ブロッコリー

畑のブロッコリーが食べごろサイズになった。
 
今年はたったの2株しか植えなかったので
貴重な自家栽培ブロッコリーだ。
 
株の中心にできた大きな房(花蕾)を切り取る。

残った株の脇から出ている小さな房は次回のお楽しみにとっておく。

さて、収穫したブロッコリーは八宝菜風に。

大根も畑から・・・今日はサラダでいただこう。

献立はほかに白菜と豚肉の味噌汁

畑の野菜が食卓に並ぶ夕餉は、夫の機嫌がすこぶるいい。

小さな小さなコンサート

土曜日の午後、待っていたピアノ弾きの友人・Utaさんが来てくれた。
しばし会話を楽しんだ後、彼女はピアノに向かう。
 
「MOMO」の曲が流れた。
 
食卓脇に置いている写真の桃ちゃんもしっかりピアノを見つめている。
 
続いて「Jazzのテーマ」「ピアスのANA」
調律したてのピアノは、上手な弾き手を得てウキウキ。
 
彼女は、私がリクエストした「出会い」に続いて「ひとり」も歌ってくれた。
 
夫はワイン片手にソファーに寄りかかりうっとり。
 
3人だけの小さな小さなコンサート
友情のハーモニーが我が家を覆っていた。 

調律

思い切ってピアノの調律を頼んだ。
 
調律をさぼっていたのが長い期間とは分かっていたが、これほどだとは・・・・
何と、最後の調律が平成2年。 約18年・・・・いやはや、長すぎる。
 
平成2年(1990年)は、ちょうど夫がアメリカ転勤になり、家族で引っ越した年だ。
2年後帰国し、ピアノは預けていた実家から戻ってきたものの、当時は子供の受験などで
ピアノどころではなくなっていた。 
以来あっという間に年月は経ち、家具状態のまま18年。 
 
家のリフォームを始める際、思い切って処分することも考えたが、
幸い、夫が定年後ピアノを始めると宣言してくれ、おかげで処分も免れ、
いずれ調律を頼まなければと考えてはいたのだが・・・・
 
今週末訪ねてくれるピアノ弾きの友人のために、急ぎで調律を頼んだ。
「18年」には、調律師の方も少々驚いた様子。
でも、
「こうして眠っているピアノ、多いんですよね」
「最近は少子化・電子ピアノの普及などで、調律の仕事もずいぶん減り、我々の先行きもどうなることやら・・・」
など、昨今のピアノ屋さんの苦しい胸の内をポロリ。
 
4時間かけて調律終了。
恐る恐る弾いてみた。
 
あ~、いい音色だ~。
ピアノが輝きだした。
 
私のピアノ、今か今かと友人を待っている。

景気刺激策

我が家のデジカメ
 
PENTAX OPTIO 230
 
そんなに古くないと思いつつ使っていたのだが、
いつの間にかデジカメ技術は急速で進歩し、
シャッターを切るタイミングが周囲の人のタイミングとずれることが
気になりだした。
 
230万画素・・・・当時はすごいと思ったのに。
今や1000万画素の時代
 
いいな、欲しいな、新しいデジカメ
 
そこで思いついた!
定額給付金があるではないか!
 
愚策だとず~っと思っていたが、
くれるなら、拒否はしない。
これでデジカメを買えば、
日本の景気をちょっぴり刺激できるかもしれないし・・・・・
 
さて国会の論戦はどうなってるかしら?

久々のマスターズ

水泳をたびたび休むようになったのは昨年の10月頃からだから、
かれこれ2か月のブランク。
 
そろそろペースを戻さなければと、久しぶりにマスターズクラスで泳いだ。
ところが・・・・
 
細切れに900m泳いだあと、キック8本のうちの6本目で、異変を感じた。
 
ああ~、貧血になりそう・・・・
 
そう思った途端、気分が悪くなり、トイレへ駆け込んだ。
吐いたりはしなかったものの、しばらくしゃがみこんでしまった。
 
ショック!
 
2か月のブランクのせいだろうか。
この間、全く泳いでいなかったわけではないが、「ガンガン」ではなく「ダラダラ」。
 
いや、待てよ。 
そういえば、朝、夫を送り出してからすぐに1年分の家計簿整理をやりだしたため、
食事をするのを忘れていたっけ。 
貧血は空腹が原因だったかも・・・・
 
”今年最初の水泳”と張り切ってスタートしただけにとても残念。
次回はしっかりご飯食べていこうっと。

私流駅伝観戦スタイル

お正月恒例の箱根駅伝。
夫は初詣代わりにと、最寄りの駅伝コースへ出かけたが、
たまには家でじっくり見たい私はテレビで観戦。
 
東京から箱根まで、約6時間。
テレビの前でじっとしているのはもったいないので
 
二階では
織りながら見る
 
下に降りると
紡ぎながら見る

2009年 元旦

2009年

あけましておめでとうございます。

少々ほろ酔い気分の

 

のどかな元旦

昨年の元旦のブログを読んでみる

・・・・命の尊さ、家族の絆、幸せの意味など

色々考えた年でした。

・・・・今年は、多くは望みません。

ただ、みんなが生きていることを喜べる毎日であってほしいと願っています・・・

今年も全く同じことを思う

一日一日を大切にしよう

 

今年もどうぞよろしく

YUKO