航空券予約

航空券の予約はいつもインターネットを利用している。
 
スウェーデンへ行く場合は、スカンジナビア航空と決めているし、
直行便なので手間取ることはない。
 
ところが、先日アメリカへの航空券予約をした際、予想外にかなり手間取ってしまった。
 
まず日本ーアメリカ間の運航会社が多い。
私が調べた予約サイトだけでも6社。
 
どの航空会社がベストか?
格安航空券検索サイトでも検索できるのだが、
今回はアメリカ国内での乗換えがあり、目的地はローカル空港。
検索だけでは、乗り換えの詳細が出てこない。
 
日本を出発する時間、
アメリカに到着する時間、
乗継時間、
値段
 
などを考慮して、我々の条件に合う航空会社を探すため、朝から延々と検索。
 
もう疲れた~、と感じた時、思い付いた。
 
某大手旅行会社の市内営業所に電話
「アメリカの○○空港まで行きたいのですが・・・・、
 そちらの窓口へ行けばスケジュールなど相談にのっていただけますか?」
と聞いてみた。
 
電話口の女性は大変親切だった。 
「よろしかったら、今こちらでお調べし、折り返し電話しましょうか?」
と言ってくれた。
 
手配を依頼するなんてことは一言も言ってないにもかかわらず・・・・。
 
およそ10分後、電話でこちらの条件に合うベスト航空会社・ベストスケジュールを知らせてくれた。
 
「どうもありがとうございます。検討してみます。」
 
この親切な旅行会社に依頼してあげたいのはやまやまだが・・・
一つだけ難点が。
 
座席予約ができないのだ。
航空会社へダイレクトにオンライン予約すれば、この座席予約が可能。
 
旅行会社には申し訳ないとちょっと思いつつ、ベスト航空会社のサイトから予約を入れた。
 
旅行会社さん、ごめんね!
広告

染色実習

丸2日間の染色実習を終えて、
持ち帰った糸
向って右端の淡いだいだい色はビワの葉っぱ
 
左端のピンクと紫はコチニール
 
中のグレイ系はヤシャブシ(夜叉五倍子・矢車附子)で染めたもの
 
化学染料にはない優しい色合いの糸・・・・織るのが楽しみだ。
 
さて、
 
帰宅後、糸を並べながら、染色の手順を振り返ろうとしたが、
どうしたことか細かく思い出せない。
途中使用した薬品名などはをメモに書いてあるのだが、
細かい手順などは作業に夢中だったせいもあって、書かずじまい。
でも、ちゃんと頭に入っていると思っていたのに・・・・
 
2日前のことさえ思い出せないなんて・・・ショック!
 
作業に必死だったせいか・・・それとも記憶力の低下か・・・
 
仕方がない、来週の教室で恥を承知で先生に聞くことにしよう。 

早朝から

今朝は、空気がからりと乾いていて、最高に気持ちのいい朝だ。
毎日こんな日だといいのに・・・・。
 
今日と明日の丸2日間は手織り教室で糸染めの予定で、
でかける準備もあるというのに、
早朝から、織っている。
 
少々気が早いけれど、
クリスマスカラー
4種類の糸の組み合わせで織っていく。
 
 
 
 
10月の展示会用。
 
ああ、もうすぐ8時半になる。
ゴミを出さなくっちゃ!
 
 

旅先のポカ

旅先では大なり小なり何かしら必ずポカをやらかす。
 
大きいところでは、一人でアメリカへ行った時シカゴ空港でパスポートを落としてしまった。
丸一日後になってパスポートがないことに気がついたときは一瞬青ざめた。
幸い滞在地はボストンだったので、すぐに領事館へ行き臨時のパスポートを発行してもらった。
おかげで、その後パスポートの管理は厳重にするようになったし、
万が一落としても再発行の手順を知っているので最初のように青ざめはしないだろう。
 
小さいところでは、大菩薩峠を登った時のこと。
帰路のバスの中で帽子を忘れてきた。
買ったばかりのモンベルの帽子で、気に入っていたのに・・・・
高価なものは身に付かないのかもしれない。
だから、今回の立山へは値段1000円の帽子を被っていった。
 
立山でも・・・
もちろんあった。
 
携帯電話の背面ディスプレーを壊してしまった。
 
今や、携帯電話は登山でも必需品。
山のどこでも使えるというわけではないが、万が一遭難した時のためにあると安心だ。
 
登山中、携帯電話はズボンの後ろポケットに入れていた。
普段からそうだ。
女性の場合、身につける場所に困る。
大抵の人はバッグの中へ入れているようだが、
着信音に気がつかないことが多い。
身につけてこその携帯電話、と私は思っているので、
後ろポケットが私の携帯の定位置なのだ。
 
ディスプレーにヒビが入ったように見えるということは、
山を下りる際、お尻をどこかにぶつけてできたヒビかもしれない。
 
この画面には、日付・時刻・着信の有無などが出ていて、
時計代わりとして便利に使っていたのに・・・残念!
 
今回の教訓・・・次回の山登りから、携帯電話はショック防止のためプチプチシートでくるむべし。

夏休み その6

昨日は父のことを書いた。
 
「私のことは一体いつ書いてくれるの?」
と、母はきっとじれったく思っているにちがいない。
 
夏休みの最後はやはり母の様子を書いておかねば。
 
      ☆ ☆ ☆
 
母の部屋へ入ったとき、案の定、母は針仕事をしていた。
ベッドの脇に腰をおろし、パッチワークのコースターを縫っている。
ベッド脇の小さいテーブルには針仕事道具一式と材料の布が所狭しと置かれていた。
やっぱり親子だな。私の藍好きは完全に母譲りだ。
 
この間母が送ってくれた作品の写真
 
あの時、作品はてっきり母の入院前のものだと思っていて、写真に撮ってメールで送れたことに感心していた。
が、実はこれらは退院してからのものだと言われた。
 
退院したと言っても、決して完全な健康体に戻ったわけじゃないのに・・・すごい!
 
母は週に一度のデイサービスでケアセンターへ行く以外はほとんど自分の部屋で過ごしている。
ちょっと寝ては針を持ち、疲れたらまた寝るの繰り返し。
かと言って、だらだらと1日を過ごしているわけではない。
1日に一度はメールとブログチェックをし、毎食前には血糖値を測り、高ければインシュリンを自分で注射し、
姉が作ってくれる食事を3度3度きちんと食べている。
 
父に対する心配・不満は相変わらず。
でも、これも母の脳活性化には不可欠なのかもしれない。
 
実家には2泊した。
2日間、折りを見ては両親それぞれと個別に話をするのだが、あまり長い時間話すと疲れるようでもあり、
毎回短時間で切り上げ、それ以外の時間、私はひたすら掃除をしていた。
 
掃除は1日おきに来てもらっているお手伝いの人がするらしいのだが、
細かいところまで行き届いていない。
掃除機で念入りに埃を吸い上げ、台所を磨き、風呂場を磨き、
「毎日掃除してあげられたらなあ・・・」
とちょっと思ったりもした。
 
掃除をしていて、ふと目についた父の寝室のタンス。
母が書いた分類の紙切れ
 
文字の周りのギザギザ飾りは、
父への愛情表現以外に考えられない!