あやふや

日曜日は、公園の陽だまりでお花見。
家族連れのほか団体様もちらほら・・・
 
我々夫婦の座っているそばで、見知らぬ女の子が遊んでいた。
年を聞くと、6歳。
ふと、
「ねえねえ、花咲爺さんのお話知ってる?」と聞いてみた。
「うう~ん」首を振る。
「あのね、昔、昔あるところに、優しいおじいさんと意地悪なおじいさんが隣同士で住んでいました。」
女の子、ちゃっかりビニールシートに座っちゃってる。
「優しいおじいさんの犬が『ここ掘れワンワン』って言ったので、掘ってみたら・・・何と宝物がザクザク」
   ・・・
   ・・・
「意地悪なおじいさんは、その犬を殺してしましました。
 優しいおじいさんは犬のお墓を作って、木を植えました。
 その木に灰をかけたら、パ~っと桜の花が咲きま・・・・あれっ? 
 灰って、なんの灰だったっけ???」
 
なんだかあやふやだなあ・・・と思ったのだが、女の子は喜んでくれた。
そして家族のいる場所へ戻ったと思ったら、今度は3歳の従妹を連れてきて、
「おばちゃん、もう一度そのお話、この子にしてやって」とせがむ。
 
ちょうど、私がお話をしている間トイレに行っていた夫が戻ってきたので、
「ねえねえ、この子たちに花咲爺さんのお話しあげて?」と頼んだ。
 
ほろ酔い気分の夫、にこにこと話しだした。
「昔、昔あるところに・・・」
   ・・・
   ・・・
「お墓に桜の木を植え、その木で臼を作りました。お餅をつくと、宝がザクザク・・・」
・・・そうだそうだ思い出した。
「意地悪おじいさんが臼を燃やしてしまったので、優しいおじいさんはその灰を桜の木にかけると、一斉に花が咲きました。」
 
???・・・桜の木は、臼にしちゃったよね?
 
ああ~、どっちもあやふやだ~。
 
帰りがけに、ミニ動物園に立ち寄った。
ふれあいコーナーにいた羊がかわいい。
刈り取った毛はどうするんだろう・・・もらいたいなあ・・・

あやふや」への6件のフィードバック

  1. 私もそのお話のあらすじあやふやなんだけど・・。その灰は犬を火葬した後の灰ではないの?ここで推測してみたんだけどね^^

  2. sakautaさんもあやふやなのね。安心した。帰ってから、ちゃんと調べましたよ。おじいさんは、犬のお墓に木を植える・・・その木で臼を作る・・・燃えてしまった臼の灰を桜の枯れ木にまいたら、花が咲いた・・・思ったより長いお話でした。

  3. こんなに桜も咲いているんですね。心と時間に余裕がなかったな~・・・・羊の毛もらったら自分できれいに洗って糸にするの???

  4. そうだったんだ!木を植えてそれで臼が作れるくらいになるまでは相当の時間が必要だよね。よほど健康なじいさんだったんだ・・・。

  5. お花ちゃん、プール再開できてよかったね。羊の毛は、洗うとものすごくきれいになる。でもあそこの羊は、お尻のところが結構汚かったから、その部分だけは遠慮したい。

  6. sakautaさん、昔話は発想が豊かだよね。きっと、犬の魂の力で木があっという間に大きくなったんだよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中