うっかり 

H駅までのバスの中で気がついた。
 
ポットのコードを抜くの、忘れた! 
 
お湯は十分入ってたような、なかったような・・・・記憶があいまい。
 
もしも3日間の留守の間にお湯がなくなったら・・・
 
どうしよう・・・・
 
と思っている間もバスはどんどん進む。
 
今すぐ夫に言って、家に戻るべきか。
 
いや、もしも戻れば、指定の新幹線には間に合わない。
 
ポットの空だきで火事になったという話は聞いたことがないもの、多分大丈夫だろう、とも思う。
 
気になりつつも夫に黙っていた。
 
打ち明けたのは、新幹線が大宮を過ぎたあたり。
 
夫はちょっと困った顔をしたものの、
「センサーがついているから多分大丈夫だよ」と言ってくれた。
 
「そうだね。きっとそうだよ。」と言いつつも心配の種がすっかり消えたわけではない。
 
結婚式を翌日に控えた夫の実家では賑やかに振る舞い、
もちろん結婚式当日は気持ちも浮き立ち、さすがにポットのことは忘れていられたが、
翌日、私より一日早く帰宅する夫が新幹線に乗るころから、
急に気になりだした。
 
家に着く予定の夜10時、夫に電話。
 
「家、燃えてなかった?」
 
「大丈夫。お湯もちゃんと入ってたよ」
 
やれやれ
無事でよかった。
 
しかしこのところやけにうっかりミスが続く。 少々自信喪失。
広告

うっかり 」への3件のフィードバック

  1. うっかりって、ほかのことに気を取られている時に多いよね。ってことは、生活のリズムが平坦ではないってことだから、活気のある証拠っていう結論だな^^でも燃えていなくてよかったね!

  2. 活気のある証拠って・・・かなりのプラス思考だけど、今回のうっかりはとてもそんな風に考えられないよ。電気ポットは空だきになると通電がoffになるように作られてることが後でわかったし、今回は、お湯も入ってたので、結局私の取り越し苦労だったんだけど、出かける前は二重三重にチェックしないといけないね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中