藍染体験

手織り教室では年に1度、丸一日をかけて糸染の実習をするのだが、

今年は、八王子にある藍染工房に出向き、本格的藍染を行った。

白糸を前日から水に浸し、出かける日の朝、洗濯機で脱水。

20080822a

普段は江戸小紋の浴衣を染めている工房

20080822f

暗い工房の中には藍甕が10個ほど並ぶ。

20080822b

 20080822c

テレビでは見たことがあるが、実際に体験するのは初めて。

甕の中に落ちるんじゃないかとハラハラしながらの作業だった。

 20080822d

染めた糸を洗って干す。  色を濃くしたければ、染め・洗い・干すを何度か繰り返す。

20080822e

私が染めた糸は麻・木綿・ラミーなど1.5kg

20080822g

大好きな藍染めの糸・・・・眺めているだけでも幸せ!

藍染体験」への7件のフィードバック

  1. 綺麗な色に染め上がっていますね。
    これは何回染めたのですか?
    ラミーの糸は聞き慣れない名前です。

  2. そういえば、浴衣が安く、花火見物の帰りに浴衣を脱ぎ捨てて帰ってくる若い人達がいると報道されていましたが、
    もったいない精神からいったら とんでもない話ですね。

  3. この作業は腰が要?かなりきつそう。
    前テレビで藍染めの作業を見た事あるけど、爪まですっかり藍色だった。

  4. のりさん
    濃い色は2度染めました。
    でも乾くと色は少し薄くなります。
    また、洗う度に染料が落ちるので、もう少し濃くても良かったかなあと・・・
    ラミーは苧麻、リネンは亜麻の繊維でできた糸だそうです。
     
    最近、若い人の浴衣姿をよく見かけますが、なんだかぐじゅぐじゅの着方でちっとも美しくないですよね。
    自分で着物を着られない私じゃ説得力ないのですが、美しい着方ちゃんと習いなさいと言いたいですね。

  5. カメに浸けてる時間はそんなに長くないんだけど、洗う作業も結構大変で、確かに腰は疲れる。
    私たちはゴム手袋を付けて作業したけど、肌についても石鹸で洗えばとれるの。
    こういう染物屋さん、昔はたくさんあったでしょうけど今は本当に少ないので、貴重な体験でした。

  6. ガンガン泳いできましたか??
    綺麗な藍色ですね~
    この一本、一本の糸が何に変身するのか楽しみにしています。
     

  7. お花ちゃん
    泳ぎましたよ。
    泳いだ後はルンルンなんだけど、
    マスターズが始まる直前はやっぱり緊張するのよね。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中