機能美

先日アップした写真の中に写っていた三角形の鍋敷き
夫がヨーロッパへ出張した時のお土産・・・デンマークブランド「Menu」の鍋敷き
 
無駄のないシンプルなデザイン
アルミ製で軽く、汚れもすぐ落ちる。
 
しかも

大小3個に分かれる。

これこそが機能美だ。

広告

たけのこ昆布

富山県は昆布の消費量日本一、と以前書いたことがあるが、
スーパーへ行くと
様々な種類の昆布商品が売られている。
 
この間買ったのは、おにぎり用
 
今回はおにぎり用だけじゃなく、
こんな昆布も買ってきた。
たけのこと昆布はとても仲良しだ。
昆布がトロトロになるくらいまで煮る。
我が家の味付けははみそ味
 
昨夜は少し焦って作ったので、昆布の形が残っているが、
実家で食べるのはもっと昆布がトロトロ。
 
それにしても
たけのこの値段
高すぎる!
 

一点効果主義

庭の隅のつつじが咲いた。
殺風景な庭が少し明るくなったよう。
 
最近、台所にも2輪の花が・・・

親友Kちゃんのお母さんが闘病生活を送りながらもせっせと編んだやわらかタワシ。

今までより台所が少し明るくなったよう。

ふるさとの春祭り・・・Part3

ふるさとの祭りのメインはやはり神輿の巡行だ。
 
重さ、1トンとも1,5トンとも言われる神輿を
厄年(数え年25歳、42歳、61歳)の男たちが担ぐのだ。
 
担ぎたい人が担げる都会の祭りと違い、よそ者・厄年でない者は絶対担げない。
 
年々担ぎ手が減っているため、各々の肩にのしかかる重さは相当なもの。
今年の担ぎ手は総勢120名。 35名ずつ交替で神輿を担ぐというから、
単純に計算しても最低30kgが肩にのしかかる。
朝8時に神社を出発。町中を巡行し、夜8時に神社に戻る。
 
「よいやさっ!よいやさっ!」の掛け声とともに、男たちが走る。
彼らの残されたすべてのエネルギーが沸き立つ瞬間だ。
見ているこちらも、ワクワクドキドキ。
 
ところで、この神輿巡行は大切な町の神社・宇佐八幡宮の神事である。
剣鋒を持つ人たち
神主の手には笙や笛
 
単に人が集まるイベントを「祭り」と言ってしまう昨今だが、
本来、祭りとは神や先祖を祭る行事のことなんだ、とあらためて思い知らされる。
 
そして、これまでH市の七夕まつりを見るたびに感じていた物足りなさの理由もクリアに。
 
ふるさとの祭りには
神事としての厳粛さ、伝統への誇り・責任感、そして人々の繁栄・平和への祈りがあるのだ。
 
小さな町の、大きな祭り・・・いつまでも続くことを願う。
 
そして、
 
まだこの祭りを見たことのない私の子供たちに、機会があれば是非見てもらいたいと思っている。
 

ふるさと春祭り・・・Part2

春祭りの出し物は
神輿・獅子舞・庵屋台の3つ
 
神輿の話題は明日に回すとして・・・
先に庵屋台の紹介を。
 
子供のころは「屋台」とだけ呼んでいたが、
正式には「庵屋台=いおりやたい」というらしい。
京や江戸の料亭を模して造られていて、
下部は水引幕で覆われ、その中に街の若衆が入り笛・太鼓・三味線を弾き庵唄を唄う。
 
でも今は屋台の外で演奏しているようだ。
 
 
提灯がつけられているので、夜の方が断然きれい。

後ろの男たちの法被もいい。
今はすっかり静かになってしまった中心街も、往時はさぞにぎやかだったに違いない。
 
屋台には晴れ着が似合う。
町で見かけた女の子
子供のころの私もこんな感じだったかな?
 
 
あの頃、晴れ着を着て、露天の並ぶ神社境内へ行くのがどんなに楽しみだったか・・・・
晴れ着を着た子は少なかったけれど、境内はあの時の雰囲気とちっとも変っていなかった。