手紡ぎ・手織りツイードコート・・・完成!

コツコツとすすめてきたコート作り。

最終工程はボタン付けとボタンホールだ。

ボタンホールはやっかい。

私のミシンにはボタンホール機能がついているのだが、あいにく今回のコートは厚地で入らない。 仕方がないので、手で縫おうと思っていた。

取りあえずボタンを買おうと、昔から洋服のオーダーの他ボタンや裏地・芯地などの洋裁材料を扱っているお店へ行った。 コートの接着芯はこのお店で買っていたので、今回が2度目。 縫いあがったコートを見せて、合うボタンを選んでもらった。

店のおじさん、私のコートを広げて、まじまじと見る。

「丁寧に縫ってあるなあ。素人にしちゃ上出来だよ。」と言ってくれた。

やった~、プロに誉められた!

「ところで、ボタンホールはどうすんの?」

「手で縫おうと思ってる。」

「うちで、700円でやってあげるよ。」

「えっ?ほんと?」 

お店に二晩預けて取りに行った時、また誉められた。

「本当に丁寧な仕事してるよ」だって。

プロのボタンホールはやはりきれい。

頼んで良かった。

今日はボタンを付けて、さきほど完成。

どう?

袖は短めの若い人向きデザインだけど、 

私でもOKかな?

手紡ぎ・手織り・縮絨・縫製までの道のりを振り返りつつ、只今、スペシャル充足感を味わい中。 

手紡ぎ・手織りツイードコート・・・完成!」への2件のフィードバック

  1. ついに完成したね!
    私が思ったとおり早技だった。

    そしてあの本にあったとおりの完成度はすごい!
    大体プライドのあるプロに褒められるなんて滅多にないよ。
    一生ものどころか、受け継いでいけるとおもうの、そのデザインなら。

    ピンクが効いているよ!
    充分OKだよ、おめでとう!

    • やった~! プロ並みの洋裁技術を持つお母さんの娘・utaさんに誉められて、うれしいよ~。

      こんなに早く出来るとは思わなかった。
      「私って洋裁の才能あるかも・・・」って夫に言ったら、「そのことだけを一筋にやってきていれば今頃はちゃんとお金をもらえるプロになってるのに・・・」
      そうなの、私ってすべてにおいてそうなのよ・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中