年末ふるさと便

 
年末になると実家から「かぶらずし」を送ってもらうのが恒例になっていた。
 
母が動けなくなって、
去年は父が注文してくれた。
 
父も入院してしまった今年は無理だな
姉に頼むのは、両親の面倒を見てもらっているので心苦しいし・・・
 
と早々とネットで注文してしまった。
 
でも、姉に「かぶらずし送ろうか?」と聞かれた時はうれしかった。
 
「いいよ、いいよ。もうネットで注文したから」
 
「じゃあ、○○豆送るよ。」
 
「へえ、○○豆?  見てみたい!」
 
父の従兄弟にあたる親戚が北海道に住んでいて、そこから毎年送られてくるという「○○豆」
 
昨日届いた。
 
お豆の名前は
 
パンダ豆
 
このお豆を見た夫の目が輝いた。
「来年、これを作るぞ」
 
姉によると、少し歯ごたえがあるくらいに炊いた方がおいしいのだそうだ。
 
送られてきた箱の中には
パンダ豆の他に
思わず顔がゆるんでしまいそうな懐かしいふるさとの味が入っていた。
 
茄子の干したもの
一度茹でこぼし、醤油、砂糖で煮る。牛肉なんか入れたらもっとおいしいかも・・・
 
干しずいき(いもの茎を干したもので芋がらとも言う)
みそ汁や粕汁の具として使う
 
あっ、富山の干し柿だ!
 
富山の干し柿は柔らかすぎないのがいい。
子供のころはよく食べたものの
食生活が洋風に傾くにつれ、ケーキなどの洋菓子に目が移り、
干し柿なんて見向きもしなくなっていた。
 
いきなり子供のころの味覚が蘇ってくる
 
そろそろティータイムだ。
渋いお茶と一緒に1個食べようかな。
 
広告

父の誕生日

 
父は大正13年12月28日に生まれ
 
今日で満85歳になった
 
元気なら
 
「おめでとう」の声を聞かせてあげられるのに
 
今は病院のベッドで
 
意識がないまま
 
天井を見つめている
 
これまでの父の人生、
 
そして
 
伸びた髭をそってあげたあの日の父の肌の感触を思い出しながら
 
私は今日一日心の中で父の誕生日を祝おうと思う。

同居中

 
一旦は処分しようと思った電子ピアノ
現在は手織り機と仲良く同居
 
普段は滅多に使わないのだが、
週末にアンサンブルコーラスの初練習があるため、
久しぶりに音を出す。
 
この部屋なら日差しいっぱいで暖かく、
手織りに飽きたら歌い、歌うのに疲れたらまた織る、ができる。
 
処分しないで本当によかった。
 

色迷

年賀状書き、剪定した庭木の後始末などやるべきことは目白押しだが、
行動は今一つ。
 
その理由というわけでもないが、
この4~5日ずっと気になっていることがある。
 
先月吉祥寺へ行った時買ったチェビオットという羊の毛
一部を「茶色」と「黄色」に染めることにし、
まずは茶色。
 
あらかじめ購入してあった化学染料で、色名「ブラウンV」を使った。
 
当然「茶色」に染まると思っていたら・・・・
 
あれれ・・・
「ワインレッド」になっちゃった。
「ブラウンV」の「V」って Violet のVだったのだろうか・・・?
 
これはこれできれいな色なのだが、
頭の中の計画に「茶色」がこびりついていて、
「ワインレッド」との入れ替えがスムーズにいかない。
 
さらに、
 
もう一色加えたい色が決まらない。
 
糸を染め、色を混ぜ、それを糸につむいで織ると、一体どんな布になるのか・・・
 
先が見えないのは、すべては経験不足のせい。
 
だが、失敗を恐れずやるっきゃないか。

ねぶか

ねぶか・・「根深」とはネギの別名。
白いところが長いからだろう。
 
夫が作った「ねぶかネギ」
「今年はいっぱい作ったからどんどん食べて」
と毎日のように言う。
 
ネギへの思いで頭がいっぱいなのか、
 
 
 
「ねぶかみたい」と言った。
 
言い得てる・・・・・