連休初日

いよいよ連休が始まった。
今年の夫の連休は8日間・・・長い!
 
今月はなんだか忙しく、落ち着いて手織りをする時間もなかったので有効に過ごしたい。
早めに夫の遊びに付き合っておけば、その後は解放されるだろうとの思いもあり、
夫の誘いにすぐにのった。
 
明日から1泊の予定で山登り。
行き先は丹沢の奥
きっと新緑がきれいだろう。
 
明日朝の出発は早い。今夜は早めに就寝。
 

裸木像

最近utaさんのブログに載った
 
ヨガの木
 
我が家の近所にもあった
 
様々なポーズをとる木
 
 
一般家庭の樹木と違って、大変おおらかに育っている
 
 
 
↑この木も
 
元は↓こんな姿だった。
自然の美術館は案外身近なところにあるよ。

箱根

故郷から戻って2日目、
 
手織りの先生の知り合いが「器と花」の展示会を開いているというので、
先生・仲間とともに箱根へ出かけた。
 
昼食は箱根ホテルにて。
ランチビュッフェで食べ放題。
普段は絶対しない「食べ過ぎ」もこの日は解禁。
 
第1ラウンド
 
第2ラウンドもこなして、
 
第3ラウンドのデザート
 
ポテトやパスタは控え、肉・魚をメインにしたせいか、
お腹状態はほどほどの感じ。
 
展示会会場はギャラリー「やまぼうし」
女優「浜美枝」がオーナーだ。
 
12軒の古民家を譲り受け、その古い建築材で建てた家。
 
使われている木材はどれも半端なく太い。
 
器・花も素敵だったが、我々仲間の目を引いたのはやっぱり布。
 
浜美枝さんもお客様の応対を。
 
トイレのドア・・・赤い部分は布が張り付けてある。
 
久々にオシャレな雰囲気を楽しんだ一日だった。

同級生

帰省する数日前、幼馴染のクーちゃんから電話をもらっていた。
 
「御神輿のお手伝い・・・集合時間は○○、場所は△△ね。」
 
「でも・・・私なんか行っていいのかなあ・・・・」
 
「大丈夫よ、みんな大歓迎よ」
 
「クーちゃんは行く?」
 
「私は、目の手術をしたばかりなので、遠慮するつもり」
 
「心細いなあ・・・」
 
時間と場所はわかっていたたものの、心が前へ進まない。
 
決して故郷に背を向けて生きてきたわけではないけれど、
 
故郷とは別の地に根を張るため、あえて故郷と自分との間に距離を置いてきたところがある。
 
そのことへの後ろめたさも、気持ちの足を引っ張る。
 
祭り当日・・・・
 
厄年の男たちが担ぐ神輿は、町内の所々で休憩をとる。
 
その際の給仕は、厄年の男たちと同い年の女性がすることになっている。
 
給仕と言っても、お茶やお菓子を出す程度なのだが・・・
 
 
「急に参加してもいいのかなあ・・・」とぐずぐずしてる私に
 
「何、言ってるの。行けば ”わ~、懐かしい!” ってすぐに盛り上がるよ。さっさと行っといで。」と姉に背中を押され、家を出た。
 
それでもまだ、誰も私に気付いてくれなかったらどうしよう・・・との不安が少し残っていた。
 
集合場所になっていたお寺の境内に入ると、赤いエプロン姿の女性たちが見えた。
 
一瞬みんながこっちを見る。
 
でも、誰だかわからない様子。
 
もっと近づく。
 
「あら~、YUKOちゃん!」
 
「来てくれたの~!」
 
「ありがとう~!」
 
「懐かしい!」
 
ああ~、良かった。
 
よく一緒に遊んだ○○ちゃん、ソフトボールをやってた△△ちゃん、お嬢様みたいだった▽▽ちゃん・・・
 
一瞬誰だかわからなかった人も、すぐに子供のころの顔と一致。
 
思い出が一挙に蘇る。
 
その後は・・・・
 
話しては笑い、笑っては話す。
 
祭りの賑わいとともに、我々赤いエプロン集団も大いに賑わっていた。
 
 
祭りの翌日は地元の温泉で神輿を担いだ男性とお手伝いの女性たちの打ち上げがあった。
 
参加したのは寅年の男女約40名。
 
私は、帰りの電車を気にしつつも、勢いで参加した。
 
宴席に並んだ同級生たち。 
 
みんな、小学校・中学校を一緒に過ごした。 幼稚園が一緒だった人もいる。
 
私たちはみんな一緒の苗床で育っている。
 
同じ土地、同じ水、同じ空気で育てられた。
 
今、それぞれ生きる場所は違っているけれど、根元はみんな一緒なのだ。
 
40年近く離れていたにも関わらず、すっと溶け込める・すっと受け入れてもらえる暖かい空気が宴会の部屋いっぱいに漂っていた。
 
・・・・・・
 
故郷の春はいつもより遅めだったようで、大好きな川べりの桜はまだ満開状態を保っていた。
 
枝越しに見える山々
 
 
 
故郷のすべてに感謝!

春だ! 祭りだ! よいやさっ!

昨年、F町の春祭り・御神輿の巡行を数十年ぶりに見て感激。
その様子はブログにも書いた。
 
神輿は毎年厄年の男が担ぐ。
25歳、42歳、61歳の男たち
61歳と言えば還暦・・・・
そう、今年は私の同級生たちが担ぐのだ。
 
遠く故郷を離れている男たちも神輿を担ぎに帰ってくる。
還暦の女性たちは接待でお手伝いをする。
にぎやかな同級会のようだからぜひ帰っておいで、と姉に強く勧められていた。
 
両親の見舞いのついでにお祭り見物、のつもりで帰省したのだったが、
祭りが始まるやいなや、身も心も祭りに吸い寄せられ
鉄砲玉のように家を飛び出し、結局夜まで祭りに付き合ってしまった。
 
朝、家の近くにやってきた神輿の一行
 
満開の桜の下を神輿が進む
 
昭和25年生まれの寅年男たち
 
この紋付・袴にハンチング姿の男性は神輿の前後に2人ずついて、
拍子木をたたきながら「よいやさっ」の音頭をとる。
 
神輿が巡行を終え神社に納められる直前、神輿は神社前の道路50mほどを行ったり来たりする。
その回数17回。
その後、神輿は神社に入りご神体を本殿に移しようやく祭り終了となる。
大役を終えた男たちが整列する。
終了の式も乱れることなく厳かに行われる。
やはり最後の最後まで「神様のお祭り」なのだ。
 
 
すべてが終わり帰宅したのは9時。
この夜、久々に会った同級生たちの顔が次々に浮かんできて、なかなか寝付くことができなかった。

控えめなふれあい

F駅を出たら、母がお手伝いのNさんとともに、迎えに来てくれていた。
 
そのまま3人で、父の病院へ直行。
 
母が父に会うのは2週間ぶりだと言う。
 
母が「ほらYUKOちゃんが来たよ」と父に話しかける。
 
父は母の方へ顔を向けた。
 
・・・あっ、声はわかるんだ。
 
しかし、父はじっと母の顔を見たままで、こっちを向かない。
 
・・・私のことはわからないんだ・・・
  
・・・でも、いいよ、いいよ。いろいろわかっちゃうと寂しかったり悲しかったり、お互いつらくなるもんね。
 
あるがままを受け入れよう。
 
母が父の胸元に手をやる。
 
控えめなふれあい
 
「また来るねって言うとおじいちゃん泣くから、言わないで帰ろうね」と母。
 
私は心の中で「また来るね」と言いながら、黙って部屋を出た。

先輩

高校時代の合唱部の先輩から
 
コンサートの案内が届いた。
 
 
ムジカ・ノヴァンタ・ノーヴェ演奏会
「イタリア声楽曲の夕べ」・・・<歌曲とオペラのアリア・重唱>
  日時:5月29日  場所:津田ホール
 
添えられた手紙には、「性懲りもなく歌っております」とあった。
 
彼女は2年先輩・・・つまり、夫の同級生。
 
「Tと結婚した」と話した時、
 
「ええ~?、あのT君とYukoちゃんが~?」
 
と驚かれた。 
 
我々二人の高校時代のそれぞれを知る貴重な先輩だ。
 
合唱部時代から彼女の歌唱力は抜群で、卒業後は東京の音大へ進み声楽家に。
 
「私、歌う以外何もできないの」と言う先輩
 
その愛らしい性格に魅かれるファンは多い。
 
毎年この時期コンサートの案内を受け取る。
 
2度ほど行ったことがあるが、それはかなり昔のこと。
 
以後、こっちの都合ばかりを優先していつもパスしてきた。
 
今回も「ごめん、行けないの」と言うつもりで、今朝、先輩に電話をかけた。
 
懐かしい声だった。
 
彼女の近況、私の近況、仲間の情報、ふるさとのこと・・・
 
話しているうちにやっぱり会いたくなった。
 
会話の終わり近く「コンサートには行くつもりなので受付にチケット置いておいてくださる?」と言っていた。
 
突然の予定変更・・・ふるさとパワーの風が吹いたのかもしれない

オーダー

夫のジャケットの仕立てをどこに頼むか・・・
 
紳士服仕立をしているところを、2・3か所あたってみた。
 
市内銀座通りに面している紳士服店・・・仕立て代のみで7万5000円
 
紳士服店などの下請け仕立て屋さん・・・紳士服店で聞いた値段を言ったら「だいだいそんなもの」と言われた。
 
7万5000円は高すぎる。
 
友人が、今は寸法直し専門だが元は紳士服を仕立てていたという人に聞いてくれた。
 
「時間がかかっても良ければ、仕事の合間に縫ってもいい」との返事・・・仕立て代5万円
 
3万円くらいならと思っていたので、まだ高い。
 
しかし、他に頼めそうなところがなければ思い切って・・・
 
と覚悟をしかかった時、別の友人がとびきりの情報をくれた。
 
オーダーなのに格安で縫ってくれるところがあるという。
 
標準仕立て代は1万5000円
 
リーズナブル以下だ。この値段で本当に儲かるの?と驚く数字。
 
しかも、採寸のためにわざわざ東京から我が家まで来てくれるという。
 
友人はすでに何枚かオーダーしていたので、出来上がりのジャケットも見せてもらった。
 
問題はない。
 
その友人を通じて依頼した。
 
採寸に現れたのは女性だった。
 
名刺の肩書にはスタイリストと書かれていた。
 
どおりで、ジャケットの形、裏地、ボタンなどを選ぶ時のアドバイスがとても的確だった。
 
 
仕上がりは5月連休頃。
 
私のジャケットストーリーがもうすぐ完結する。

早朝仕事

週のうち、月~金は5時半起床、土・日は寝坊
 
長年のこのサイクルが身体にしみついてしまっているのか、
 
夫が休んでいる3日目の今朝、身体は月曜日だと勘違いしているようで
 
5時半に目が覚めた。
 
気温は高め・・・思い切って起き出した。
 
でも、何しよう・・・・
 
夫はまだ寝ているし・・・
 
やっぱり、静かなこれが一番か。