ふるさとの春祭り・・・Part3

ふるさとの祭りのメインはやはり神輿の巡行だ。
 
重さ、1トンとも1,5トンとも言われる神輿を
厄年(数え年25歳、42歳、61歳)の男たちが担ぐのだ。
 
担ぎたい人が担げる都会の祭りと違い、よそ者・厄年でない者は絶対担げない。
 
年々担ぎ手が減っているため、各々の肩にのしかかる重さは相当なもの。
今年の担ぎ手は総勢120名。 35名ずつ交替で神輿を担ぐというから、
単純に計算しても最低30kgが肩にのしかかる。
朝8時に神社を出発。町中を巡行し、夜8時に神社に戻る。
 
「よいやさっ!よいやさっ!」の掛け声とともに、男たちが走る。
彼らの残されたすべてのエネルギーが沸き立つ瞬間だ。
見ているこちらも、ワクワクドキドキ。
 
ところで、この神輿巡行は大切な町の神社・宇佐八幡宮の神事である。
剣鋒を持つ人たち
神主の手には笙や笛
 
単に人が集まるイベントを「祭り」と言ってしまう昨今だが、
本来、祭りとは神や先祖を祭る行事のことなんだ、とあらためて思い知らされる。
 
そして、これまでH市の七夕まつりを見るたびに感じていた物足りなさの理由もクリアに。
 
ふるさとの祭りには
神事としての厳粛さ、伝統への誇り・責任感、そして人々の繁栄・平和への祈りがあるのだ。
 
小さな町の、大きな祭り・・・いつまでも続くことを願う。
 
そして、
 
まだこの祭りを見たことのない私の子供たちに、機会があれば是非見てもらいたいと思っている。
 
広告

ふるさとの春祭り・・・Part3」への2件のフィードバック

  1. 神輿の担ぎ手はヘルニアになりそう・・。日中の表情と夜の表情では全然ちがっているよね。ヘトヘトって感じだもの。盛岡八幡宮の秋祭りは中心。盛岡市内を山車が何台も出て練り歩くよ。境内ではやぶさめもあるよ。馬に乗った人が的に矢を当てる。あれ?それは冬だったかな・・・。地元なのにこれだから!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中