寒便り

アメリカマサチューセッツ州に住む息子から久々に便りが来た。

「今週は-24℃まで下がりました」・・・冷凍庫の中の世界だ。暖房を電気だけに頼っている生活では、停電だけが心配だ。

フォトサイトにアップされた写真は美しい雪景色

クロスカントリーを楽しんでいるのだとか・・・

厳しい寒さの中で、何とか楽しく過ごそうとしているようだ。

「そこでしかできない経験をたくさんしてらっしゃい。」と返信した。

パウダースノーの銀世界に思いを馳せていた矢先、

もう一つ、雪国からの寒い便りがあった。

姉からの電話・・・・「泣きそうよ」

北陸の重く湿った雪は時には家をもつぶす。容赦なくどんどん降り積もる雪に姉は怯えている。

「助けが必要なら、いつでも言って。すぐに行くからね。」と言ったものの、

雪国生活と縁が切れてから40年・・・果たして自分の力が助けになるのかどうか危ういものだ。

それでも、万が一の時の出動要請のため、長靴と

心の準備だけはしておこうと思う。

広告

いよいよコート

ジャケットの成功に気を良くして、コートに挑戦することにした。

だが、「作りたい」と思ってから、約2年も経っている。

一番最初のツイードを織り上げたのは2009年2月。

ネットで好きな型紙を見つけたが、買う決心はつかず、アドレスをお気に入り入れただけ。

昨年秋、思い切って型紙を買った。(表地の型紙1900円、裏地の型紙1200円)

それでも、まだ手をつけられなかった。

その気になったのは、先週ジャケットの写真をアップしてからだ。

早速裏地、接着芯を購入。作り方の説明を何度も確認し、いよいよ裁断。

長い助走期間を経て、ようやく飛び出した。

作業机

ジャケットを縫っている時つくづく感じた作業机の狭さ。

コーヒーを飲みながらパソコンを使ったり本を読んだりするには十分な広さだが、

ミシンを置くと狭くなるので、パソコンを別の場所に移して作業スペースを作る。

もちろんアイロンかけをするスペースは全くない。

何かいい方法がないものか・・・

と思っていたら、見つけた。

木製便利台(980円 30cm×60cm)

非常に軽い。踏み台・椅子・置き台などに、とある。

私の場合

上にアイロン台を置く。

アイロンがけは座っての作業になるが、床置きよりはずっと楽になりそう。

よし、コート作りに向かってGOだ。

第5回湘南国際マラソン

今日は湘南国際マラソンの日。 夫が参加していないので盛り上がっているわけではないが、湘南海岸沿いを約2万3500人が走るというビッグイベントはやはり見逃せない。

今日の天候は、薄日がさす程度。気温も低めで3~5度。だけどマラソンにはこのくらいでちょうどかもしれない。 

上位集団が走り抜ける。

約2万人が通り過ぎるのを見届けるだけでおよそ40分。

この2万人の中から知っている人を探すのはなかなか難しいのだが、見つけたよ。

夫の会社の人

我が家担当の若い銀行マン

そして有名人(?)の「猫ひろし」・・・初めて見た

1時間もいたら身体が冷え切ってしまったので

ガストのコーヒーで温まる。

「まだ見てる」という夫を残して、私は先に帰宅したのだが、

夫は最後まで見るつもりかしら・・・

やっぱり、「走る」が好きなのね。

腰痛でこのところ「走り」を止めている夫だが、ひょっとして「来年は走る」っていうかもしれない。

ジーンズ党

私はジーンズが大好き。

何たって丈夫。 

綿100%だから肌触りも良い。

活発で若々しい印象を与えるのもいい。

だから、一年を通じて、ほぼ毎日ジーンズだ。

そのため

好きなジーンズほど、こんな風に穴があいてしまう。

捨てようか・・・

いやいや、近頃は穴だらけのジーンズが売っているくらいだからまだはける、

なんて思うものだから、

洗濯後のジーンズ、またはいちゃった。

やった~! 完成

初挑戦のジャケットがようやくほぼ完成(襟周りのステッチとボタン付けがまだ)

正面から

横から

後ろから

初めてにしては、上出来・・・と思う。

早速着て一枚

思い返せば、長い道のりだった。

2009年11月 原毛購入2009年12月 染色

この後、紡いで

2010年 6月 織り始める

最終地点まであきらめずに到達できて、心底満足。

だが、課題はまだまだ。

長時間の着心地やクリーニング後の変化の有無が気になる。

まだまだ実験は続く。

言い訳

どんなに忙しくても、一日のルーティンの中にブログタイムは必ず入れていたのに、いつの間にか、抜け落ちるようになってきた。

理由はあれやこれやあるけれど、

現在の最大の理由は「ジャケット」のせい。

ジャケットを仕上げないことには・・・

残るは袖付けのみ。

今週中には仕上げよう。

夫の散歩

腰痛のためランニングを中止している夫

運動不足を補うため、週に4日ある休みの日うち3日は近くの湘南平へ散歩にでかけるようになった。 もう2カ月ほど続いている。

湘南平は標高181m。 夫の足だと往復2時間弱だが、山登りトレーニングにはちょうどいいコースだ。

週に3日・・・そんなに頻繁に行かなくてもと思う一方、丸一日家の中でじっとしていられるよりはずっと有難い、と、週休4日に未だぎくしゃくしている私は思ったりする。    

そんな夫の一人散歩に、昨日久しぶりに私も同行した。

朝9時出発。

北側の斜面から登り、尾根へ向かう。

いつものテレビ塔

今日の富士山はかなりいい望遠鏡からはスカイツリーがぼんやり見えた。 

展望レストランで休憩

従業員の女性は盛岡出身だった。

「岩手の冬は寒いよ」

「北陸も寒いのよ」

「やっぱりここは暖かくていいね。」

ほんの短い時間の会話だったが、知らない人が知ってる人になった気がして心が暖かくなった。

 

青空

洗濯物を干していたら

バタバタバタ・・・と、空から爆音が。

見上げると

ヘリコプターが3機

あわてて撮った写真

なんて青いんだろう。

クリスマス以来の悪天候を嘆く姉へ・・・・・この青空見においでよ!

3分の一・・・ジャケット

暮れに計画したジャケットの仕立て・・・

ついに、大晦日から開始した。

自分で織った布にはさみを入れるのには少しばかり勇気が入ったが、一旦切り始めると、スイスイ。  

元旦からは、印つけ、接着芯貼り。 駅伝をちらちら観ながら、ミシンかけ。 

ミシンかけはやはり難しい。まち針の抑えだけで縫えると思っていたが、やはり縫い目が印からずれてしまう。 ここは面倒でもしつけをかけて・・・と慎重に進める。

何しろ、ジャケットを縫うなんて初めてのこと。洋裁本で何度も確かめながらの作業なので進みはとてものろい。

だが、ようやくここまで出来た。

全工程の3分の一くらいかな?

この先、裏地の裁断・縫製、襟つけ、袖つけと難しい作業が待っている。

さて、深呼吸いっぱいして、気持ちを整えて、

とりかかるとするか。

2011 卯

今年もよろしくお願いいたします

     ★ ★ ★

喪中だから新年のお祝いはなし

なんて、おもっていたけれど

なんだか世の中に背を向けてふてくされてるみたいで

どうも気分がよくない

やはり新年はワクワク気分で過ごすのがいい

さっき買ってきたリンゴで、ウサギリンゴを作ってパチリ

うん、これで気分が変わったぞ。