寒便り

アメリカマサチューセッツ州に住む息子から久々に便りが来た。

「今週は-24℃まで下がりました」・・・冷凍庫の中の世界だ。暖房を電気だけに頼っている生活では、停電だけが心配だ。

フォトサイトにアップされた写真は美しい雪景色

クロスカントリーを楽しんでいるのだとか・・・

厳しい寒さの中で、何とか楽しく過ごそうとしているようだ。

「そこでしかできない経験をたくさんしてらっしゃい。」と返信した。

パウダースノーの銀世界に思いを馳せていた矢先、

もう一つ、雪国からの寒い便りがあった。

姉からの電話・・・・「泣きそうよ」

北陸の重く湿った雪は時には家をもつぶす。容赦なくどんどん降り積もる雪に姉は怯えている。

「助けが必要なら、いつでも言って。すぐに行くからね。」と言ったものの、

雪国生活と縁が切れてから40年・・・果たして自分の力が助けになるのかどうか危ういものだ。

それでも、万が一の時の出動要請のため、長靴と

心の準備だけはしておこうと思う。

いよいよコート

ジャケットの成功に気を良くして、コートに挑戦することにした。

だが、「作りたい」と思ってから、約2年も経っている。

一番最初のツイードを織り上げたのは2009年2月。

ネットで好きな型紙を見つけたが、買う決心はつかず、アドレスをお気に入り入れただけ。

昨年秋、思い切って型紙を買った。(表地の型紙1900円、裏地の型紙1200円)

それでも、まだ手をつけられなかった。

その気になったのは、先週ジャケットの写真をアップしてからだ。

早速裏地、接着芯を購入。作り方の説明を何度も確認し、いよいよ裁断。

長い助走期間を経て、ようやく飛び出した。

作業机

ジャケットを縫っている時つくづく感じた作業机の狭さ。

コーヒーを飲みながらパソコンを使ったり本を読んだりするには十分な広さだが、

ミシンを置くと狭くなるので、パソコンを別の場所に移して作業スペースを作る。

もちろんアイロンかけをするスペースは全くない。

何かいい方法がないものか・・・

と思っていたら、見つけた。

木製便利台(980円 30cm×60cm)

非常に軽い。踏み台・椅子・置き台などに、とある。

私の場合

上にアイロン台を置く。

アイロンがけは座っての作業になるが、床置きよりはずっと楽になりそう。

よし、コート作りに向かってGOだ。

第5回湘南国際マラソン

今日は湘南国際マラソンの日。 夫が参加していないので盛り上がっているわけではないが、湘南海岸沿いを約2万3500人が走るというビッグイベントはやはり見逃せない。

今日の天候は、薄日がさす程度。気温も低めで3~5度。だけどマラソンにはこのくらいでちょうどかもしれない。 

上位集団が走り抜ける。

約2万人が通り過ぎるのを見届けるだけでおよそ40分。

この2万人の中から知っている人を探すのはなかなか難しいのだが、見つけたよ。

夫の会社の人

我が家担当の若い銀行マン

そして有名人(?)の「猫ひろし」・・・初めて見た

1時間もいたら身体が冷え切ってしまったので

ガストのコーヒーで温まる。

「まだ見てる」という夫を残して、私は先に帰宅したのだが、

夫は最後まで見るつもりかしら・・・

やっぱり、「走る」が好きなのね。

腰痛でこのところ「走り」を止めている夫だが、ひょっとして「来年は走る」っていうかもしれない。

ジーンズ党

私はジーンズが大好き。

何たって丈夫。 

綿100%だから肌触りも良い。

活発で若々しい印象を与えるのもいい。

だから、一年を通じて、ほぼ毎日ジーンズだ。

そのため

好きなジーンズほど、こんな風に穴があいてしまう。

捨てようか・・・

いやいや、近頃は穴だらけのジーンズが売っているくらいだからまだはける、

なんて思うものだから、

洗濯後のジーンズ、またはいちゃった。