支援物資

地震直後から、完全に姿を消した単一乾電池。

実家の町でも、計画停電エリアに住む親戚に乾電池を送る人が多くて品切れ状態だとか。

海外旅行代理店サイトを見ていたら、こんな呼びかけまで。

「海外から帰国する際、乾電池・水を買ってきてください。被災地へ送ります。」

単一乾電池が出回るのは一体いつになることやら・・・

と思っていたら、

突然、送られてきた。

な、何と、スウェーデンから!

我々にも支援物資が。

「いてもたってもいられなくて・・・」と娘。

これらのずっしり重い乾電池には、我々を、いや被災地を、そして日本を心配する気持ちが込められている。

大切に使おう。

それにしても

IKEAの乾電池・・・約2kg・・・送料は一体いくらかかったんだろう?

広告

萎縮しないように

地震直後の合唱祭が中止になり、

ボランティアで活動していた漢字教室は、市施設の夜間使用禁止により、4月中も休み。

平塚市合唱連盟が9月に予定していた特別事業の”東京混声とうたおう”・・・練習は4月からのはずだったが、練習時間をほとんど夜間に設定していたため、市施設の使用禁止で、やむなく中止。

様々な所に影響が出ている。 中でも文化活動が真っ先に削られていく。

仕方がないとは言え、気持ちがどんどん委縮していく。

だが、これではいけない。 元気出さなきゃ。

毎回停電の有無を確かめながら、せっせと泳ぎに行く。

そして、せっせと紡ぎ、せっせと織る。

フォトフレーム

このフォトフレーム

昨年12月、ADSLから光に変えた際、無料でゲット。 先週やっと送られてきた。デジタル写真の表示だけでなく

音楽を聞いたり、無線 LANの環境があれば、好きな場所でインターネットが見られる。

画面に現れるキーボードで入力もOK。

画面に直接指で触れるだけ。 とっても簡単!

と、思いきや

指が太すぎるのか

なかなか、思い通りにタッチできない。

タッチのコツをつかむまで、少々時間がかかりそう。

ついに停電

月曜日から始まった計画停電は今日で6日目。 

計画停電など初めてのこと。 初日は、電池を買いに走る人、食品を買いだめする人などで、混乱した。 電車も運休し、この先一体どうなるのか、会社は? 学校は?と、心配になった人も多かったに違いない。 幸い2日目からは電車も動くようになり、あちこちで停電はあるものの、今は全体に落ち着いてきたように感じる。

さて、我が家は第5グループ。 

初日からの実施を覚悟していたのだが、水曜日までの3日間、H市の第5グループエリアでは実施されなかった。

停電になるか、ならないか・・・・事前にはわからない。

予定時間をかなり過ぎてから、市の広報スピーカーで「回避されました」と知らせているが、聞き取りにくい。風向きによっては何を言っているのか全くわからない。しかも、日本語は動詞が最後だから、やるのかやらないのかは最後まで聞かなければわからない。 緊急広報のやり方を変えてほしい。

輪番制なので、毎日、停電実施時間が変わることになっている。私は、インターネットや、ケーブルテレビの地元局番組で確認しているが、これらがない家庭では、一体どうやって確認しているのだろう・・・?。

3日間空振りだったので、少し油断していた。

4日目の午後、テレビを見ていたら突然消えた。ついに! でも暖かい日で良かった。2階に移り、機織りを始めた。 情報は欲しいので、ポケットサイズのラジオを聞きながら織った。

4時を過ぎるとさすがに寒くなってくる。 布団を敷いて遅めの昼寝をした。停電は5時すぎに終了。

金曜日・・・朝から気温が低い。停電が実施されるかもしれない・・・。予定は夕方6時20分から。

ろうそく、懐中電灯、ラジオ、旧式ストーブを準備した。

早めに夕食の支度をし、6時過ぎ、食べ始めた。

「まだ来ないね。 回避されたのかなあ・・・」

と、思っていたら、来た!

ごはんが・・・おかずが・・・見えにくい。

向かい側に座っている夫の姿もぼんやりとしか見えない。

このストーブ、捨てなくて本当に良かった。

夕食後はすることがない。 寝るしかない。

停電前に敷いておいた布団に入ってラジオを聞いていた。 

いやはや、計画停電はまだ始まったばかり。

この先一体いつまで続くんだろう。

暑い夏の日の停電まで想像してしまう。