うっそ~・・・まさか・・・すごい

7・8月は高校野球の季節
野球ファンならずとも、大会中一度や二度は球児たちの熱戦を目にし、
彼らからその熱いエネルギーのおすそわけをもらう人も多いのではないか。
 
我々夫婦も例外ではない。
 
甲子園大会が始まると、全出場校に目を通す。
注目校はもちろん現在住んでいる県・神奈川県の代表校と、ふるさと富山県の代表校だ。
 
神奈川県は出場高校数189。
強豪校が多く、かつての優勝校がいくつもある。
今年は横浜隼人  春夏通じて初出場だというが、
かなりの実力を持っているのだろう。
 
一方富山県の出場高校数は52。
少ないから弱いとは言えないが、実際弱い。
たいてい1回戦敗退で終わる。
2回戦まで行こうものなら、大騒ぎになる。
 
そのいつも弱い富山県を応援しながら、
決まって我々が口にするセリフ。
「もしも、万が一にも福野高校が出場したら、おれ会社休んで甲子園へ見に行くよ。」
「もしも、万が一にも福野高校が出場したら、寄付金の額すごいんじゃない?」
 
 
福野高校は我が母校、いや我々夫婦の母校だ。
(現在は南砺総合福野高校と名前が変わったらしい)
創立110年を超え、卒業生は25000人。
我々夫婦だけでなく、私の父も、夫の父も、さらに夫の兄も、兄嫁も、甥も姪も・・・
と卒業生だらけ。
今はどうか知らないが、かつては県下有数の進学校でもあった。
これまでスポーツが強いなんて聞いたことはなく、
甲子園出場の可能性など限りなくゼロに近いので、万が一の夢を語り合っていたのだが・・・・
 
 
富山県地方大会の決勝戦が昨日行われた。
  高岡商 × 南砺総合福野
 
甲子園に何度も出ている高岡商業を相手に、
な、なんと、この南砺総合福野高校が勝った
 
第1報は姉から。
ものすごく興奮していた。
 
次に義兄から。
 
そして、毎日一緒に高校へ通った親友Kちゃんからメールが。
 
夜再び姉から。今度はメール。
なんと、号外が出た!
 
町中大騒ぎらしい。
 
生きている間にあるかないかくらいに思っていたまさかの母校甲子園出場。
 
夫は「皆既日食より興奮する!」と言っている。
 
さて初戦はいつ?
 
なんだか熱くなってきた。
 
広告

誕生日プレゼント

誕生日の1か月前になると
カードが届く。
 
と言っても
お店からのプレゼントポイント付き買い物案内はがき

一応まとめて、目のつくところに置いておくが
ほとんどは使わないままポイ。
 
今年使ったのは美容院からのお祝いはがきだけ。
ソフトワックスをもらった。
お店で使っているものと同じものなので、安心。
 
誕生日プレゼントなんて
もともと誰に対しても期待してないけど、
もらうとやっぱりうれしい。
 
家族からのプレゼントなら
なおさら。
 
娘から送られてきたプレゼントはピアス4種類だった。
さて、どれからつけようかなあ・・・眺めてめているだけで、心が弾む。
 
そんな私を、夫が困った顔をして見ている。
「女房へのプレゼントなんか選べないよ」という顔。
 
「いいよいいよ」
 
と、私、口では言ってるけど
 
ほんのちょっぴりサプライズを期待してるんだけどなあ・・・

件名「変ですけど、見てください」

1週間ほど前、母の様子を姉に聞いたとき、
 
「最近元気がないみたいだから、電話でもしてあげて。」
 
と言われたので、翌日母に電話をしてみた。
 
だが、携帯のそばにいなかったのか、それとも着信音がテレビの音に消されていたか・・・
 
母は出てくれなかった。
 
母のことを心配してないわけじゃないけれど、
 
「便りのないのはいい便り」と自分勝手な解釈で、それっきりになっていた。
 
 
ところが、2日前、突然母から電話があった。
 
「毎日、ブログ見てるよ。 相変わらず忙しそうだねえ。 ところでプリンターのインクがなくなったんだけど・・・入れ方どうだったっけ?」
 
な~んだ、案外元気そうじゃない
 
頭も冴えてるようだし・・・・
 
耳が遠いので電話で話すのはちょっと大変だったが、プリンタの件は弟にやってもらった方がいいということにし、
 
私からちょっとしたお願いをした。
 
「作品を写真に撮って送ってほしいんだけど・・・ブログに載せたいから・・・」
 
内心無理かもしれないと思いつつのリクエスト。
 
今朝メールを開けたら、
 
母からメールが2通来てた。
 
1通目の件名「変ですけど、見てください」
 
これが添付写真
 
2通目は「思い出しながらやってみました」
 
添付写真
 
作品は母がパッチワークに夢中だった頃のものだろう。
 
色合いは母の好み・・・それはまさに私の好みでもある。
 
前向きなその性格・・・それも私が受け継いだと思いたい。

絹のストール・ショール

読むのに疲れたら織る
織るのに疲れたら読む
 
を繰り返しているうちに出来上がった
絹のストール
幅は狭く、丈は長くない
 
これを織っている最中、夫が
 
「もっと幅の広~いものを織らないの?」とポツリ
 
見てないようで、見てる。
 
「うるさいなあ~」
 
と思いつつ、
 
織った幅広のショール
 
ところで、ストールとショールの違いがよくわからないまま
それらの言葉使っているのだが、
 
ストール・・・首まき
ショール・・・肩掛け
 
でいいのかなあ?