綿の糸

畑から帰ってきた夫が、「綿の実が開いてたよ」と知らせてくれた。

「あら、取ってきてくれればよかったのに・・・・・」と言ったら、

「実が木についてるところを写真に撮りたいんじゃないかと思って・・・」と、またまた夫流の優しさをちらり。

「ガソリン高いのになあ・・・・」と思いつつ、カメラを持って畑へ。

20090929a

ぱっくり口を開けてる綿の実。

早速持ち帰り、殻から綿を取り出す。

20080929b

そ~っと広げて見ると、種が7個ずつ入っている。

綿にくるまれた種を丁寧に取り除く。

 

上の写真は綿の実1個分。  

その日のうちに、糸車でくるくるした。

綿の実4個分が

 

ほら、こんな風に糸になった。

広告

母の部屋から

金曜午後から実家へ来ている。
父が1泊旅行で出かけるため、その間だけのピンチヒッター。
 
久しぶりの母の部屋は、以前よりずっとにぎやかになっていた。
ベッドのそばの小さいテーブルには、色とりどりの折り紙・ボンド・洗濯バサミ・ハサミなどが
並んでいる。
作品も部屋中に・・・・
20080927e
母が勝手に「ボンボン」と呼んでいる多面体折り紙。
 
20080927g
大判多面体
 
20080927f
菊の花
 
20080927d
花ボール
 
「折り紙といえども侮るなかれ。なかなか難しいのよ。」と言う母、
作品の作り方を忘れないようにと、各作品についてファイルを作成している。
20080927b
 
20080927c
 
20080927a

驚いた・・・・お見事!
 

ついでに、お人形3体。
20080927h
こどもの日を祝う3人の子供たち
テレビの上で、24時間母を見守っている。

散歩・・・湘南平

夫に誘われ、久しぶりに散歩に出かけた。

行き先は湘南平。  

H市とO町にまたがる丘陵地のてっぺんをそう呼んでいる。

標高は181m。 一帯を高麗山公園とも呼ぶらしい。

我が家から徒歩10分ほどのところに登り口がある。

車が頻繁に行き交う車道の脇から細い山道がのびている。

ほんのちょっと歩いただけで、うっそうとした森に入る。

20080924a

気温も高かったせいか、かなり汗がでてきた。 

休憩地点で一息ついた。   お地蔵さま・・・女の子2人・・・・どんな願いが込められているんだろう・・・。

20080924b

この場所から、町の海側一帯が一望できる。 空気が澄んでいれば、江ノ島も見えるはず。

20080924c

山は市民の庭のような存在で、多くの人がハイキングコースとして親しんでいるが、

気をつけなければいけないらしい。

20080924e

尾根の途中に咲く彼岸花・・・・夫が「出かけよう」と誘った第一の理由はこれ。

20080924g

いつもより花の数が少ない気がしたが・・・・

20080924i

紅色の彼岸花は美しく咲いていた。

20080924j

湘南平・・・午後3時

体中に汗をかき、濡れた木綿のシャツがひんやりして気持ちがいい。

うつむいてばかりの日が続いていたせいか、

久しぶりに見上げた空はまぶしかった。

休まない

どんなに気持ちが暗くても

「泳ぎ」は休まない。 

「前向きにがんがん泳ぐ」気分ではないなあ・・・と思いつつも、

一旦スタートすると、タイムに追われ、泳ぐことに集中する。

余計なことも考えずひたすら泳ぐ。

適度な疲労と適度な充実感は、心の沈みをかろうじてストップしてくれるのでありがたい。

今日の、泳いだ距離1400m。 う~ん、満足!

泳ぎのほかに、「織り」も「紡ぎ」も休まない。

先日の藍染木綿はこんな風合いに・・・・

20080920a

ウール・アルパカミックス原毛を紡いだらこんな糸に・・・

20080922b

集中できる何かがあって、本当によかった。

購買欲

最近、物を買わなくなった・・・・特に洋服・雑貨類。

不景気のせいというわけではなく、興味がなくなったようだ。

物欲がなくなる・・・・って、年のせいかもしれない。

今後の年金生活に向けて、つましくなるのは悪くない。

と思っていたのだが・・・・

 

見るとつい買いたくなるものがあったことに気がついた。

20080918a

綿糸

20080918b

那須の牧場で飼われているアルパカ「レイン」ちゃんの毛

20080918d

20080918c

羊毛(数種の羊の毛をミックスしたもの)

どうやら、私の物欲は極端に偏っているだけ。

「買うまい」と思って出かけたはずの東京スピニングパーティで、 

結局買ってしまった。

この購買欲は制作意欲につながるから良しとしよう・・・と自分に言い聞かせる。

だが、きっと夫は言うだろう。

「その制作意欲が販売意欲に向かうことを願ってるよ」と。

おでかけ

今日はこれから、手織り教室で計画していた、東京スピニングパーティ見学におでかけ。

糸紡ぎ関連のお店が集まり、ワークショップも開かれるらしい。

20080916

うつうつしている気分も少し晴れるかな?

テーブルランナー4点

20080914

昨夜、いつものように一日おきの国際電話をかけた。

娘の嗚咽する声が聞こえる。

「泣いてもいいよ」というのがやっと。

そして、私も一緒に泣いた。

スウェーデンへの出発まであと半月あまり。

はやる気持を抑え、

明日は新しい糸を機にかけよう。

懐かしい味

帰省するときまって買いたくなる食品がいくつかある。 

一つは「ごまみそ」

20080913d

これさえあれば、胡麻和えはアッと言う間に出来上がるのだ。

なぜかこの手の食品がこちらのスーパーでは手に入らないので、いつも3~4個買って帰る。

これを使うたびに、子供の頃、私がすり鉢を抑え、母がすりこぎを回していた情景を思い出す。

 

もう一つ買っておきたい食品は昆布。

昆布も近くのスーパーにあるにはあるが、田舎の昆布とは微妙に違う。

20080913a

酢の物、漬物などに少々入れるとぐっと味が引き立つ「きざみ昆布」

20080913b

細かく細かく刻んだ「たたき昆布」

ご飯に振りかけて食べるのが一般的だが、私の中学の給食では、この「たたき昆布」が食パンのお皿に添えられていた。

ちぎった食パンにこの「たたき昆布」を付けて食べるのだが、案外おいしい。 

20080913c

これは「おにぎり昆布」 

おにぎりにまぶしやすいよう、たたき昆布より長めに刻んである。 

おにぎりの中の梅干しとこの昆布の味のハーモニーは最高!

これを食べると、子供のころの遠足を思い出す。

 

「懐かしい味」があるというのは、ふるさとを離れているからなのか・・・

自分の食生活が変わってしまったからなのか・・・・

いずれにしろ、私とふるさとを繋ぐ「懐かしい味」があることは、幸せである。

さて、私の子供たちの「懐かしい味」とは一体何だろう・・・・

バッタ

畑でとれた野菜を台所に置いたとき

小さなバッタの赤ちゃんを見つけた。

一瞬葉っぱ屑かと思ったくらい小さなバッタ

全長はわずか1cmほどだった。

野菜と一緒について来てしまったよう。

気がつかなかったら、水にながしていたかもしれない。

生ゴミと一緒にポイしてたかもしれないバッタ。

その時、飼おうなんて思ったわけではないが、とりあえずそのままにしておいた。

翌日、バッタは窓際のカーテンにくっついていた。 

そのうち弱って死んじゃうんだろうな・・・・

と思いつつ、外に逃がしてやることもせず、ずっと眺めていた。 

次の日も、その次の日もずっと同じ場所に止まっていた。

あれから約20日・・・・・

今日のバッタ

20080910a

体長は約3cm。

いつも同じ場所にいるので、一体、何時、何を食べて成長しているのか、まったくのナゾ。

そろそろ外に逃がしてやろうかな・・・・

気持ちを切り替えて

気になることは山ほどあるけれど、

気持ちを切り替えて、新しい模様織りに挑戦。

スウェーデン織の本の中で見つけた柄

20080907

品が良くて、気に入っている。

踏み木6本をフルに使って織る。

3-1、4-6、3-2、4-5、・・・・・・と声を出しながら。

新しいことに集中していると、

新しい力が湧いてくるような気がする。

仕上げの最後に

ベビーキルトが出来上がった。

赤ちゃんはまだ入院中なので急ぐことはないのだが、

私の思いを一日でも早く届けたくて、この数日間は「早く、早く」とひたすらキルティングに専念していた。

いつものように仕上げの最後に、サインと日付を入れる。

そして、赤ちゃんの名前も入れた。

20080905 

赤ちゃんの名前?

 IMGP2648

Momoko

です。

健康診断

夫の会社の健康保険組合では、主婦を対象とした健康診断も行っている。

もちろん組合は健康診断の費用を負担しているだけで、診断を行うのは最寄りの医療機関。

今年も市内の病院で検査をしてもらった。

検査はいつものように朝からと思っていたら、今回の予約は午後1時半から。

食事は6時間前までに、軽いものと書いてあった。

ということは、7時半までに食べ、その後飲食はできない。

そう思っただけで、緊張する。

動けばのどが渇くし、お腹も空く・・・・

ならば、じっとしていたほうがいい

と、午前中はずっと布団の中で本を読んだり、うとうと眠ったり・・・

病院へは車で行った。

検査は短時間で終わったのだが、最後の問診で、

「心電図によると、洞性徐脈ですね・・・・6ヶ月後再検査してください」と言われる。

ぎょっ!

洞性徐脈って?

心拍数が50/分以下を言うらしい。

私の数値は40台・・・・

帰宅後あわてて「洞性徐脈」について調べる。

・・・・・正常人でもよく睡眠中に認められ(迷走神経の緊張時)、またスポーツマンでも時々みとめられます。・・・・

さて、私の場合

午前中の眠りからさめていなかった?

いや、もしかして、私ってスポーツマン?

綿の実

日曜日は久しぶりの晴天だったが、私は出かける気力がわかず、一日中家で過ごした。

一方夫は、なぜか元気。 

早朝のジョギングの後は昼ごろまで畑仕事をし、冬野菜を植えるための土作りをしたようだ。

ついでに夫が撮ってきてくれた綿の写真

20080901b

下の部分に大きい実がついている。 

これが大きくなると

20080901f

こんな風になるはず・・・・(写真の綿は友人からいただいたもの)