夏休み その1

私たちの1週間の夏休みは、
台風や地震の影響も受けず、
登山中心配していた外反母趾からくる足裏の痛みもなぜか全く感じず、
無事に終了した。
 
今朝は、いつも通り夫を駅まで送る。
夫の白いシャツが日焼けした顔や腕を余計に目立たせている。
「楽しかった夏休み」を自慢しているよう。
 
ああ~、楽しかったなあ・・・
 
やっぱり、洗濯・畑チェックは後回しにして、夏休みの思い出を記録しておこう。
 
  ☆  ☆  ☆
 
立山登山 1日目 
初日の10日は平塚から室堂まで交通機関を使っての移動だ。
 
早朝5時半自宅を出発・・・台風の影響で土砂降りの雨だった。
この時間、路線バスは走っていないので駅まではタクシーを使う。
平塚ー茅ヶ崎ー八王子と乗継ぎ、八王子で特急「あずさ」に乗り換え、信濃大町下車。
雨は小降りだが、依然降り続いていた。
 
信濃大町から扇沢まではバスで40分。
扇沢ー黒部ダムはあの「黒部の太陽」で有名なトンネルをトロリーバスで抜ける。
 
トンネルを抜けると
巨大なダムが現れる。
富山県出身でありながら、訪れるのは今回が初めて。
 
谷の深さに、身も竦む。
 
幸い、雨は止んでいた。
 
ダムから地下ケーブルカーに乗り、黒部平まで行き、
さらにロープウェーで大観峰までのぼる。
 
      
このロープウェー、写真では小さく見えるけれど、実際は30人は乗れそうな大きさだ。
高いところが少々苦手な私は、ずっと手すりにしがみついていた。
 
標高2450mの室堂までは、ほとんど歩かずに交通機関を乗り継いで行けるため、ここで見かける人たちの服装は、
スカート・サンダル履きの人から我々のような登山者まで、様々だ。
もちろん、年齢も赤ちゃんからお年寄りまで幅広い。
 
大観峰から再びトロリーバスでトンネルを通ると、目的地の室堂到着。
立山の美しい峰が我々を出迎えてくれた。
明日は、この尾根を縦走する予定。
 
  ☆  ☆  ☆
 
つづきは明日

夏休み その1」への4件のフィードバック

  1. utaさん、ただいま~。今、畑から戻ってきたところ。草ぼうぼうだった。ちょっと汗かいたら日焼けした腕がすごいことに・・・山登り、今回はまずまずの出来。夏休み・・・出かける前は、これまでの生活リズムを崩すのがいやだなあって思ってたけど、終わってみると、崩すことも大切だって感じ始めてる。

  2. え?もう畑の草取りしてきたの!山からエネルギーを吸収してきたんだね。リズムって他からの影響で崩されると最悪だけど、自分から崩しにかかった時って吉に出るよね。たいていは。

  3. utaさん、今日は水泳もしたよ。このところ体ばっかり動かしてて、頭使うのが面倒くさくなってる・・・いかんいかん。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中