SNS

SNSとは

Social Networking Serviceのこと。人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイトのことだそうだ。いくつかサイトがあるらしいが、facebookもその一つ。 

名前は以前から知っていた。迷惑メールに時々紛れこんでいる「○○さんがお友達になりたいと言っています。承認しますか?」というメール。差出人はfacebook。 ○○さんは知らない人なのに、なぜ私に? といつも不思議に思っていた。もちろん、いつも承認は拒否。

先日、そのfacebook を最初に立ち上げた人物を主人公にした映画「ソーシャルネットワーク」を夫と一緒に見た。

映画はおもしろかった。 だが、我々二人ともfacebook を使ったことがないので、なぜスタートからわずか数年で全世界登録者数が5億人にまで大きくなったのか?がよく理解できない・・・と言うのが二人の感想だった。

こういう場合のいつもの私の癖・・・早速facebookに登録した。

スタート3日目。現在友達数4名。機能の隅々まで使いこなすにはまだまだ時間がかかりそうだが、ユーザーは圧倒的に若者が多いことがわかった。 そうか、若者はこんな風に友達と繋がっているのか・・・友達のネットワークがどんどん世界に広がっていく・・・ 確かにワクワクするものがある。 

ところで、夫はまだ登録していない。

Web上のネットワークも悪くはないが、彼に今必要なネットワークは、実社会、とりわけ地域社会との繋がり。

現役時代、会社内のネットワークは密であったかもしれないが、退職後、地域社会の繋がりが薄く、孤立している退職後男性がいかに多いことか。

夫が社会から孤立せず、生き生きした第2の人生を送るために、是非地域社会との繋がりを積極的に持ってもらいたいと、私は思っている。

幸い、先日、夫に繋がりの手が差し向けられた。

英語教室仲間から、その人が所属している登山グループの山行きに誘われたのだ。行き先は毎回丹沢と決まっているらしい。丹沢なら、夫の庭。目をつむっていても歩ける(ちょっと大げさかな)。しかもリーダーは環境に関心がある人らしい。このことも夫には合っている気がする。 うまくデビューできるといいな。 

人は繋がり合って生きている・・・・年のせいか、それとも時代のせいか、近頃特にこのことを強く思う。

SNS」への2件のフィードバック

  1. つながりは私達が生きていく上でなくてはならないものだね。

    一本の線だけではなくて、蜘蛛の巣みたいに縦と横の線がバランス良く張り巡らされている、そんな感じが理想かな。

    これくらい歳をとったからこそ、それも可能な気がするよ。

  2. そうそう、バランスの良いネットワークね。

    ネットに絡まって身動き取れない、なんてことにならない様にするのも大事かな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中