いよいよ服地

今年2月、白洲次郎のドラマを見ていた夫が言った一言「ツイードって何?」
から、ツイード服地手織り計画が始まった。
 
原毛を購入したのが3月
 
旅行で留守にする時以外、紡がない日はなかった。
2kg(2着分)を紡ぎ終わったのは先月。
織るのはまだまだ先と思っていたのだが、案外早かった。
 
いよいよ「織り」に入る。
 
一枚は灰色と黒。これは教室で織り、もう一枚は白と濃い茶で、少し遅れて自宅で織ることにした。
 
教室で織り始めた服地
こんなに幅の広い織り物は初めてだが、教室では手が止まるたびに先生から細かいアドバイスをもらえるので
安心して挑戦できる。
 
織るのはまだまだ先、と思ったが、案外スタートは早かった。
 
しかし不安もある。
 
服地としてうまく仕上げることができるだろうか・・・
その服地をジャケットに仕立ててくれる人が見つかるだろうか・・・
 
ジャケットまでの道のりは長そうだ。
広告

いよいよ服地」への2件のフィードバック

  1. またしてもすごい!思ったことを即実行に移すとこが素晴らしいとおもうの。ジャケットの仕立てはYukoさんは無理なの?だとしたら・・・仕立て人の選択はかなり重要なことになりそうだな。

  2. utaさん、仕立ては無理。時間をかけて作る布だから、やっぱりプロに仕立てて欲しい。問題は頼める仕立て屋さんがいるかいないかだけじゃなく、出来上がった布がプロの腕に応えられるかどうか・・・・でも、最初っからあまり欲張らない方がいいかもしれないね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中