あやふや

日曜日は、公園の陽だまりでお花見。
家族連れのほか団体様もちらほら・・・
 
我々夫婦の座っているそばで、見知らぬ女の子が遊んでいた。
年を聞くと、6歳。
ふと、
「ねえねえ、花咲爺さんのお話知ってる?」と聞いてみた。
「うう~ん」首を振る。
「あのね、昔、昔あるところに、優しいおじいさんと意地悪なおじいさんが隣同士で住んでいました。」
女の子、ちゃっかりビニールシートに座っちゃってる。
「優しいおじいさんの犬が『ここ掘れワンワン』って言ったので、掘ってみたら・・・何と宝物がザクザク」
   ・・・
   ・・・
「意地悪なおじいさんは、その犬を殺してしましました。
 優しいおじいさんは犬のお墓を作って、木を植えました。
 その木に灰をかけたら、パ~っと桜の花が咲きま・・・・あれっ? 
 灰って、なんの灰だったっけ???」
 
なんだかあやふやだなあ・・・と思ったのだが、女の子は喜んでくれた。
そして家族のいる場所へ戻ったと思ったら、今度は3歳の従妹を連れてきて、
「おばちゃん、もう一度そのお話、この子にしてやって」とせがむ。
 
ちょうど、私がお話をしている間トイレに行っていた夫が戻ってきたので、
「ねえねえ、この子たちに花咲爺さんのお話しあげて?」と頼んだ。
 
ほろ酔い気分の夫、にこにこと話しだした。
「昔、昔あるところに・・・」
   ・・・
   ・・・
「お墓に桜の木を植え、その木で臼を作りました。お餅をつくと、宝がザクザク・・・」
・・・そうだそうだ思い出した。
「意地悪おじいさんが臼を燃やしてしまったので、優しいおじいさんはその灰を桜の木にかけると、一斉に花が咲きました。」
 
???・・・桜の木は、臼にしちゃったよね?
 
ああ~、どっちもあやふやだ~。
 
帰りがけに、ミニ動物園に立ち寄った。
ふれあいコーナーにいた羊がかわいい。
刈り取った毛はどうするんだろう・・・もらいたいなあ・・・
広告

夏眠

作品を、自分で使うにしても、人様にプレゼントするにしても
冬使うものは夏に作り、夏に使うものは冬に作ると
タイミングとしてはちょうどいいのだが、
そこまでプロフェッショナルにはなれず、
冬の間に冬物を織っているものだから、
当然、タイミングはずれてしまう。
 
この間織ったマフラーも
 
残っていたキャメルの布でやっと作ったバッグ2点も
  
 
もう季節はずれ。
 
夏の間、しばらく眠ってもらおう。

時々、天国のMomoちゃんに自分の気持ちをつなぐため
 
写真のそばに明かりを灯す。
 
ろうそくではなくティーライトを使っている。
 
もともと持っていたティーライトホルダーは
炎がホルダーの上に出てしまうので、万が一物が覆いかぶさると危険。
 
もう少し深めのティーライトホルダーがいいのだが・・・
形はいいけれど、アルミ皿が丸見えで格好悪い。
 
でも、先日、ちょうどいいのを見つけた。
周りのギザギザに反射した明かりの揺れが美しい。
 
ティーライトが燃えている間、
写真の周りは、やさしいエネルギーに包まれる。
 
いつものように
 
Momoちゃんの写真に向かって「ハロー」

天使の歌声

いつものように
インターネットでクラシック音楽を聴きながら手仕事をしていた。
 
ふと流れてきた音楽のあまりの美しさに、
手が止まってしまった。
 
画面を見ると
Artistは「Libera」
 
早速、Liberaのオフィシャルサイトへ飛んだ。
 
「イギリス、サウスロンドンに住む7歳から18歳までの少年達のなかからオーディションにより選抜結成されたボーイ・ソプラノによるユニット。」
 
とある。
前身は聖歌隊。
彼らの歌のいくつかは映画の主題歌にもなっているようだ。
 
 
CD欲しいなあ・・・・
ダウンロード購入だと1500円だから、こっちがいいかなあ・・・
 
などと迷いながら、Libera関連をクリックしているうちに
見つけた無料動画サイト。
 
少々申し訳なさを感じつつ
毎日天使の歌声を味わっている。
 
特に、この少年の声の美しさ、しびれます。

こっそり

サムライJapanの優勝、ばんざ~い! よかったよ~。
 
この大事な決戦中継、絶対見逃したくない。
しかし生憎、午前中はコーラスの練習。
 
そこで
イヤホン付き携帯ラジオを準備。
練習中、楽譜で顔を隠しこっそり聞いていた。
 
私でさえこうだから、
今日仕事にならなかった人
相当いるでしょうね。