ふるさと春祭り・・・Part2

春祭りの出し物は
神輿・獅子舞・庵屋台の3つ
 
神輿の話題は明日に回すとして・・・
先に庵屋台の紹介を。
 
子供のころは「屋台」とだけ呼んでいたが、
正式には「庵屋台=いおりやたい」というらしい。
京や江戸の料亭を模して造られていて、
下部は水引幕で覆われ、その中に街の若衆が入り笛・太鼓・三味線を弾き庵唄を唄う。
 
でも今は屋台の外で演奏しているようだ。
 
 
提灯がつけられているので、夜の方が断然きれい。

後ろの男たちの法被もいい。
今はすっかり静かになってしまった中心街も、往時はさぞにぎやかだったに違いない。
 
屋台には晴れ着が似合う。
町で見かけた女の子
子供のころの私もこんな感じだったかな?
 
 
あの頃、晴れ着を着て、露天の並ぶ神社境内へ行くのがどんなに楽しみだったか・・・・
晴れ着を着た子は少なかったけれど、境内はあの時の雰囲気とちっとも変っていなかった。
 
 

ふるさと春祭り・・・Part2」への3件のフィードバック

  1. 盛岡で一番大きな神社、盛岡八幡宮。子供の頃、家のそばだったから、遊び場だったし、お祭りの時はワクワクして何度も見にいったよ。そうそう、こんな屋台がたくさん並んでいて、水風船とかままごとのセットとか買ったよ。富山って日本の小京都と言われるだけに、雰囲気がとてもいいよね。(言われているよね・・)女の子、ちょっと似ていない?Yukoさんに!

  2. sakautaさん、盛岡のお祭りってどんな様子なんだろう・・・今でも賑やかなのかなあ・・・?H市の姉妹都市・花巻のお祭りは、賑やかそうよ。毎年H市で鹿踊りを披露してくれてる。晴れ着の女の子・・・目が細いところが似てるかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中