作品を売る

 

藍で染めた麻糸の長~いスクリーン2枚

誰かに使ってもらいたい気持ちと、手放したくない気持ちが半々のまま、製作してから1年。

展示会が終わったこともあり、以前からスクリーンが欲しいと言っていた友人に買ってもらうことにした。

と言っても、友人はこの作品をまだ見ていないので、

果たして気に入ってもらえるか、買ってもらえるか・・・・不安のまま

昨日、しとしと雨の降る中、埼玉に住む彼女のところへ出かけた。

近況報告の後、おそるおそる彼女にスクリーンを見せる。

「いいね。」

よかった・・・・気に入ってくれたみたい

「いくら?」

友人だもの高い値段なんて付けられない。

「○○円」

「じゃあ、2本頂戴!」

えっ? 2本とも?

ああ~・・・・うれしいような、さみしいような・・・・

そして

少し安すぎたかな? なんて思ったり。

自分の作品に値段をつけるのって、本当に難しい。

広告

作品を売る」への5件のフィードバック

  1. そうだね、私のマフラーも安いよ。今度からはもう少し強気で決定してもいいと思う。たとえば今回の私の場合だったら送料込みで4500円あたりはどう?

  2. 私は、まだ本当のプロじゃないから、安くても構わないんだけど・・・・昨日の友人の家に自分で作ったステンドグラスのランプがあったんだけど、台の値段を聞いたら、「7万円よ」だって。物の値段の高い・安いは人によって違うんだなと思ったのよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中