いちご煮

カラーモデルのお礼にと知人から頂いたこの缶詰
「いちご煮」
 
ウニとアワビのお吸い物の缶詰だ。 
何と贅沢な取り合わせだろう。
 
説明書きには
 
 三陸地方では、古くから最上のお客をもてなすときに、いちご煮を出しました。
 いちご煮の由来は、アワビのブルーがかった煮汁の中にウニの卵巣が、朝霞の中
 の新鮮な野イチゴのように見えるところから名づけられました。
 
とある。
 
実は、カラーモデルを引き受ける少し前、知人宅へ遊びに行った時に
この「いちご煮」を御馳走になった。
 
口に入れた瞬間広がる磯の香りと濃厚なうま味
「こんな贅沢でおいしいもの、生まれて初めて!」と叫ばせるくらい、本当においしかった。
 
あまりのおいしさにネットで取り寄せたいと思ったくらいだったので
この頂き物は超ありがたい。
 
そのままお吸い物でもOKだし、炊き込みご飯にも使えるそうだ。
ああ・・・想像しただけで・・・口の中がジュルジュル
 
さて、この味を夫はまだ知らない。
今夜の夫の反応が楽しみだ。
広告

いちご煮」への4件のフィードバック

  1. おお!!それ高いけど、おいしいんだよね!手作り村にもあったはず。炊き込みご飯にすると最高だよ。難点はおみやげに持参する時思いこと・・・。あ、皿も重い。

  2. utaさん、東北にはまだまだおいしいものがいっぱいありそう・・・。お土産には重くて大変・・・取り寄せできるから大丈夫よ。今度子供たちが帰国した時にはぜひ食べさせたい。

  3. hanaさん、久しぶりね。hanaさんの住んでる所にも地域限定のおいしいものがありそう。この缶詰のいちご煮、今回は炊き込みご飯に使ってみたんだけど、塩を少し足すのを忘れて、ちょっと物足りない感じだった。次回に期待。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中