緊急帰省

月曜午後、ついに緊急連絡があった。
「ひょっとして今夜ということも有り得る」と言われ、
急遽、飛行機の最終便で帰省した。
 
夜10:00 飛行場から病院へ直行。
病室の母は予想に反して穏やかに眠っていた。
一時は血圧が下がってひやりとしたものの、その後は安定しているという。
付き添いを姉と交代し、その晩は病室に泊まった。
幸い母の容体はずっと穏やかなままだったので夜中に起こされることもなく、
「付き添い」の文字通り、ただ付き添っているだけだった。
 
来るのが少し早すぎたかな?
 
1週間程度の滞在を予定してきてはいるものの、
長引くことも考えておかねばならないようだ。
広告

2010年の夏

 
娘夫婦が里帰りした夏
 
連日35度を超す猛暑の夏
 
不景気・円高に怯える夏
 
そして実家からの緊急呼び出しに怯える夏
 
・・・・・
 
8月27日
 
母はかろうじて82歳の誕生日を迎えた。
 
しかし、お祝いのメッセージは一向に思い浮かばず
 
ひたすら今年の夏を記憶にとどめようとしている。
 
 

夏バテ

夏バテ・・・と言っても、身体の夏バテではない。
 
我が愛車が突然バテたのだ。
 
エンジンをかけようとしてもかからない!
 
おかしいなあ・・・ライトやラジオをつけっ放しにしていたわけじゃないのに・・・。
 
時間は朝7時。
 
場所は畑。
 
困った・・・本当に、困った。 
 
夫はすでに出勤して家には誰もいない。
 
ロードサービスを呼ぶしかない・・・と思ってバッグの中の携帯を・・・・あっ!携帯を忘れた!
 
こんな時に限って忘れる携帯。
 
電話を使わせてもらえそうな知人の家が近くにないわけではないが、朝7時にピンポンはさすがに迷惑だろう。
 
コンビニなら・・・と、歩きだした。
 
最初のコンビニまで徒歩15分ほど。
 
ところが、
 
このコンビニ店、有名なのに・・・ないっ! 公衆電話がない! 
 
次のコンビニを目指す。
 
あった!  良かった!
 
公衆電話からロードサービスに電話。
 
「多分バッテリー切れでしょう」と言われ、救援車を手配してくれた。
 
待つこと1時間。
 
救援車に乗っけてもらって、畑へ。
 
エンジンはすぐにかかったが
 
「このままスタンドへ行ってバッテリー交換した方がいいですよ」のアドバイスをもらい、
 
スタンドへ直行。 新しいバッテリーに交換した。
 
車のメカに関しては詳しくないのだが、
 
バッテリー切れはやはりこの夏の猛暑のせいらしい。
 
思いもよらぬ場所での車の夏バテ。皆さんもご用心!

ぼろぼろキルト

以前紹介した娘のベッドカバーサイズキルト
これは約20年前の写真だ。
20080520a
 
以後20年間ずっと娘のそばにいたキルト
今や擦り切れてボロボロ状態
 
もう十分役目を果たしたキルトだが、
それでも「繕って欲しい」との娘の希望で、
先日ようやく私の手元に戻ってきた。
 
縁取りのまつり縫いが所々切れ、擦り切れた部分からキルト綿が見えている。
 
できるだけ古い布と違和感のない色の新しい布で縁取りしよう。
何度となく折りたたむため裂けてしまったピンクの部分も、上からキルトをして補強しよう。
 
せめてあと10年・・・・次の世代に出会うまで持ちこたえられるように。

夫の靴下を干す時
 
いつも・・・
 
いや、時々
 
かかとをチェックする。穴があいてないかどうか。
 
穴を見つけたらすぐに捨てる。
 
だから、穴のあいた靴下はないと思っていたのに・・・・
 
お盆の帰省から帰宅した夫・・・「靴下に穴があいてた」
 
ここは厳密に言うと
 
自分で穴を見つけたのではなく
 
「見つかった」と言うのが正しい。
 
ああ・・・よりによって・・・・実家で・・・・
 
持ち帰った洗濯物を確認したら
しかも両足とも穴が二つ
 
しまった! 足裏部分はチェックしてなかった。
 
私のミスです、ハイ。
 
だけど、どうして履いた本人がまず気がつかないのかしらねえ・・・・???

記録的猛暑

今年の夏は暑い。
異常に暑い。
 
お盆も過ぎて、例年なら吹く風に秋の気配を感じるころのはずなのに・・・
 
8月17日日本時間午後2時20分 の気温
 
息子のところは23度
娘のところは18度
こっちはなんと37度もあるよ。
H市に住み始めて30年・・・こんな暑いのは初めてだ。
 
この暑さ、いったいいつまで続くの?

また歌いたい

夫の実家の墓参りをパスし、母の病状を気にかけつつ参加した演奏会
 
ようやく終了した。
 
やったあ!・・・って気分
 
曲が難しくて、直前まで楽譜とにらめっこ。
完璧な演奏だったとはとても言い難いが、
これまでの充実した練習を含めると、かなりの満足感を味わうことができた。
 
願わくば、もう一度「水のいのち」を歌いたい。
曲が身体の芯からから自然に湧き出るように歌ってみたい。
 
お盆の最中、演奏会に来てくれた友人たちにも感謝。
プレゼントまでもらっちゃった↓
大好きな印花布のボックスはカルトナージュが得意な友人の手作り。
 
本番終了後、
もちろん打ち上げに出席。
家に帰っても誰もいないので、しっかり飲んだ。
飲んだ勢いで、2次会にも。
カラオケ、しっかり歌った。
気が付いたら、時計は10時半を回っていた。

行っちゃった

水曜日、娘は彼女自身のホームのある場所・スウェーデンへ帰って行った。
 
婿殿が一足先に帰った後は、ゆっくり娘と二人で買い物を楽しむことができたし、
最終日は夫も加わり3人で真鶴までのドライブを楽しむこともできた。
本当に楽しい夏休みだった。
 
 
今回は一度も娘とけんかをしなかった。
理由は多分娘だけとの時間がたっぷりあったからだろう。
 
これまで、いつもこのことが原因で気持ちがぎくしゃくし、些細なことでけんかになっていた。
夫もこれを知ってか、娘との買い物には付いてこなかった。
二人だけの時間をとの夫の思いやりに感謝だ。
 
そしてもちろん一足先に帰国した婿殿にも感謝。
 
「なぜ一緒にいてはいけないのか」と、少々不満を抱えていたに違いない婿殿。
でも、母親の気持ちなんてどんなに説明しても理解不能だろう。
 
「我儘な母親だから仕方がないの」って言っといて。
 
・・・・・
 
今朝、夫は実家へ帰省した。
私は14日のコーラスの発表会のためお盆の帰省はパス。
しばらくの間一人だ。
 
じっとしていると寂しさがこみ上げてきそうになるので、
朝から換気扇の掃除に精を出している。

娘夫婦滞在写真日記 その2

先日の60歳の誕生日にもらったプレゼント
真っ赤なカーディガン
海外旅行では少し派手なくらいがちょうどなので重宝しそう。
ありがとう!
 
ところで、娘たちが帰国前にリストアップしていたいイベントの中に
「大磯ロングビーチで遊ぶ」というのがあり、
月曜日、夫も休みだったので、4人で出かけた。
 
太陽ぎらぎらでは日焼けが心配だったが、幸い曇り空。
流れるプールや
ウォータースライダーで
4人とも子供みたいに遊んだ。
 
家へ帰る途中、回転ずしに寄った。
最近開店した繁盛店・・・どのお皿も105円均一が売りだ。
食べた!食べた!食べた!
お腹がパンパンになるくらい食べた。
 
そして、昨日は婿殿の滞日最終日。
富士山のふもとまで足を伸ばした。
本格登山の準備をしていないので、バスで5合目まで行き、6合目までの短いを距離を歩いて往復。
それでも標高2000m以上のひんやりした空気をいっぱい吸い、雄大な景色を十分満喫することができた。
「次回は登山の準備をしてくるよ」と意欲満々の二人。
果たしていつになるか・・・でも、期待して待っていよう。
 
今朝早く、婿殿は成田へ発った。
彼は一人でスウェーデンへ帰り、娘は残り来週半ばまで滞在する。
 
婿殿には少々申し訳ない気がしないでもないが、
やはり我々だって娘とだけの時間が欲しいもの、少しの我儘を許してほしい。
 
そろそろ離陸の時間だ。
無事のフライトを祈ろう。

賑やか生活

あれよあれよという間にもう1週間。
 
ものすごく忙しいわけではないが、何となく落ち着かない生活が続いていて、
更新が気になりつつ、つい先延ばしに。
 
絵日記ならぬ、写真日記で賑やか生活を振り返ろう。
 
26日 月曜日
 
Welcom!

 
27日 火曜日

ラーメン・神奈川ランキングベスト10に入っているラーメン店へ。
場所は七沢・・・えええ~? こんなところに有名ラーメン店があるの? 
と思うくらいの田舎  名前は「ZUND BAR」
 
ラーメンを食べた後少し足を延ばして
宮ヶ瀬ダムへ。
 
この傾斜をケーブルカーで降りたのだが・・・
 
 
 
私、怖くて、しゃがんでた。
 
28(水)29日(木)・・・娘夫婦は富山へ。
母のお見舞い後、夫の実家に一泊。
 
30日(金) H市花火大会見物        
 
31日
My Birthday・・・シャンパンで乾杯後
居酒屋へ
なんとも高級そう・・・
 
娘の一眼レフで撮ると、「和民」も上品に映る。
 
婿殿には日本の文化をいろいろ知ってもらいたくて
次に入ったのは↓
汗流しながらおでんを食べた。
 
楽しい夏の思い出が一つずつ増えていく。