大晦日・・・エリザベス、第九とともに

大晦日午後5時過ぎ。

NHK・BSで第九演奏の放送を聞きながら、テレビの前にエリザベスを置き、糸を紡いでいた。

今年もいろいろあったなあ・・・・と、ゆく年をいろいろ振り返りながら。

画面はそろそろ第4楽章の合唱。

そうだ、この合唱団の中に、いつもアンサンブルkambaで一緒に歌わせていただいているKファミリーの息子さん2人がいるんだった。

あわててカメラを用意し、彼らが映し出される瞬間を狙う.

まず兄のKちゃん。

20071231b

つぎに弟のJ君。

20071231a

大勢の中で、わかる人しかわからないんだけど・・・・

台所のガス台にかかったお鍋を気にしながら、糸を紡いで、第九を聴く。

今年の大晦日も、私らしく過ぎていく・・・。

広告

父からの贈り物・・・・かぶら寿し

いつものように実家へ「えぼ鯛」を送った。

20枚余りのえぼ鯛。 生モノなので、届くとすぐに親戚におすそ分けしたり自家用に冷凍保存する。 昨年までそれをしていたのは母。 だが、今年は母が入院中だ。 

現在一人暮らしの父にはそういうことはできないだろうと判断。 歩いて10分ほどのところに住む姉の住所に送った。

姉に送ったことで、父はひょっとして自分が相手にされなくなったと思うのではないかと、少し気にかかった。

念のため、姉には「代理で受け取ったよ」と言ってくれるよう、頼んでおいた。

数日後、北陸の代表的な冬の味覚「かぶら寿し」が届いた。 

20071230b

20071230a

父が直接お店へ出向いて送ってもらったのだと、姉がこっそり教えてくれた。

いつもなら、母が、かまぼこや数の子と一緒に送ってくれていたかぶら寿司。

母がいないので自分がしなければと思ってくれた父。

すぐに父にお礼の電話をした。 

84歳の父からの贈り物・・・じっくり味わいたい。

搗きたて「のし餅」

我が家で食べるのし餅。 搗いたばかりで柔らかい。

20071228a

毎年暮れの28日、親友Oさんの本家では親戚が集まって餅つきをされるのだが、

かれこれ10年以上前から、我が家の分もついでに搗いてもらっている。

前日に実家から送ってきたもち米をOさんに渡しておくと、

こうしてきれいに形を整えたのし餅を届けてくれる。

柔らかいうちに切って、ラップに包んで冷凍庫へ。

不便な生活を理由にお正月は簡単でいいやと思っていたけれど、やはりお雑煮、煮しめくらいは作らないとね。

 

ところで、 Oさんはutaさんのブログの読者でもある。

彼女にもち米を渡すとき、utaさんから頂いたスコーンをおすそ分け(たった2個だけど)したら、

のし餅と一緒に「りんご」を2個もらった。 

20071228b

ご丁寧に、リンゴに添えられていたカードも一緒に。

20071229

いわての純情りんご・・・みつ姫

岩手の力、こんなところでも発揮しているよ。

イルカが飛んでる・・・

トイレ・洗面所のクロス貼りが終了した夕方、仕上がりを見ようと入ってみると・・・・

20071227d

青い! 青過ぎる!

この白い模様は何だ!  雲?

よ~く見ると・・・・白い模様は・・・・・イルカ!・・・・イルカが飛んでる!

いくら青が好き、泳ぐの好きって言ったって、まさか・・・

私、こんなの注文した?

・・・・・・・・

クロスの色を決める時、分厚い見本帳を渡された。

20071227a

クロスの種類もいろいろあって楽しいけれど、やっぱり無難な白で統一しようと決めていた。

リフォーム会社の人に伝えると、「場所によってクロスの色を変えるのもいいですよ。トイレにはこれなんかどうですか?」

と示されたのがこのサンプル。  

20071227e

全部白と決めていたものの、相手はプロだし・・・と軽い気持ちで変更してしまった。 

そしてそのことをすっかり忘れていた。 もちろんイルカが飛んでるなんて全く気がつかなかった。

クロスが貼られた時はすでに見本帳は返してしまっていたので、咄嗟に「何かの間違いだ」と思い、翌日すぐに電話で確認。でも確かに私が注文した番号だった。 

「張り直しってできる?」

「う~ん、できないことはないですけど・・・後の工程が少々遅れますね・・・・」

トイレ設置が遅れるかもしれない・・・・・・クロス屋さんに落ち度はないし・・・・

夫は「このイルカトイレってのもいいじゃないか。いるかホテルもあることだし・・・・」と、トラブルを避けたがっている様子。

やっぱり諦めるしかないか・・・・

と思っていたら、数日後担当者から

「やはりお客様が気にいらないところを残すのはお客様のストレスにもなりますので・・・・張り替えましょうか?」と言ってきた。

クロスを張る場所は他にもあるので、その時にやってもらえるようだ。

やった~!

再び渡されたクロスの見本帳。 今度は慎重に選ばなければ。

二重織り

火曜日は手織り教室の日。先週お休みしたので久しぶりに午前・午後通しで指導してもらう。

今回は初めての二重織り。 裏と表に違った色が出る二重織りは普通の織物の倍の縦糸を使うので厚みがでる。

選んだ糸はスウェーデンで買ったコットリン(コットンとリネンの混紡)。好きな紺をベースカラーにした。

20071226a

機に縦糸をセットする途中で糸がからまり、先生と仲間に手伝ってもらって何とか完了したものの、かかった時間は約2時間。 糸の扱いがまだまだだとしみじみ思う。

織り始めると早い。 午後からは、ランチョンマットサイズが2枚半ほど織ることができた。 終了間際、先生が最初に織った部分をチェック。 「これ、ブログに使いたいでしょ?」と言われ、取りあえず1枚分を切って持ち帰ることを許された。

20071226 

今のところ模様は入っていないが、次回は表・裏を逆転させて模様を入れてみようと思う。