極小&特大

小豆が好きだからと
 
夫に頼んで畑で作ってもらった小豆を収穫した。
 
だが・・・
まことに小さい!
 
上は夫の実家から送ってきた小豆、下が我が家の小豆
その差歴然。
 
夫はすまなそうな顔をしている。
 
一方
 
昨年このブログで紹介したスクナかぼちゃ
この種を取って
畑で育てたら
 
こんな特大かぼちゃになった。
すでに左側を少し食べたので全体の大きさがわからないのが残念。
しかし、大きさの点では確実に実家のかぼちゃを上回っていた。
 
連日食卓にのぼるかぼちゃの煮物やてんぷらに夫はご満悦。
 
喜んだり、残念がったり・・・
 
だから畑は面白いんだな、きっと。
広告

極小&特大」への3件のフィードバック

  1. 小豆というくらいだから、もともとは小さかったんだろうな。T家のサイズくらい。品種改良を重ねてだんだん大粒になったのかな。十勝産の小豆は粒がおおきいよね。品種はちがうのではないの?そしてそのかぼちゃ、スイカみたいだね!ホクホクしている?畑はスリルがいっぱい詰まっているんだね。例のハクビシン被害はその後どう?

  2. 袋に入っていた小豆の種の残りと比べてみたけど、実家のよりは小さいけど、うちのよりはやはり大きい。撒いた時期が少し早すぎたんだ、って夫が言ってたから、来年はもう少し遅めに。このかぼちゃは甘みはすくないけどものすごくホクホクしてるよ。ハクビシン? 結局ハクビシンかどうかわからずじまい。でも茄子もトマトもキュウリも食べられる以上にたくさんなったから、もうどうでもよくなった。店の指摘ありがとう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中