3分の一・・・ジャケット

暮れに計画したジャケットの仕立て・・・

ついに、大晦日から開始した。

自分で織った布にはさみを入れるのには少しばかり勇気が入ったが、一旦切り始めると、スイスイ。  

元旦からは、印つけ、接着芯貼り。 駅伝をちらちら観ながら、ミシンかけ。 

ミシンかけはやはり難しい。まち針の抑えだけで縫えると思っていたが、やはり縫い目が印からずれてしまう。 ここは面倒でもしつけをかけて・・・と慎重に進める。

何しろ、ジャケットを縫うなんて初めてのこと。洋裁本で何度も確かめながらの作業なので進みはとてものろい。

だが、ようやくここまで出来た。

全工程の3分の一くらいかな?

この先、裏地の裁断・縫製、襟つけ、袖つけと難しい作業が待っている。

さて、深呼吸いっぱいして、気持ちを整えて、

とりかかるとするか。

広告

3分の一・・・ジャケット」への2件のフィードバック

  1. おお!!
    形が見えてきたね!

    ここからが本番でしょう?
    裏地をつけるって相当難しいよね。

    コツコツはYukoさんの得意技だもの。
    すばらしい仕上がり、間違いない。

    • コツコツは得意だけど、縫い方の「コツ」がまだよくわからない。

      仕上がり?  自信ないけど、とにかく最後まで慎重にやるわ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中