかったのね。 

20071107

案山子

案山子という言葉で、私が思いだす歌は

♪山田の中の一本足の案山子

天気のよいのにみのかささして・・・・♪

なのに

Wikipediaで検索した「案山子」のページには

案山子を題材にした歌は・・・・さだまさしの「案山子」

とだけ。

残念ながら唱歌は少しずつ消えている。 

案山子も消えゆくのかと思いきや、

我が家の前では毎日見られる。 

出かける時、ついつい目があってしまう赤いTシャツのお兄ちゃん、

毎日柿の実の見張り、御苦労さん!

200711051438a

穏やかな週末

秋晴れの穏やかな週末

夫は畑仕事、ジョギング、書き物・・・・

私は機織り、糸紡ぎ、歌のレッスン・・・・とそれぞれ思い思いに過ごす。

    ・・・・・

先ほど、親友のOさんが庭になった柿を持ってきてくれた。

20071104b

今年はいつもよりたくさん実をつけたそう。  早速、2個切って2枚のお皿に。

夫は夫の部屋でパソコンをしながら、私は私の部屋でパソコンをしながら柿を食べる。

   ・・・・・・

何度も忘れてなかなか撮れなかった夫のASHI写真。  ついに・・・・撮りました。

20071104

週末のASHI・・・HIROSHI

クリスマスプレゼント

今年7月、夏の真っ盛り、羊毛を紡いで糸にする記事を書いた。  その時ラグさんからもらったコメント・・「クリスマスプレゼントに何か編んであげます。utaさんにも何か・・・」

私のリクエストはベスト、utaさんのはミトン。

あれから、羊毛を注文し、せっせと糸を紡いだ。 

太さは? 色の配合は? 糸の量は?  曖昧な部分を残したままだったが、とりあえず紡いだ糸をラグさんに送った。

あとはラグさんがしっかり受け止めて、彼女のセンスで作品にしてくれるだろう。

期待が膨らむ。  

ラグさん・・・ブログ「ラグの朝時間」の主。 ブログ名は「ラグ」とカタカナだけれど正真正銘日本人。中国地方の日本海側に在住、若い女性、編み物・フラメンコ・紅茶・読書が好き、愛犬の名はレオ・・・・・もちろん会ったことがない。

想像が膨らむ。

手織りの先生にこのいきさつを話したら、「11月末の展示会に、そのベスト展示できないかしら・・・」と言われ、早速ラグさんに私のクリスマスプレゼントは早めにとお願いしていたのだが・・・

昨日、ついに届いた。

私が紡いだ毛糸でラグさんが編んだベスト・・・・とってもとっても素敵!  

早く着たい。

みんなに見せたい。

本当はこの場所に写真を載せたい。

でも、現在ラグさんは同じ糸でutaさんのクリスマスプレゼント「ミトン」を編んでいるはず。

写真を載せてしまうと、utaさんがミトンを受け取った時の「驚き・喜び」が半減するので、

写真は、utaさんが受け取ってからに。

ラグさん、本当にありがとう。 この素敵な繋がり、大切にしようと思います。

・・・・やっぱり ちらっとだけ・・・・

20071103

アメリカの友人

私の住んでいるH市には姉妹都市が2つ。 一つは岩手県花巻市、もう一つはアメリカのローレンス市。

国際交流協会の会員だった私はローレンスとの交流を市民レベルで広げようと、一時期活発に活動していた。 その時知り合ったローレンス市在住の女性Tさん。  当時、ローレンス市内の中学校の校長先生だった。 たぶん今も・・・。

1999年、ローレンス市訪問時は、Tさんのお宅を訪問。 その後彼女が青少年のグループの付添としてH市に来られた時は、狭いながらも我が家に泊まっていただいた。

その時いただいたお土産

20071101a

素朴なお人形は、いつもピアノのそばに。

20071101b

陶器の深皿。 確か知り合いの陶芸家の作品だとおっしゃっていた。 このお皿は非常に重い。 これをスーツケースに入れて運んできてくださったと思っただけで感激。 もちろん色も模様もすぐに気に入った。

話し方も表情もとても穏やかな女性。 そういえば彼女のメールアドレスは gardner  庭師 だった。 私って庭師と縁がある?

素敵な女性と知り合えて本当に良かったと思っていたのだが、この数年は、私が交流協会から遠ざかっていたため、彼女ともすっかり疎遠になっていた。

ところが

昨日突然、ある交流協会会員の方からTさんからの伝言をいただいた。「Yukoさんはどうしてますか」と・・・

私?

もちろん、元気元気。 報告すべきことがいっぱいあるんです・・・手織りを始めました・・・娘も結婚しました

ああ、あれも、これも・・・・

すぐにメール出さなきゃ。 でもあれもこれも書けるかなあ??  英語だもん・・・

そうだ、まずこのブログに来てもらおう。 文字は読めないかもしれないけど、とりあえず写真は楽しんでもらえそうだから。