ジョギング男Hの週末Big Event

Hのジョギング歴は約15年。

きっかけは単身赴任だった。

職住接近で極端な運動不足の生活になったため、それを解消するため、週末帰るマイホーム周辺でジョギングをするようになった。

軽い気持ちで始めたジョギングが、今は会社の駅伝大会・地元の国際マラソン大会に参加するなど、Hにとって「走る」ことは「生甲斐」につながる位大きな意味を持つようになってきた。

そんなHに、ある日会社の若手同僚が声をかけた。

「横浜ー箱根間を駅伝で走りませんか?」

心の中では「待ってました」と思ってるくせに、「いや~、みんなの足を引っ張るんじゃないかなあ・・・」などと謙遜するH。

実は、国際マラソンを走ったことを同僚には言っていない。 

緻密な計画を立てている○君にも、1kmの申告タイムは30秒多く言っておいた。

計画は横浜ー箱根間を11人でつなぐ。 私的なイベントなので車道を走らず、歩道を走る。 自転車2台が伴走。 車は先を走って中継地点で待機し、走者の入れ替えを行う。

横浜6時出発、箱根到着は午後1時半の予定。

イベント当日の土曜日は快晴だった。 

Hの受け持ちは茅ヶ崎ー大磯間11,5km

いつも20~30kmを走るHにとって短い距離。しかも平坦な道路だ。

横浜付近は信号が多く、大幅に遅れて、Hのスタートは1時間遅れ。

スタートする直前、Hは妻に電話。「今から走るよ」

妻は自宅近くを走る時間を見計らって、応援にかけつけた。

20080329

国際マラソンでもらった参加賞のあの赤いTシャツ・・・・・良かった!目立ってる・・・と妻は思った。

大磯~小田原~箱根と続いたリレー。

箱根の山越えは苦しい。 担当するのは若手とは言え、平日しっかり仕事をしている連中が果たしてあんな坂道を走って登れるのだろうか・・・・多分、到着は大幅に遅れるに違いない・・・Hは1週間前箱根へ下見に行った時、そう予測していた。

ところが、どっこい、最終ランナーは計画より30分遅れただけで到着した。

温泉で疲れを癒し、お互いの力走をたたえ合って飲む酒の美味しいこと。 同僚と久々に共有した感動。  「来年も」の声があがったのは言うまでもない。

唯一つ驚いたのは、実際のタイムと申告タイムに30秒以上の差があった走者は2000円のペナルティを払わされたこと。

もちろん、Hは上機嫌で払ったに違いない。

広告

1981年の思い出

土曜の夜、息子が3か月ぶりに帰ってきた。 夫は会社の人たちと箱根へ行っており留守。

夕食後のひと時、二人で昔の写真を見ながら楽しんだ。

「わ~、懐かしいなあ」 と息子が思わず声をあげ、手に取った小さなアルバム。

20080331a

1981年8月・・・

息子は電車が大好きだった。

毎日毎日、飽きることなく電車の本を眺めていた。

そんな息子に本物の迫力を見せたいと思い、ある日大井川鉄道の旅を計画した。

平日で夫は仕事だったため、私一人で子供たちを連れていくことにした。

息子は4歳、娘は1歳半。

息子の手を引き、娘はおんぶ。

確か台風が近づいていて、む~んとする暑い日だった。

20080331d

窓の景色に釘付けの息子。 隣に哺乳瓶でミルク飲む娘。

向かい側に座っている私は、息子の満足げな顔を眺めながら「ああ、来てよかった」と思っていたに違いない。

20080331c

すっかりセピア色に変色した写真。

27年の時の長さを感じる。

 

「お母さん、僕の古い写真全部送ってよ」と、写真を眺めながら息子が言った。

これまで「写真どうするのよ」と聞く度に、「預かっておいて」と言っていた息子。

リフォームで不用品をどんどん処分する様子を知って、危機感を感じたのか・・・

ああ、良かった、これですっきりする

と思う反面、

こうして思い出に出会う機会はなくなるのか・・・

と一抹の寂しさも感じている。

ちりも積もれば

最近はポイントカードをくれるお店が多い。 

年に1・2度程度しか行かないお店のポイントは全く使わないまま忘れられているのだが、

やはり頻繁に行くお店のポイントはありがたい。

その一つが、歩いて数分の所にある食料品スーパーがくれるポイント。 

このスーパーは我が家の食品庫と言ってもいい。

ほぼ毎日のように利用しているので、知らず知らずのうちにポイントがたまる。

買い物金額210円で1ポイント、マイバッグ持参だと1ポイント加算、時折ポイント3倍セールがあったり、5ポイントプレゼント券が配られたりする。 

250ポイントたまると、ポイント券が1枚。

このポイント券は3枚で1000円分の買い物ができるほか、カタログから好きな品物との交換もできるのだが、

現在のポイント券は33枚・・・買い物できる金額にすると11000円。

ずい分たまったなあ~

20080328a

さて、これを3枚1000円でレジでの支払いに利用するか、カタログのちょっぴり贅沢品に交換するか・・・・

う~ん悩んじゃう。

雨戸

プールで

「昨日、雹が降ったよね?」と友人。

私「ええ?いつ~?」

「あら、夕方。 かなり大きな雹だったわよ。知らなかったの?」

全然気がつかなかった。

夕方かあ・・・雨戸閉めてたからなあ・・・窓はペアガラスにしたし・・・見えなかったし、聞こえなかった。

リフォーム前の雨戸は戸袋にしまう引き戸タイプだった。

滑りが悪く重いので、台風の時以外はほとんど戸袋にしまったままの状態だった。

しかも、我が家の敷地は道路から少し入ったところにあるため、通行人から家の中が見える心配もないので、雨戸を閉める必要がほとんどなかった。

ところが、リフォームでシャッター式の雨戸に取り換えたら、なぜか毎日雨戸を閉めている。

とにかく軽い。

ひもを引っ張るだけで雨戸がシュルシュルとおりてくる。(電動式もあるらしいが我が家のは手動)

子供みたいに、そのシュルシュルを使いたくて使いたくて。

不思議なことに、一旦雨戸を使いだすと、夕方閉めないと落ち着かなくなる。

誰かに見られているようで、気になる。

そんなわけで、最近はすっかり閉めることに慣れてしまった。

今のところ、毎日閉めている。

20080327

今のところ・・・・ね。

春の畑

暖かくなってきて、そろそろ畑の季節。

雑草もきっと伸びてきているに違いない。

午前中に行こう・・・と決めていたけれど、昨夕の雨で土はまだ濡れている。

朝出かける夫に、「やっぱり明日にする」と言ったら、

夫は「見てくるだけでもいいんじゃない?」

夫はこの間植えつけたジャガイモの様子が気になっている。 

「見るためだけに車で往復30分もするなんてもったいない!」とガソリン代が気になる私。

でも、自分が水泳に行くときは車を使ってるんだから、ガソリン代云々は勝手な言い訳でしかない。 

幸い陽気がよく、午後には土も乾いてきたので、畑へ行ってみた。

しまった!

20080326a

雑草だらけ。 取り残した大根が雑草の中に・・・。

20080326b

玉ねぎのビニールの穴からも雑草が我が物顔にはびこっている。

リフォームにかこつけて畑からは遠ざかっていたのだが、もっと早く来るべきだったと後悔。

1時間しっかり草むしりをしたが、まだ3分の2が残っている。

夫の気になるじゃがいも・・・・芽はまだ出ていなかった・・・・大丈夫かなあ。

手織りを始めた理由

お花ちゃんに

「なぜ手織りを始めたか、その理由が知りたい」と言われた。

手織りを習い始めたのは55歳の秋。 

その55歳の誕生日あたりから、どういうわけだか、漠然と思い始めていた・・・・・やりたいことでまだやってないことがあるとすれば今がラストチャンスかもしれない・・・・

やりたいことでまだやってないこと・・・・

ずっとずっと前からやってみたいとおもっていたこと・・・それが機織りだった。

でもなぜ機織りだったのか?

布が好きだから・・・手仕事が得意・・・・器用・・・・母の影響・・・・

いろいろ理由がある中で

誰でも簡単にできない・・・というのも魅かれた理由の一つ

簡単にできないから、ずっとあこがれていた。

結婚し長男が誕生した頃に一度、「手織り」を本気でやりたいと思ったことがある。

家の中で暮らす専業主婦を選択したことに満足はしていたが、もう少し自分らしい生き方がしたいと思っていた。

ふと「手織り」を思い出した。

やってみたい。

図書館から「織物」の本を借りて来て毎夜読んでいた。 織り機も糸もないけれど、頭の中で、織っている自分を想像していた。 絶対「私らしい」と確信があった。

しかし当時は育児の真っ最中でしかも社宅住まい。 手織りの世界に入っていく勇気も余裕もなかった。

約30年間経って突然躍り出た昔の「夢」。

勇気も余裕も今ならある。

家族の賛成を得、道具代・月謝などの費用はこれまでアルバイトで貯めてきたお金を使うことにした。

55歳の決断・・・・今のところ間違ってなかったと思う。

20080324

機の前に座っている今の自分が大好きだから。

そろそろ英語モード

家のリフォームも終了しやれやれと思った途端、頭の中からすっかり英語が抜けてることに気がついた。

娘たちがやってくるのは4月中旬。

このままだと、英語で話せなくなりそう。

少しでも頭の中を英語モードにしなければ、とあわてて英語本を読みだした。

夫の推薦本・・・・かなりおもしろいそうな。

果たしておもしろいと思えるところまで読み進めるだろうか・・・

20080324a

あまり自信がない。

陽気に誘われて

暖かな日曜日、陽気に誘われて、箱根までちょこっとドライブ。

箱根の桜が開花するのにはまだちょっと時期が早いが、それでも観光客・車の数はかなりだった。

芦ノ湖から眺めた駒ケ岳

20080323a

ここでコンビニの100円おにぎりを食べて、ほんの10分ほど休憩しただけで、下りてきた。

午後2時・・・・

20080323

お気に入りのバルコニーで昼寝する夫

のどかな日曜日だなあ~。

泳いでスッキリ

週に4回は通っていたスイミング。

ところが、この2~3週間はなにやかやと忙しくて、週に1回か2回行くのが精いっぱいだった。

体がギスギスしているように感じる。

特に昨日。

寒かったせいもあるが、暖房をしてても体が温まらず、「眠い・眠い」を連発していた。

やっぱり泳がないと調子が悪い。

午後、4日ぶりにマスターズクラスで泳ぐ。

ちょっぴり少なめで、1350m。(少なめと言えるようになった自分にちょっとびっくり)

体の芯からホカホカする。

でも眠くない。 

むしろすっきり・爽快な気分だ。

本当に水泳さまさま。

20080321

来週からは絶対週4回をキープしたい。

未整理引出し

せっかくの祝日

なのに外は雨

このところずっと頑張って荷物を片付けていたので、少し疲れも感じるし

家で静かに過ごせということか

でも

やっぱりじっとしてられない

前々から気になっていた未整理引出し

20080320 (2)

銀行・証券会社から送られてくるお知らせや、ガス代・電話代などの領収書の類は1か月もすればあっと言う間に引き出しいっぱいになる。

リフォーム期間中まったく手つかずだった未整理引出しは満杯状態で、実際にはこの他にもかなり。

リフォームの支出に加え、ドル安・株安による目減り、数々の値上げ・・・

お金に関することとは向き合いたくない気分だが

こういう雨の日でなくては落ち着いてできそうにもないし・・・

本日の予定・・・午前中は機織り・午後は書類整理

スウェーデンスタイル その3

居間が狭い。

和室が活用されていない。

客用布団・・・めったに使わないけれどスペースを取る。 

これらの不満を一挙に解決できると思ったのがIKEAのソファベッド。

月曜日に品物が届き、自力で組み立てた。

カバーは私色のダークブルー。

20080319f  

ソファとしては少々不格好ではあるけれど

広げるとダブルベッドに変身

20080319d

ベッド下は収納箱

20080319c

エリザベスの後ろの格子戸を引くと、夜は客用寝室として使える。

20080319b

難点?・・・・ないわけではない。

スウェーデン人の身長にあわせてあるせいか、座面の奥行が深くしかも高い。

私が座ると子供がソファに座ってるみたいに足が浮く。

しかし、寝っ転がるには最適。

今後我が家に来る皆様、どうぞこのソファで寝っ転がってみてくださいな。  

スウェーデンスタイル その2

座布団カバーを取り換えた。

以前のカバーは和風

20080318a

汚れていたのは処分してこの1枚だけ残した。 

取り換えたカバーは3種類。以前スウェーデンで購入した布で作った。

20080318b

モダンなデザインのねこちゃん

20080318c

北欧ならではのムース(ヘラジカ)のデザイン

20080318e

馬か犬かわからないデザイン

裏側は

20080318d

すっかりスウェーデンスタイルになった我が家の座布団。

娘たちの帰国が待ち遠しくなってきた。

湘南国際マラソン

とうとう、湘南国際マラソンの日3月16日がやってきた。

200803161216

前回は実家の行事で泣く泣く断念した夫。 夫にとっては待ちに待ったマラソン初挑戦の日だ。

フルマラソンは正式には42.195kmだが、今回の第2回湘南国際マラソンは昨年の台風でコースの一部道路が寸断されたため、30kmでの開催となった。

総参加者14000人。 東京マラソン程ではないものの、かなり大きい大会だ。 ゲストランナーはワイナイナ。 有名人では東国原知事も参加。

夫はこれまでハーフマラソンの経験は何度かしているが、30kmは初めて。 ずいぶん前からこの日のためにトレーニングを重ねてきた。 いよいよその成果が見られる日。 果たして完走できるか・・・・

当日早朝5時半起床。 朝食はお雑煮。 お餅4個も食べしっかり準備。 7時半、会場近くまで車で送る。

私は応援のため9時過ぎ、スタートから5km付近の場所にかけつけた。

スタートは9時半。 5km付近だから先頭がくるのは15分過ぎたころ。 先頭はやはりワイナイナ。

いくつかの集団が過ぎた後、大勢のランナーたちが途切れることなく続々とやってくる。

夫を捜さねば・・・・と思いつつ

20080317a

あっ、おもしろい! やっぱり目立つ格好がいいな、とシャッターと押す。

何枚か撮ったところで、カメラがピッピ。「メモリー容量がなくなりました」と出るではないか。

えええ? まだ夫を見つけていないのに・・・

あわてて、画像を消去・・・・・きゃっ、朝のお雑煮の写真も消去しちゃった・・・・

その間もランナーはどんどん目の前を通り過ぎて行く。

結局、「行き」のコースでは夫を見つけることができなかった。

1時間ほど待つと、反対車線にランナーたちが戻ってくる。

今度こそ・・・・とカメラを構えながら待つ。

誰かが、「東国原知事よ~」と叫ぶ。

シャッターを押そうと思った時には、もう通り過ぎていた。

「そもそも一人で応援・写真撮影は無理だ」と思いつつも、右手にデジカメ、念のため左手に携帯カメラを持って待つ。

あっ、来た、夫だ。

デジカメのシャッターを切る。 直後に携帯電話のカメラも。

200803161145a

よかった!撮れました。 

目立つようにとスウェーデン国旗のTシャツを着たけれど、こんなんじゃ全然目立たなかった。

やっぱり こんなのとか

20080317c

このくらい目立つ格好をしないとね。

20080317e

昼過ぎ、メイン会場にいる夫から電話があった。

「完走したよ。 時間は多分2時間43分ほど。 2時間30分を目指してたから70点だな。」

時間はともかく、やったじゃない。 えらいよ。 あの暑さで、その年齢で。 

参加賞として頂いたTシャツ。

20080317f

今年60歳の夫にふさわしいではないか。 

この目立つ赤を着て来年もきっと走るのだろう。

夫の新たな挑戦がまた始まる。

納戸

我が家には台所脇に広さ3畳の納戸がある。

リフォームする際、「ここを台所にすると、居間・食堂が広くなりますよ」と言われたが固く断った。

納戸は私にとっは絶対必要な場所。

急な来客のとき、散らかしたものを納戸に隠せる。

古くなったベビーダンスも納戸では大活躍。

古新聞、古いアルバム、大工道具、薬箱・・・・・すべて納戸。

台所のすぐそばというのが何とも便利で、30年間ずっと「納戸があってよかった」と思ってきた。

今回のリフォームで納戸も壁・床・天井はすべて張り替えてもらったのだが・・・・

20080316

ほとんど見えなくなった。

この棚の向かい側には、整理ダンスと食器棚。

手織り機が置いてある趣味の部屋も自慢ではあるけれど、

主婦としてはやっぱりこの納戸が一番自慢できる場所かな?

祝 完成

宅配便で届いた大きな箱。

たて・よこ50cm、高さ1m2~30cmはある。

えっ? これは一体何? 収納ボックスなんて注文してないし・・・・

開けてびっくり!

20080315

立派な胡蝶蘭だ。

送り主はリフォーム会社。 

なかなか気の利いたことをやってくれるじゃない。 

荷物の片付けがほぼ終わりホッと一息ついたときだったので、とてもうれしかった。

ただひとつ不安が。

こんな高価なものを、植物を苦手とする私がちゃんと管理できるだろうか・・・・

リフォーム会社へ電話。

すっかり親しくなった担当のNさんにお礼を伝えるとともに

「私、管理が全然だめなので時々みずやりに来てね。」

と一言添えた。

入らない!

リフォームも終了。 

見学会の翌日、トランクルームに預けていた荷物が戻ってきた。

いよいよ私の出番。

山のように積まれた段ボール箱・・・・・わー、こんなにあったのかあー・・・・・溜息が出そう。 

うすうす感じてはいたけれど、戻ってきた荷物が入りそうにない!

収納場所の合計面積はそんなに変わっていないが、できるだけ古いものは表に出したくないので

押入れや納戸に引っ込めることになり、どうしても全部の荷物が収まりきらない。

計算違いもある。

子供たちが帰ってきたときのための布団だ。 これまで一応4人分は常備していたが、それらを減らして新しくIKEAのソファベッドを購入することにしていた。 このソファベッドはダブルベッドサイズになるので、一挙に蒲団が減る。

ところが、以前、焼却場へ直接運んだのは、こたつ布団と座布団だけで客用の布団はそのままトランクルームに預けていたのだ。

座布団を処分するのだって、かなり勇気がいったのに・・・・・・。

客用布団は、結婚した時に持ってきたもので、30年経ってるから古い。 木綿綿の布団で重い。

でもとてもきれい。

しかし決断した。

20080313

車のバックに積んでいざ焼却場へ。

母がこれを見たら泣くかなあ・・・・ごめん。

感激100%の瞬間

歌い終わった。

拍手。

メンバー5人でお礼。

頭をあげたその瞬間、

Yukoさ~ん

会場から突然大声で私の名前を叫んだ人が・・・。

ああああ・・・・・

utaさんだっ

H市の合唱祭だけでなく横浜でのママさんコーラス大会にも長年参加しているが、会場から個人の名前を呼ぶのを聞いたのは今回が初めて。

少し恥ずかしかったけれど、うれしかった。 

とてもとてもうれしかった。

 

アンサンブルKambaの練習が始まったのは昨年10月。

K一家の音楽活動が盛んになるにつれ、5人そろっての練習日を確保するのが難しくなっているのだが、それでも最低月2回は集まって練習。

音楽家一家の目指す音楽はレベルが高い。 私のように専門の教育を受けていない人間を仲間に加えてくださったのはいいのだが、足を引っ張っているのは確実で、彼らと私の格差をいかに縮めるか・・・・私が努力する以外にない。

「おなかの支えをしっかり・・・」「もちあげるように・・・・」「体の中でリズムを刻む・・・」

K家の兄弟に指摘されたたくさんの注意点。

彼らはほんの少しの音の違いも決して聞き逃さない。

前日のリハーサルでも、何度も注意された。

家へ帰っていやと言うほど繰り返して練習、蒲団に入ってからも頭の中で歌う。

当日朝も練習。 リフォーム見学会のことは頭から消去、歌うことだけに集中した。

そうして迎えた本番。 

utaさんが来てくれる。 私の歌を聴くために、わざわざ盛岡から。

キルト仲間も来てくれる。

そして夫も。

だから、思いっきり、楽しく歌おうと心に決めていた。

小さいミスはもちろんたくさんあったけれど、大きな失敗はなく無事歌い終えた。

そのホッとした瞬間に聞いた「Yukoさ~ん」。

舞台袖へ歩きながらジワリジワリとこみあげてくるあの感激を

私は一生忘れない。

そしていただいたプレゼント

20080310

このグルグルレインボーフェルトは

私の歌のお守りにします。

utaさん、本当にありがとう。

utaさん、今度は私が盛岡へあなたの歌を聴きにいきます。

完成見学会

ついに、ついに、ようやく、やっと完成!

3か月に及んだリフォームが今週末で完成する。

先日の朝刊に入った見学会案内の折り込みちらし

20080307

「施主様のご趣味室と新設のルーフバルコニー」

ふふふ、営業担当者も我が家の特徴をちゃ~んとおさえてるじゃないの。

私の趣味室を見てもらえるのは結構うれしいな・・・・と思った途端、

織り機に糸がかかってないことが気になり始めた。

せっかく織り機があるのに、糸がかかってないと雰囲気でないなあ・・・・

早速、糸をかけた。

まだ片付いてないけど、ちらっ。

20080307a

ルーフバルコニーは

20080307b

傾斜もゆるやかになり、ばっちり。

さて見学会は今度の土日。

残念ながら、私は合唱祭のため両日ともほとんど留守。

見学に来た人たちが一体どんな感想をもらすのか・・・・

気にはなるけれど、

私はひたすら「歌」に集中するつもり。

がんばらないぞ

先週から右腕の腱が痛む。

どうやら、2階のリフォーム終了後荷物の移動をしていた時にひねったらしい。

やりだすとついつい夢中になり、頑張りすぎてしまう悪い癖。

それにしてもあの程度の作業で痛めてしまうなんて・・・・・老化だろうな。

来週の月曜日には、トランクルームに預けていた荷物が戻ってくる。

大量の荷物の整理は私の仕事。 腕が痛いとはかどらない。

なんとしてでも悪化しないように、できれば回復させねば・・・・

接骨院へ行く暇もないので、処置を真似る。

20080305

ラブをたっぷりすりこんで、温湿布。

今週はできるだけ「がんばらない」ようにしよう。

言葉の意味

昨日の言葉の意味は

Mormor 母方のおばあちゃん

Morfar 母方のおじいちゃん

ということは

Farmor 父方のおばあちゃん

Farfar 父方のおじいちゃん

英語でも日本語でも祖父母を呼ぶ場合、父方・母方の区別はしないが

スウェーデン語は合理的と言うか、いや、理屈っぽいと言うべきか、ちゃんと区別して呼ぶのだそうだ。

父方と母方のおばあちゃん二人が同席している場合、「どっちのおばあちゃん?」なんて聞く必要がないので、なかなか便利なのだが・・・・

娘と息子がいれば、娘の子供にはMormorと呼ばれ、息子の子供にはFarmorと呼ばれることになる。

これも結構ややこしいわね。

スウェーデンスタイル

食器をふくキッチンクロス

20080302

スウェーデンのスーパーで3枚一組で売っていた。 

日本のものに比べてかなり大判。

一番の違いはひっかけるひもがついていること。

スウェーデンでは、キッチンクロスやタオル類にはすべてこのひもがついていて、これをフックにかけていた。

我が家も真似して、洗面所のタオルもフックにかけているが、慣れると意外と便利。 いちいち広げて掛ける面倒がない。

台所のキッチンクロスは一枚あれば十分なのだが・・・・

2枚あると台所の雰囲気はかなり楽しくなる。

もっといろんな色を楽しんでみたい・・・・そうだ、4月に帰国する娘に買ってきてもらおうっと。