赤飯パウダー

赤飯は好きだが作るのは面倒という人は多いと思う。
私もその一人。
この数年は特に家族の行事もなく、ほとんど家では作らなくなっているので、
食べたい時は、コンビニの「赤飯おにぎり」を買う。
 
そんな赤飯ファンに朗報(?)が・・・
 
ある日の夕食時、夫が
「振りかけるだけで赤飯ができる”ふりかけ”があるんだって」と、彼にしては珍しい話題を持ち出した。
「うっそ~、そんなのあるはずがない!」
「会社の若い人が言ってたよ。試してみたら?」
 
ちょっと面白そう。
 
早速、その「赤飯ふりかけ」を購入した。
酢の某有名メーカー製
寿司酢の粉があるくらいだから、赤飯の粉があってもおかしくないだろう。
新商品開発グループの力作かもしれないと、期待は膨らむ。
 
ほかほかご飯に、あずき色のパウダーを振りかけ混ぜるだけ。
「そうだ、写真撮らなくちゃ」
なんて言ってる間に、パウダーが湿って固まり出した。
あわてて混ぜて、おにぎりに。
 
さて、夫と試食
「・・・?・・・?・・・?」
 
確かに、モチモチした食感はある。
しかし、粉末と一緒に入っていた乾燥小豆は形が壊れ、
パウダーのネバーっとした塊が所々に残っている。
 
我々の出した結論は
「さらなる研究の余地あり」だったのだが、
 
この商品、はたして今後生き延びられるんだろうか???
広告

赤飯パウダー」への2件のフィードバック

  1. その赤の源は何?アズキの粉?以前着色料のコチニール・・・何かって調べたら、虫のエキスだった。。。。

  2. 色は小豆の粉だと思う。やはり十分水に浸しておいたもち米を蒸して作った赤飯が一番だね。 コチニールって、糸の染料としても使うよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中