スペシャルな○○

 
一昨年初めて綿を栽培した。
 
翌年の春、わずかだがその綿から布ができて感激した。
 
でも、種を取るのがとっても大変。
 
だからもういい・・・って言ったのに
 
昨年も夫は綿の種を撒いた。
 
そして秋に収穫。
 
出来てしまったら無視はできない。
 
大変だけどコツコツ種取りをし、
 
ようやく綿のみに。
 
 
「今度はこの綿の布で何をつくろうかなあ・・・?」
 
「おれのパンツはどう?」と、夫は冗談半分に応えた。
 
「パンツは無理よっ! 越中ふんどしくらいならできそうだけど・・・・」
 
と私も冗談で言ったつもりだったが
 
「おおお! それがいい! 作って作って!」
 
「えええっ~?」
 
 
妻が夫のために織った世界でたった一つスペシャルふんどし・・・
 
ってのも、悪くはないかな?
広告

スペシャルな○○」への4件のフィードバック

  1. 手織りのふんどしに手織りのジャケット・・・・こんな幸せな夫はいないよね。でもさ、「ふんどし」イメージしながら織るってのはどんなもんかね???

  2. 全身Yukoさんの愛情に覆われて幸せいっぱいのHさんの笑顔が目に浮かぶ。会社の帰り王将に寄り道もできないくらいの。

  3. utaさん、夫は今日どこかで外食予定。ヨガの日なんだけど、帰りが遅くなるから家に着くまでお腹がもたないらしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中