雪対カラカラ

実家と同じ地域に住む従兄から、写真が送られてきた。

北陸の雪景色

・・・・まあ、きれい!

なんて言ってる場合じゃないよね、住む人にとっては。

魚沼ほどではないけれど、すでに屋根の雪は人の背丈ほどにもなっているそうだ。

高い大屋根にのぼって、その雪の壁を少しずつ切り取って下す作業は、危険かつ重労働だ。 

聞くところによると、建設・土木業者への雪下ろし依頼も殺到しており、順番待ちだとか。

いやはや、本当にご苦労様なことだ。

今日で雪は峠を越すと言っていたので、みんなホッとしているだろう。

援軍要請も多分ないだろう。

ならば、午後からの私の予定は、

1カ月以上続くカラカラ天気で埃だらけになってしまったマイカーの洗車だ。

冬は決まって、雪対カラカラの図が私の頭の中にこびりついて離れない。