桃ちゃんの花

1週間ほど前に買った桃の花が咲き始めた。

「愛らしい」という言葉がぴったりの桃の花

桃ちゃんの命日から1カ月以上も経っているいるけれど

この愛らしい桃の花が、毎日桃ちゃんのことを思い出させてくれている。

姉妹食

週末、市の中心街で開かれている、物産展に立ち寄った。

店の入り口付近から、♪イーハトーブの~~~♪ 初めて聞く花巻ソングが流れていた。

店内は盛況。

木工作品のお店は新顔かな?

ワインの種類も以前より増えたようだ。

私はいつものお気に入りを数点買った。

これらは、年に1度お目見えする、我が家の姉妹食。

H市での姉妹都市物産展は他にも岐阜高山のものがあり、いずれも人気があるのだが、とりわけ、こちらにはなくて、しかもおいしい食べ物が多くの人を引き付けている。(疑問:H市は、向こうで何を売っているのだろうか・・・??)

ところで、同じ日、同じ岩手から、注文していたスコーンが送られてきた。

いつもコメントをくれるutaさん特製のスコーン。私のとっておき姉妹食だ。

強い絆を感じながら、口に頬張る。 おいしいっ!

モデル

手織り教室の仲間のMちゃんはスタイル抜群。

色白で背が高く、細身。

彼女だったら、あのツイードコートは絶対似合うはず、と教室へ持って行って着てもらった。

 

モデルがいいと、作品の出来栄えも一段アップ。

山のお弁当

夫が一人で山へ出かける時のお弁当は、大抵コンビニで調達。

いつも、「朝早いから、作らなくてもいいよ。」の言葉に甘えてる。

昨夜も、「明日のお弁当は?」と聞くと、「コンビニで買う」の返事。

だけど・・・

明日の山行きは一人じゃない。誘われてグループ登山に初参加する日。

みんなどんなお弁当を持ってこられるのかしら・・・

みんなが手作り弁当で、夫だけがコンビニ弁当じゃ、ちょっと可哀そうかな。

まるで、幼稚園児の遠足のお弁当を心配しているお母さんみたい。

「いいわ、明日、ちゃんとおにぎり作ってあげる。」と約束。

今朝・・・・5時半起床。

炊きたてのご飯で、おにぎりを作った。

「ほら、昆布のおにぎり。懐かしい味がするわよ。」

夫はもちろん

「ありがとう」を言ってくれた。

今朝の空は少し曇っている。

日中、もっと晴れてくれるといいな。

新亭主関白度

日曜日朝、ラジオ娯楽番組のトークが耳に残った。 

電話で出演していたのは「亭主関白協会」の会長。 「妻の癖から、妻の機嫌度を探る」テーマについて面白おかしく話していた。

亭主関白協会って、一体どんな協会なの? ちょっと興味が湧いてきてネットで検索した。 

「全亭協」のホームページの説明

関白とは、天皇に次ぐ2番目の位。
家庭内ではカミさんが天皇であるから、「関白」とは奥様を補佐する役目。
また、「亭主」とは、お茶を振る舞う人、もてなす人という意味。
つまり、真の『亭主関白』とは、妻をチヤホヤともてなし補佐する役目である。

なるほど・・・かつての「亭主関白」の意味のま逆をいってる。

なかなか面白いホームページで、段位も判定することができる。

試しにチェックしてみた。

1. 妻は私を愛している。と思う。・・・ と、私は思う

2. 仕事に行く時、玄関迄見送りにくる・・・結婚以来、見送りなどしたことがない。

3. ケンカになった場合ほとんど負ける・・・いまのところ6勝4敗で私が勝ってる

4. 化粧の長さについ、イライラする。・・・待たせるほど長くないも~ん。

5. 妻はブランド、私はユニクロだ。・・・うちは二人ともユニクロだ。

6. 皿ではなくイスが飛んできたことがある。・・・バケツを投げたことがある。

7. とんでもない弱みを握られている。・・・果たしてあるのだろうか・・???

8. ベランダのアロエが木のように太い・・・我が家の鉢植えは1年以上は絶対生き延びられない

9. 通販の商品が毎日送られてくる・・・月に1度程度よ。

10. エビフライを頭からかぶったことがある・・・さすがに、それはない!

質問はまだまだあるのだが、ざっと見たところ、悪妻にどれだけ耐えているか、がポイント。 つまり、段位が高くなるためには悪妻を持つことが絶対条件のようなのだ。

他に段位認定基準というのもあって、

二段・・・家事手伝いが上手な人

四段・・・レディーファーストを実践している人

六段・・・愛妻の話を真剣に聞くことができる人

ああ、夫はどれもだめだ!

だが、

八段・・・「ありがとう」をためらわずに言える人

九段・・・ 「ごめんなさい」を恐れずに言える人

十段・・・「愛している」を照れずに言える人

何と、夫は十段ではないか・・・

全国亭主関白協会→http://www.zenteikyou.com/index.html