眠い!

頑張って最後まで見ていたら、時計は午前2時。
 
急いで寝たけれど、
 
夫の出勤にあわせて5時半起床。
 
夫を送った後再び寝る。
 
8時・・・眠い
 
9時・・・まだ眠い
 
10時・・・もうちょっと
 
10時半・・・起きたけど、頭がボー
 
ああ、それにしてもPK戦で負けるなんて
 
 
 
 
 
 
 
 
広告

畑用ファッション

夫の畑用ズボンはチノパン
数年はいているのでもう裾が擦り切れていた。
これくらいなら畑の作業に支障はない。
 
ところが先日
膝の部分がビリッ・・・一瞬にして大きな亀裂
 
「切れた部分を縫ってくれたらまだはける」と、質素に育った夫は主張したのだが、
「布がもう弱ってるんだから」と新しい畑用パンツを買った。
 
今度はチノパンより丈夫なジーンズ
 
ホームセンターへ行けばもっと安い作業用ズボンがあるのだが、
こっちの方がカッコいいかな、と思って・・・
 
定年後の夫の服装、以前よりずっと気になる。 

ハードな一日

枕元の携帯目覚ましが鳴る・・・午前3時半
 
テレビ前のソファーにごろっと横になり
サッカーワールドカップ 日本対デンマーク戦を観戦
 
結果は日本快勝!・・・勝つ試合はやっぱり楽しい
 
2時間ほどひと眠りした後いつも通りルンルン機織り
 
11時から水泳に出かける。
 
プログラムは30分のスイムトレーニングと40分のスイムテクニック
 
トレーニングのメニューは毎回変わる。
 
いつも楽なメニューを期待するのだが・・・・
 
やっぱりハードだった。
 
50m3本(1分30秒)
 
25m×4本(個人メドレー) 続けて3セット(1分)
 
100m 2本
 
以前はできそうにもなかったメニュー・・・何とかこなせた・・・・満足
 
夕方4時から 女声合唱演奏会の打ち合わせ
終了後、6時から8時半まで「水のいのち」「A Little Jazz Mass」の練習
2時間半では足りないくらい充実!
 
しかし満足感はなかった。
長年アルトで歌ってきたが、1年ほど前からメゾに移り、
自分の声はメゾに向いていたのだと気付いたのに・・・
この女声合唱ではアルトを歌う。
アルトは古巣のはずなのに、
安定した低い声が出せなくなっている。
 
深い響きの安定した低音・・・課題だ!

ご褒美

姉から温泉のお土産をもらった。
 
日本酒と珍味・・・・夫が喜びそう
 
留守番のご褒美にしようと持ち帰り、
昨夜夫が帰ってくるのを待って、包みを開いた。
 
日本三大珍味・・・・干しくちこ
 
日本三大珍味をネットで調べると越前ウニ・カラスミ・コノワタとある。
コノワタはナマコの腸の塩漬けでクチコはナマコの卵巣の干したものだから、
珍らしさは同程度。クチコを3大珍味に入れてもいいのかも・・・
 
さてクチコはどんな姿か・・・
 
口に入れて思い切り噛んだら、奥歯にくっついて取れない。
「あああ、貴重なクチコが・・・」
注意! これは絶対大胆に食べてはいけない。
 
「この珍味、○○にも食べさせたいね」
と7月に里帰りする娘夫婦の分を取っておくことにした。
 
小さいグラスで飲み始めた日本酒
上品でまろやかな味の大吟醸
 
「これも娘たちに飲ませたいね」
と言ったものの
30分も経たないうちに二人で空けてしまった。
 
3日間留守番していた夫は、実にうれしそうな顔をしていた。

母の痛み

母の具合が悪くなってからもう3年
父が倒れてから半年
ずっと両親の面倒を見ている姉夫婦も疲れてきている
 
たまに温泉で息抜きを・・・
 
と一泊旅行に出かけることにした姉夫婦の留守番役として
週末実家へ帰った。
 
このところ母は痛みを訴えるようになった。
 
「かなりわがままになってるから・・・・」
と聞かされていたから覚悟はしていたが案の定。
 
眠っているからと隣の部屋で本を読んでいると
「ゆうこちゃ~ん、来て~」と叫ぶ
「胸が痛い・・・・背中も痛い・・・・・」
「さすって・・・・肩も・・・・・足も・・・・手も・・・」
 
母の指示通り身体のあちこちを軽くなでる。
あくまでも軽く。
 
どれほどの痛みなのかわからないが、
これで本当に痛みが取れるんだろうか・・・・?
 
しかし母は私の手が動いているだけで安心するのかいつの間にかスースーと寝息を立てている。
これを一日に何度も繰り返した。
 
母の部屋にずっといるのも息苦しいので、母が眠りに入ると隣の部屋で待機。
持ってきた手仕事に手をかける。
 
しばらくするとまた母の声。
 
今度は
「サミシイ~」
 
母の痛みの中には、孤独・恐怖も混ざっているようだ。
 
「はいはい、ここにいるよ。触ってほしいところはどこ?」
 
子供を寝かしつけるようにやさしく背中をなでる私
子供のように甘える母
 
たった2日間の親孝行
できて良かった。

サブライズ

「大分遅くなってしまったけど・・・」と言いながら渡された包み
開いてみたら
私の干支の刺繍を施したハンカチだった。
やわらかいガーゼのハンカチ
友達Oさんからのプレゼント
 
フットワークが軽く、頻繁に東京へ出かける彼女
表参道で見つけたのだそうだ。
 
さすが「表参道」
包装がおしゃれ
 
友達Mさんからは韓国土産の「シンブル」をもらった。
キルティング作業に必ず使うシンブルだが、これはコレクション用。
 
Mさんからもらったもう一品・・・Suica入れ
彼女の手作りで、素材は畳のヘリ。
紐をつけてバッグに繋いでおくと、取り出すときに便利なのだそうだ。
 
月に一度のキルト仲間情報交換日
時にはこんなサブライズもあって
実に楽しい。

名接骨院

肩の痛みは回復傾向と思っていたが
やはりすっきりせず
遅ればせながら
徒歩5分のところにある接骨院へ行った。
 
この接骨院、昔から評判がいい。
これまでぎっくり腰や足首のねん挫で
3・4年に一度はかかっている。
 
今回も
「おっ! どうした?」と聞かれ
「首から肩にかけて痛みがあるんだけど・・・・」
 
私が言ったのはたったこれだけだが、
すぐに
 
赤外線照射
弱い電気が通っている棒で肩のつぼをちょちょっと刺激
テーピング
温湿布
 
の処置をしてくれた。
 
そして一日経過。
これまでよりずっと楽になった。
 
こんなことなら、すぐに行けば良かった。

いも掘り

ようやくブログを更新する気に。
 
1週間程前から首の周りに鈍い痛みがあった。
鈍い痛みなので、感じたり感じなかったり・・・
家事や手仕事に支障はないものの、
なかなかすっきりした気分にはなれなかった。
でも昨日はスイミングを休み、紡ぎも織りも
長時間続けるのは避けて少しのんびりしていたせいか、
今は回復傾向。
 
そのタイミングを待っていたかのように
夫が「ジャガイモを掘ろうよ」と誘いをかけてきた。
4月から「畑は夫の領分」となっているので、
私が畑へ行く回数は以前と比べて激減。
 
久しぶりだから行こうかな。
 
今年のジャガイモは男爵
出来はどうだろう・・・
春の天候不順が影響していなければいいのだが・・・・
 
一番手前の一株を思い切り引き抜くと
あっ! 
ゴロゴロと出てきた!
 
大きさもまずまずじゃない?
 
収量は1年分とまではいかないが、二人で食べるにはこの程度で十分。
 
畑の他の野菜・・・茄子・きゅうり・トマトは順調に育っていた。
 
しかし
↓は落花生
まわりに雑草がびっしり。
 
30分ほど草取りをしたが
「もう飽きた。のども渇いた。明日にしよう。」
と夫。
 
そうだね。
帰って冷えたビールとじゃがバターで収穫を祝おうか!
 
 
 
 

今年のあじさい

我が家の庭の東側にあるアジサイ2種
昨年は何故かあまり花をつけなかった。
 
utaさんのコメントアドバイスで強めに剪定したおかげで
今年は無事咲き始めた。
 
隅田の花火
梅雨の間のうっとおしい気分も、このさわやかな花の色が消してくれそう。
 
ただ、一つだけ残念なことが・・・
アジサイの背丈・・・私より高くて、花があまり見えない。
 
仕方なく脚立の上から撮る
これって日当たりのせいなのか・・・?
 
せっかく咲いてくれたのに・・・
 
時々、切り花で楽しもうと思う。

懐かしい味

 
従兄夫婦からいただいた故郷のお土産は
 
蒲焼と言えばだれもが「うなぎ」を思い浮かべるだろうけれど
故郷では「どじょう」がポピュラー。
 
ドジョウを割いて頭を取り、骨ごと串にさして醤油だれをつけて焼いたもの。
 
あのぬるぬるしていて泥くさそうなドジョウの姿は全く見えず、焦げた部分は少々
苦いが、それも含めて非常においしい。
 
かつては町に数軒あった蒲焼屋も今は2軒だけになり、
夏場は予約しておかないとなかなか買えない代物だ。
 
この懐かしい味に我々夫婦も感激。
これをお土産に選んでくれた従兄夫婦の気遣いにおおいに感謝。
 
ほんとうにありがとう!

歓迎準備

2歳上の従兄が夫婦で上京するついでに我が家を訪問したいと言ってきた。
 
「大歓迎よ!」と返事した直後から、もてなしシーンが頭を駆け巡る。
 
どんな会話をするだろう・・・
アルバムを準備しておいた方がいいかな?
飲み物は? コーヒー?紅茶? それとも冷たいのがいいいかな?
ケーキ買っとかなきゃ。
ああ、庭木が伸び放題だ・・・少し刈らなきゃ
 
そうだ、織り機も見て欲しい。
でも・・・・今は糸がかかってない
見せるなら、やはり織ってる途中のところがいいよな
 
というわけで、もてなしの準備のつもりが
いつの間にか織りの準備に熱中し出す。
 
昨年秋、吉祥寺で買った原毛チェビオット
 
春に紡ぎ終わっていた糸を急いで整経し
 
一本一本小さい穴に通して行く。その数660本
 
念願の平織りツイードを織り始めた。
 
このところ何かと忙しくて大作に取りかかるきっかけがつかめないでいたのだが、
思わぬところでエンジンがかかった感じ。
 
丸二日間夢中だった。
 
これで自信を持って「アトリエ」へ案内できる。
 
従兄夫婦、はやく来ないかなあ・・・

新発見

2008年  画面上部は年間計画  下部は場所の割り当て図
 
2009年
 
2010年はまだ途中まで
 
詳しく見ると・・・
 
「横着人間」を自認する夫の
 
几帳面な一面を発見した!