燕岳登山 Part2

7月27日

中房温泉の宿は登山口のすぐそばにあるので、朝はゆっくりスタート。

7時朝食。 支度を終え歩き始めたのは8時前だった。

登山口からは急な上りが3時間続く。

3時間というのは、地図に書かれた参考タイム。 これは40~50歳の登山経験のある男性が上った場合のタイムだという。

私の場合、この時間で行けるはずがなく、夫はいつも1.5倍~2倍の時間を見込んで計画を立ててくれている。

森の中はひんやりしている。 じっとしてると寒いくらいの気温。 

しかし歩き始めると同時に汗が流れ出す。 いや噴き出す。

息をしっかり吐いて、一歩一歩ゆっくり登る。

途中下りの人たちとすれ違う。 

上りの我々を優先させてくれるのはありがたいのだが、

「こんにちは」「がんばってください」とかけられる挨拶に、返す余裕など私にはない。 

もちろん周りの景色を楽しむ余裕もない。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

そもそも登山など、私の趣味ではなかった。(今でも趣味とまでは言えないが・・・) 

実家は町中の商店。 両親ともアウトドアを楽しむような人間ではなかったし、その時間的余裕もなかった。

学校行事の登山でも楽しい思い出など皆無だ。 

結婚し、夫が山好きとわかったあとも、一緒に登ろうなんて思ったことはなかった。

ところが、

子供たちが幼稚園・小学校へ行きだすと、夏休みにどこかへ、となったとき、「山」が出てきた。

幼稚園の子供の足に合わせて行くんだったら、私も大丈夫そう、と一緒に登ったのが最初だ。

家族で登ってみて、重要なメリットを発見。

「家で実権を握っているのはお母さん」と思っていた子供たちに、山ではお父さんがリーダー、お母さんは静かに控えているといった光景を見せることができる。 登山は家庭の力関係を正しく修正する絶好の機会なのだ。

その後、1年に1度ほど、夫について歩くようになった。

ゆっくりでも自分のペースで歩けば、私でもちゃんと頂上に到達することができ、達成感を味わうことができるのだ。

それでも、歩くのは相変わらず遅い。 リュックも山登り大好きおばさんたちよりずっと軽目。 高山植物の名前も一向に覚えられない。 山ではいつもビギナーだ。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

約30分ごとに休憩しながら、きつい登りが終了する地点「合戦小屋」に着いた。 

20080727 (2)

中房温泉で作ってもらったお弁当・・・チャーシュー、シイタケがたっぷりの中華風おこわを食べる。

20080727 (3)a

一応笑顔の私

20080727 (1)

翌日縦走予定の大天井岳

燕岳のそばにある燕山荘に到着したのは、午後1時過ぎ。  

山小屋で部屋に案内されている時、雨が降り始めた。 ラッキー!

雨はだんだん強くなる。 風も強い。

燕岳の頂上へは小屋から30分だが、この日の登頂は断念した。

20080727 (12)

夕方、雨は上がり、槍ヶ岳がくっきり見えた。

20080727 (18)

燕山荘と燕岳

後で聞いてわかったのだが、

午後からの雨は雷も伴っていたようで、我々の後から登ってきた人たちの中には、怖くて途中で引き返した人もいたようだ。

う~ん、明日の天気が気になる。

燕岳登山 Part2」への6件のフィードバック

  1. 一応笑顔の私が気に入りました。顔の表情知っているからちょっとそんな感じがわかる。
    雨降ってきて、ラッキーってのもらしくていい。
    hiroshi !鞭打て!

  2. utaさん、言われてみると、
    雨が降り始めたその時は、ラッキーって思わなかったかもしれない。
    後から聞いた話で、そう思ったんだった。
    あの時の気持ちは、やはり「せっかく上ったのに、この天気かあ」と残念な気持ちだったような。
    ごめん。

  3. 登山的な身体とそうでない身体と2種類の人種がいるのかと思ってしまいます。
    登っている間は登ることだけに専念し、意識はいつも足下に・・・
    心臓の働き具合と相談しながら、まだ大丈夫、もう少し登ったら目的地に、それまで辛抱し、我慢の連続・・・
    これが登山なのか?
    いつも登山をするときはこんな気持ちとの闘いです。
    あたりの眺望が開け、周りを見渡すときの爽快感、適度な風が身体を冷やし、この時ばかりは登った甲斐があったと思う。
    しかし、この爽快感も一瞬に過ぎてしまう、まるで人生の道程と同じようです。
    何故?こんなことをするのだろう? 自分に負けまいとする気持ちがあるからなのか?
    人に弱みを見せたくない、そんな気持ちがあるのか?
    なんか仕組まれた道を歩み続けているような 何か知らぬ力が働いているような気がします。

  4. のりさん、全くおっしゃる通りです。
    夫は心臓も足も丈夫。私の心臓は丈夫ですけど、違う意味でね。
     
    そんな私ですが、黙々と自分に問いかけながら頂上をめざす「登り」は決して嫌いではありません。
    たぶん、このような苦痛も目的地があるから我慢できるのでしょう。 むしろ目的地に向かう苦痛の中でこそ、生きていると感じられるような気がします。
    生き方に代えて言えば、「夢」があれば、つらくても生きられる。 逆に「夢」「希望」がなければ、人は前向きに生きられないということでしょうか・・・。

  5. おはようございます・・登頂おめでとう!!
    疲れもとれてもう活動されていますよね~??
    我が家の力関係はどんな場面なのか・・すべて私がひいてるかも^^座布団のように!
    今日からガンガン泳いでください。

  6. お花ちゃん、実はまだ足が痛くて、家の階段の上り下りがとてもつらい。
    今日の水泳も迷ってま~す。
     
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中