歓迎準備

2歳上の従兄が夫婦で上京するついでに我が家を訪問したいと言ってきた。
 
「大歓迎よ!」と返事した直後から、もてなしシーンが頭を駆け巡る。
 
どんな会話をするだろう・・・
アルバムを準備しておいた方がいいかな?
飲み物は? コーヒー?紅茶? それとも冷たいのがいいいかな?
ケーキ買っとかなきゃ。
ああ、庭木が伸び放題だ・・・少し刈らなきゃ
 
そうだ、織り機も見て欲しい。
でも・・・・今は糸がかかってない
見せるなら、やはり織ってる途中のところがいいよな
 
というわけで、もてなしの準備のつもりが
いつの間にか織りの準備に熱中し出す。
 
昨年秋、吉祥寺で買った原毛チェビオット
 
春に紡ぎ終わっていた糸を急いで整経し
 
一本一本小さい穴に通して行く。その数660本
 
念願の平織りツイードを織り始めた。
 
このところ何かと忙しくて大作に取りかかるきっかけがつかめないでいたのだが、
思わぬところでエンジンがかかった感じ。
 
丸二日間夢中だった。
 
これで自信を持って「アトリエ」へ案内できる。
 
従兄夫婦、はやく来ないかなあ・・・

新発見

2008年  画面上部は年間計画  下部は場所の割り当て図
 
2009年
 
2010年はまだ途中まで
 
詳しく見ると・・・
 
「横着人間」を自認する夫の
 
几帳面な一面を発見した!