水仙

我が家の庭の東側の隅っこで
水仙が咲き出した
 
昨年の今頃はリフォームまっただ中で、この場所には資材やら廃材が
乱雑に置かれていた。確か花は咲かなかったはず。
 
決して日当たりがいいとは言えない場所なのに、今年は頑張ってる。
 
少し離れたところにも
ポツンと一人ぼっちの水仙
 
今日は雨
気温は高め。
春の気配を感じる雨。
 
夕方までにショールを仕上げよう。
広告

ブーツ

ブーツを買った。
 
そもそも、おしゃれして町へ出かける、なんてことが少ない。
毎日の外出先は、プールとスーパーくらいで、移動はいつも車か自転車。
寒空の下テクテク歩くことは滅多にないので、
ブーツが絶対必要というわけではないのだが、
来週出かける先は、気温零下と聞く。
足もとの寒さが気になりだした。
 
 
デパートではちょうどブーツがセール中だった。
私のような太っちょ足にあうブーツあるかなあ・・・・
ロングはだめ。
ヒールの高いのもだめ。
カジュアルなものもだめ・・・
 
履きやすく、かつ、かっこいいの・・・・
 
各靴店のブーツコーナーを何度も何度も行ったり来たり・・・
 
あった! 
予算は超えてたが、即購入。
 
日頃つましい生活を心がけている専業主婦としては
贅沢な買い物をしてしまったけれど、
精神状態はすこぶるよろしい。
 

娘からのメッセージ

孫の桃ちゃんが亡くなって、8日が過ぎた。
わずか5か月足らずの命だった。
「孫」「おばあちゃん」の言葉にもまだ慣れていなかったのに・・・・
悲しみから抜け出せないでいる私に
娘がメールをくれた。
 
言葉にだして吐き出した方がいいよ・・・
 
私が彼女を慰めてやらなきゃいけない立場なのに、
娘の方がしっかりしている。
 
友人たちに宛てて書いたメールも添付されていた。
 
これまで、私の周りの人たちからも随分励ましをいただいた。
多分、このブログを読んでくださった方たちの中にも、
気にかけてくだっていた人がいるかもしれない。
 
その方たちにも、彼女のお礼の気持ちを伝えたいので、
そのメールをここに載せようと思う。
 
 ☆ ☆ ☆
 
先週の日曜日、1月18日に、娘の桃子が小さな天使となりました。
退院後、医者も驚くほど元気に育ち、私たちを喜ばせてくれた桃子ですが、最後は電池が切れたかのように、小さなからだがシャットダウン。
とても静かに安らかに、永い眠りに就きました。
桃子は彼女に与えられた時間を精一杯生きてくれたと思っています。
私たちは桃子と一緒の時間を過ごすことができて、かわいい笑顔を見ることができて、本当に幸せでした。
これからも桃子のことを想うたびに、私たちは幸せな暖かい気持ちに包まれることと思います。
短い間でしたが、私たちを見守って励ましてくれた皆さん、どうもありがとうございました。
 
 ☆ ☆ ☆
 
 
 

黒のショール

さて昨日の続きをと、織り機に向かったその時、気がついた。
 
1段、間違ってる!
綾織り模様の中に、細い線が浮き出している。
踏み板の順序を間違えたらしい。
 
このまま無視して進もうか・・・・
戻ろうか・・・・
約10cm
気がついたからには、やっぱり戻ろう。
 
黒の大判ショール・・・一生使えるから一枚あれば重宝、と手織りの先生から聞いた。
教室での目標は、カシミアの黒で織ること。
しかし、カシミアを織れるようになるには少々時間がかかりそう・・・
 
それまでの間、黒のウールで我慢ということで、
先日から織り始めた。
黒の染めに濃淡ができてしまい、苦肉の策で濃淡の格子柄。
 
今週末までにできればいいな。

穏やかな時間

静かで穏やかな時間を過ごしている。
 
いつものラジオはやめにして 
美しい音楽をバックに
紡ぐ、織る、縫うことにひたすら没頭。
気分転換も必要だから、時々泳ぎに出かける。
 
時折、ふと思い出して涙があふれることもあるけれど、
大洪水にならないようコントロールもできるようになった。
 
渡欧延期で、干し大根も継続中。
千切り大根は失敗した。 うまく干せず、カビが付着してしまった。
でも、割り干し大根は成功。
第1弾はポン酢醤油に1~2日漬けた。が、味が少々軽すぎる。
第2弾は醤油・鷹の爪・昆布で漬けてみた。
漬けるといっても、タッパーに入れ冷蔵庫に保存。時々かきまぜるだけ。
ハリハリ、パリパリ、ポリポリ、カリカリ・・・・この歯ごたえ・・・止められない