祈りを縫う

数か月前、友人からアメリカ土産にベビーキルトのプリント布をもらった。

キルト綿と裏布をあててキルティングするだけの簡単ベビーキルト。

その気になれば、いつでもできるからとずっと畳んだままだった。

あわててキルティングを始めた。

やわらかいベビー色に包まれて 私は

 

ひと針ひと針、祈りを込めて縫う。

母性愛のリレー

実家の母から電話がかかった。

いきなり母の声だったので、ちょっと驚いた。

母は耳が遠いので、こちらから何か伝えたいときも直接電話をすることはなく、いつも姉を通じて伝えてもらっていたから。

「赤ちゃんはきっと大丈夫よ。 あなたも心配し過ぎて体を壊すことがないようにね。」と言われた。

私を励ますくらい元気になってることがうれしく、また、どこまでも私の健康を気遣ってくれている母の愛情が身にしみる。

娘である私を励ます母。

娘を励ます私。

孫を励ます娘。

母性愛のリレーだ。

神頼み

低体重で生まれた赤ちゃんは特別室に入っているらしい。

こちらからかける電話に、娘はつい弱音を吐く。

「母親がそんな弱気でどうするの! しっかりしなさい。」と励ます。

「お母さん、祈ってて・・・」と娘。

うんうん・・・・わかった。

 

普段は全く無視されている我が家の神棚に頭を下げる。

どうか赤ちゃんが無事に成長しますように。

よかったー!

孫が生まれた。

予定日よりかなり早い出産だったが母子ともに無事・・・・よかった~。

 

日曜日午後3時、娘が突然電話をかけてきた。 

今にも泣きそうな声だ。

「これから陣痛が始まるみたいなの・・・・こんなことになるなんて・・・」

彼女の不安が伝わってくる。

何しろ予定日はまだ1か月先なのだ。 

夫に告げると「すぐに行ってやれ」と言う。

インターネットで航空券をチェック。

う~ん格安チケットは無理だ。  となると、ものすごく高い!

夫は「そんなこと言ってる場合じゃないっ!」

でも・・・・明日というわけにはいかない。 準備を考えると明後日・・・これじゃ、間に合わないではないか。

ああ~、やっぱりスウェーデンは遠い。

ここは冷静に考えよう。

彼女のそばにはちゃんとパートナーDがついているのだ。

娘がスウェーデン人のDと出会い、スウェーデンに住むと決めた時から、彼女の人生のすべてを彼に託したのだ。

ここはやはり私の夫の指示より、彼の指示に従おう。

急いで彼にメールを書く。

「私のヘルプが必要とあなたが判断したら、連絡してください。 それまで待機しています。」

冷静な自分がいる一方で、早産という不安と陣痛で苦しんでいる娘を思うといてもたってもいられずおろおろする自分。

夜7時半・・・再び娘から電話が入った。

「もう生まれちゃったよ~。 赤ちゃんも無事だよ。」

えええっ!  もう生まれたの?  ほんと? 

ワ~、バンサ~イ、よかった、よかった。

祝杯だ!

うれし涙が止まらない。

藍染体験

手織り教室では年に1度、丸一日をかけて糸染の実習をするのだが、

今年は、八王子にある藍染工房に出向き、本格的藍染を行った。

白糸を前日から水に浸し、出かける日の朝、洗濯機で脱水。

20080822a

普段は江戸小紋の浴衣を染めている工房

20080822f

暗い工房の中には藍甕が10個ほど並ぶ。

20080822b

 20080822c

テレビでは見たことがあるが、実際に体験するのは初めて。

甕の中に落ちるんじゃないかとハラハラしながらの作業だった。

 20080822d

染めた糸を洗って干す。  色を濃くしたければ、染め・洗い・干すを何度か繰り返す。

20080822e

私が染めた糸は麻・木綿・ラミーなど1.5kg

20080822g

大好きな藍染めの糸・・・・眺めているだけでも幸せ!