フェルトマット

羊毛の繊維をからめて圧縮したものがフェルト。 このフェルト作りが最近流行っている。人気の理由の一つは、羊の原毛を糸にして編んだり織ったりしなくても、お湯と洗剤だけで簡単に形ある作品にできるからだろう。

「大きなフェルトマットを作ろう」と、卒業している手織り仲間からお誘いがかかり、昨日Nさんのお宅に集まった。 

使う羊毛はロール状態のコリデール

まず、テーブルの上に布団の圧縮袋を広げる。

その上に羊毛を広げて、厚さ、大きさを整える。

これを海苔巻状にくるくる巻いて圧縮袋に入れ、中で広げる。

少し熱めのお湯に洗剤を入れ、袋に流し入れる。

ジッパー部分をしっかり止め、ジッパーの反対側に小さな穴を開け、そこから掃除機で空気を吸いとる。 お湯が出そうになる直前で止め、ガムテープで穴をふさぐ。

4人で4隅を持ち、2人ずつ交代で袋を振る。 4角の1辺を20回ずつ、4辺を順番に振る。これを4セット繰り返す。

洗剤入りお湯が羊毛にしみ込み、振られることによって少しずつ縮んでいく。

しっかりフェルト状になったら、ぬるま湯で洗剤分を洗い流し、脱水、乾燥。

ハイ、あったかマットの出来上がり(80cm×110cm)

広告

フェルトマット」への2件のフィードバック

  1. 数年前私もフェルトの小さな作品をもらったよ。
    写真を記事にもアップしたけど、憶えている?
    とてもカラフルで窓に貼りつけているよ。

    一日で完成ってことかな。
    それは汚れた時手洗いしたらそれ以上縮むことはないの?

  2. あ、あのカラフルな渦巻き模様でしょ? 私、utaさんからプレゼントしてもらったよ。

    マット5枚で3時間。
    作り方は簡単なんだけど、4隅を持って振るのが一人ではちょっと無理。

    汚れたらお風呂にぬるま湯入れてざぶざぶ洗えばいい。
    すでにかなりきつく縮んでるから大丈夫だと思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中