シソおにぎり

その親子ともう関わるつもりはなかった。
 
親・・・在日歴15年以上の米国人夫妻
子・・・Mちゃん 13歳 日本生まれ 
 
13年前、私はMちゃんを週に3日ベビーシッターをすることになった。
生後2か月のMちゃん。
我が子以上に気を使って面倒を見た。
歩き出すと、よく公園へ連れて行った。
路線バスに乗ってミニ遠足もした。
 
彼女の幼稚園入園と同時にベビーシッターの仕事は終了した。
緊張の日々からようやく解放され、正直ほっとした。
 
時折、お母さんから相談の電話があったが、その都度「忙しくて・・・」と
関わることを断ってきた。
 
1週間前、久しぶりにお母さんから相談の電話があった。
Mちゃんはいろいろ問題を抱えているようだ。
ふとMちゃんに会いたいと思った・・・いや、思ってしまった。
 
そして、昨日、Mちゃんに会った。
会う直前まで、彼女の問題に関わるかどうか迷っていた。
でも、とにかく会ってみないことには・・・と、決断は先送りにした。
 
すっかり変わってしまったMちゃん。
そりゃ当然だ。
幼稚園の頃のMちゃんではなく、もう13歳の女の子。
 
現在のMちゃんの生活の様子や、好きなことなどを聞いた。
「うちへ来てた頃のこと覚えてる?」と尋ねると、
「う~ん、ところどころ覚えてるけど・・・」
「そりゃそうだよね。だって3歳までだから、ほとんど忘れちゃってるよね。」
「でも、一番覚えてるのはね・・・ シソおにぎり! 」
 
シソおにぎり・・・そう言えば、Mちゃん、よくリクエストしたっけ。
Mちゃんと私の絆、それは「シソおにぎり」なんだ。
数年間会っていなかった彼女との距離が一気に縮まった。
そして、いつの間にか、
「じゃあ、週に1回、うちへおいで。数学の勉強見てあげる。」と言ってしまっていた。
 
「まったく、懲りないね、お母さん。」
娘・息子・夫が耳元でささやいている気がする。

シソおにぎり」への5件のフィードバック

  1. シソおにぎり!おばあちゃんのシソおにぎりとゆでたまごが私のおやつでした~。人との距離を縮めてくれるのはやっぱり思い出の食べ物ですかね?Yuko先生、がんばってくださいね!

  2. 数学!そこがまったく・・・すごい!私の予想では、YukoさんとMちゃんは互いに何かを与え合うことができるって。シェアリング!

  3. hanaさんもシソおにぎりがおやつだったのね。食べ物の思い出が持ってるパワーは大きいよね。

  4. utaさん、だって中学1・2年の数学よ。そんなに難しくないって。Mちゃんは小学校高学年からずっと学校へ行ってないんだけど、数学は好きだって言ってる。今は、そこをとっかかりにして・・・・と思ってるんだけど・・・。

  5. 母がお味噌をつけたおにぎりをよくむすんでくれました・・・美味しかったな~食べ物のことは幾つになっても覚えています^^それにしても数学教えるなんてすごい!!Mちゃんもガンバレー!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中